HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

Enzoベース、究極のサーキット専用車:Ferrari FXX

フェラーリ創業者の名を関したマシン”Enzo Ferrari"。このマシンをサーキット専用車へと作り変え、究極までパフォーマンスを高めた一台が”Ferrari FXX”です。磨き上げられたパフォーマンスとスパルタンなスタイルが魅力のFerrari FXXについて紹介していきます。

Ferrari FXX

Ferrari FXXとは?

AJ | AutoGraphyさん(@ajautography)がシェアした投稿 -

”Ferrari FXX”は、イタリアの名門自動車メーカー”Ferrari(フェラーリ)”が2005年から2007年の間にかけて製造販売した限定モデルのレースカーです。”Ferrari FXX”は、Ferrari創業者の名を関した”Enzo Ferrari”をベースに開発された公道走行をすることができないサーキット専用車となっており、限定38台のみが製造されました。サーキット専用車ではありますが、型式認定を行っていないため、実際のレースには参戦することができないというモデルとなっています。しかしながら、そのパフォーマンスは圧倒的で、フェラーリのノウハウを昇華させ、未来のスーパースポーツが持つべきスペックを示す役割を課せられたモデルとしてその名を知られています。また、フォーミュラー1への参戦で培ったテクノロジーもフィードバックされており、まさに究極のマシンとなっています。

極限まで研ぎ澄まされたパフォーマンス

"Ferrari FXX"のエンジンは、6262 cc V型12気筒エンジンで、8500 rpmで800 hpを超えるパワーを発揮します。最大トルクは686Nm/5750rpmで、ギアボックスはF1テクノロジーをそのまま移植したもので、シフトに要する時間は100 ms以下と、F1のシフトスピードにほぼ匹敵します。加えてパワートレインのみならず、エアロダイナミクスもより最適化されており、ベースとなった”Enzo Ferrari”を40%も上回るダウンフォースを生み出す空力設計となっています。また、リアに搭載されている可変スポイラーはサーキットの特性に合わせて調整可能な仕組みとなっています。カーボン製のボディによって車両重量は1155kgと極めて軽量で、トップスピードは345km/hにも到達します。

スパルタンでパフォーマンス重視のスタイル

"Ferrari FXX"のスタイルは、ベースとなった”Enzo Ferrari”よりもスパルタンで攻撃的に仕上がっています。マシンの全体像は”Enzo”そのものと言えますが、リアにはスポイラーとウィングが融合したような可変式スポイラーが搭載されており、フロントランプは取り外され、円形のものへと変更されています。”Enzo Ferrari”自体が極めて完成されているマシンといえますが、この"Ferrari FXX"はそれをよりサーキット志向に昇華させ、パフォーマンス重視の一台へと進化させています。

Ferrari渾身のサーキットゴーイングマシン:Ferrari FXX

イタリアの名門自動車メーカー”Ferrari”が開発したサーキット専用車”Ferrari FXX”について紹介してきました。”Ferrari FXX”は日本人デザイナー”奥山清行”氏が設計したフェラーリ創業者の名を冠する”Enzo Ferrari”をベースにサーキットでのパフォーマンスに極限まで挑戦した一台です。マシンのエッセンスとDNAは後の”Ferrari FXX K”にも受け継がれており、まさにFerrariのテクノロジーと威厳をかけた究極の一台と言えます。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

フェラーリ創業者の名を関したマシン”Enzo Ferrari"。このマシンをサーキット専用車へと作り変え、究極までパフォーマンスを高めた一台が”Ferrari FXX”です。磨き上げられたパフォーマンスとスパルタンなスタイルが魅力のFerrari FXXについて紹介していきます。