HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

Pininfarinaによる高級電気自動車:HK GT

イタリアの名門カロッツェリアとして、これまでに数多くの名車を生み出してきた”Pininfarina”。2018年ジュネーブ・モーターショーにて発表された新たなマシンがこの”HK GT”です。電動スーパーカーとして発表された”HK GT”について紹介していきます。

Pininfarina HK GT

最高級電気自動車:Pininfarina HK GTとは

"Pininfarina HK GT"は、イタリアのカロッツェリアである”Pininfarina(ピニンファリーナ)”と香港の正道集団(ハイブリッド・キネティック・グループ)が共同開発し、誕生した4シーターのスーパーカーです。2018年のジュネーブ・モーターショーで発表された"Pininfarina HK GT"は、Pininfarinaと正道集団との間で作られた4つ目のコンセプトカーとなっており、ガソリンエンジンではなく、電気モーターとバッテリーを組み込んだ完全電気自動車なっています。排出ガスを一切生み出さないというサステナビリティを持ちながらも、そのパフォーマンスは大排気量のガソリンエンジンを搭載したパワフルなスーパーカーと遜色ないレベルとなっています。"Pininfarina HK GT"は、現在コンセプトカーという位置づけですが、今後実際にアジア市場にて販売される予定となっています。

爆発的な瞬発力と驚異的なトップスピード

”HK GT”のパフォーマンスは極めて高く、現在販売されているガソリンエンジンを搭載したスーパーカーにも引けを取らない圧倒的なものとなっています。パワートレインの総出力は1088psで、2速トランスミッションとの組み合わせで最高速度は350km/hに達し、0-100km/hを2.7秒で加速するとアナウンスされています。4輪に取り付けられた永久磁石モーターによる全輪駆動のトルクベクタリング・システムが、走行状況に応じて4輪にそれぞれ適切な駆動力を配分します。電気のみでの航続距離は160kmと少なめですが、様々な燃料で稼働する低エミッションの「マイクロタービン」、ゼロエミッションの燃料電池システム、高効率の内燃機関(ガソリンエンジン)という3種類のレンジエクステンダーを組み合わせることで1000km/h程度まで引き延ばせる予定となっています。

近未来的なエクステリア

”HK GT”のエクステリアは極めて近未来的で、将来の電動スーパーカーの見本となるようなデザインとなっています。全長は4980mm、全幅2000mm、全高1365mm、ホイールベースは2975mmとワイドアンドローなボディを持ち、ガルウィングドア、そしてしなやかなラインはスーパーカーの条件を完璧に満たしています。シルバーに塗られたボディは、官能的でパワーと優雅さを同時に感じさせます。フロントグリルはヘッドライトとつながっており、まるで光の帯のように見えるデザインとなっています。”HK GT”は4シーターであり、ガルウィングドアはリアシートのパッセンジャーも乗り降りできるように完全に開く設計となっています。

PininfarinaによるスーパーEVカー:Pininfarina HK GT

イタリアのカロッツェリアである”Pininfarina(ピニンファリーナ)”と香港の正道集団(ハイブリッド・キネティック・グループ)が共同開発したマシン、”Pininfarina HK GT”について紹介してきました。”HK GT”はまさに近未来のスーパーカーといえるモデルで、電気の特性を活かした圧倒的な加速や350km/hにも到達するというトップスピードなど走りも一流レベルです。地球環境への配慮からガソリンエンジンのみを搭載した自動車が減っているなかで、このHK GT”は電動スーパーカーの未来を予想させます。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イタリアの名門カロッツェリアとして、これまでに数多くの名車を生み出してきた”Pininfarina”。2018年ジュネーブ・モーターショーにて発表された新たなマシンがこの”HK GT”です。電動スーパーカーとして発表された”HK GT”について紹介していきます。