HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

DSQUARED2 (ディースクエアード) で誰もが虜になるデニムスタイルを作る

DSQUARED2(ディースクエアード)と言えばラグジュアリーブランドの中でもデニムを使ったスタイルを最も得意としている。イタリアらしく素材にこだわり、ディテールにも強いこだわりを見せている。色彩感覚も非常に豊かですべての見るものを楽しませてくれる。ぜひ今季のDSQUARED2(ディースクエアード)をチェックしていただきたい。

DSQUARED2(ディースクエアード)について

「ディーン・ケイティン&ダン・ケイティン」彼ら双子によるコレクション

DSQUARED2(ディースクエアード)はイタリア生まれのラグジュアリーファッションブランドであり世界的人気も高いブランドだ。デザイナーである「ディーン・ケイティン&ダン・ケイティン」はカナダ出身の双子であり、ファッションを通じて良い意味で世界を賑わす存在なのだ。

イタリアをはじめ世界中で凄まじい人気を誇る

イタリア国内にはグッチやプラダといった圧倒的人気のブランドがあるが、それらブランドに負けないほどディースクエアードの人気も高い。イタリアブランドらしく素材や独特なカラーバランスにもしっかりとこだわりを見せ、魅力の詰まったコレクションとなっている。

これがDSQUARED2(ディースクエアード)自慢のデニムコレクションだ

ポップだけどカッコ良い、品格も漂う一級品揃い

さて本題であるDSQUARED2(ディースクエアード)のデニムコレクションを見てみよう。まず感じる点はラグジュアリーブランドでありながらポップな印象を巧みに感じさせる点である。これは意外と難しい点であり、バランスも大事となる。また、ディースクエアードほど”デニム”を推しているラグジュアリーブランドは少ないのではないだろうか。

今季のデニムジャケットは一風変わったアクセントを

デニムパンツと合わせて是非スタイリングして頂きたいのがデニムジャケットである。今季のデニムジャケットは異素材との組み合わせとなっているハイブリッドデザインが特徴的なジャケットだ。ディースクエアード自慢のデニムパンツと合わせる事で存在感たっぷりのスタイリングを可能にする。

細部にまでこだわりのディテールが詰め込まれたデニムたち

シンプルなデニムパンツに飽きた際は少し派手でよりポップな印象のデニムパンツにチャレンジしてみてはいかがだろうか。刺繍やプリントといった細部にまでこだわりとブランドらしさが詰め込まれたデザインであり、カッコよくも可愛いデザインとなっている。ディースクエアードのデニムはシルエットも素晴らしく、一度履いてみる事をお勧めしたい。

メンズ・レディス・キッズと豊富な展開力をもつ

メンズ・レディス・キッズと豊富な展開力を持つ点もディースクエアードの大きな魅力となっている。セレブを中心に賑わいを見せている当ブランドだが、彼らセレブ達は子供達にもハイブランドのファッションに身を包ませる傾向がある。よって、ファミリーでディースクエアードという世界観を楽しめるのだ。ブランドとしてもファンとしてメリットが非常に多いのだ。

世界中のセレブやスポーツアスリート達も愛するブランド

世界各国の多くのセレブ達に愛されているDSQUARED2(ディースクエアード)だが、中でもスポーツアスリート達を中心に人気が高い。よく雑誌のセレブスナップ写真でアスリート達のコーディネートを見る機会が多いが、ディースクエアードの登場回数が非常に多い。これも各業界の方達と多くの繋がりを持っている双子デザイナー二人の影響力も関係しているはずである。

まとめ

DSQUARED2(ディースクエアード)を着る楽しさと喜びをあなたにも

DSQUARED2(ディースクエアード)のアパレルを着る上で最も忘れてはならない点がある。それは「ファッションを心から楽しむ」ということだ。デザイナー二人を見ても彼らはいつも”笑顔”である。ディースクエアードのファッションはすべての方を笑顔に包んでくれる最高のブランドである。

INTRODUCTION of THE WRITER

Yuya888
name. Yuya888
アパレル雑貨企画・ウェブライターを中心に活動しております。コレクションカメラマンを務めていた事からハイファッションを中心に、香水やコスメの分野にも幅広く興味を持っています。

RELATED

DSQUARED2(ディースクエアード)と言えばラグジュアリーブランドの中でもデニムを使ったスタイルを最も得意としている。イタリアらしく素材にこだわり、ディテールにも強いこだわりを見せている。色彩感覚も非常に豊かですべての見るものを楽しませてくれる。ぜひ今季のDSQUARED2(ディースクエアード)をチェックしていただきたい。