HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

Aston Martinの希少かつ究極のサルーン:Aston Martin Lagonda Taraf

Aston Martinが販売したラグジュアリーサルーンである”Aston Martin Lagonda Taraf”は、”Lagonda”の名を冠する究極の一台です。もともとは中東にターゲットを絞った一台でしたが、右ハンドル仕様も販売されましt。そんな希少な”Aston Martin Lagonda Taraf”について紹介していきます。

Aston Martin Lagonda Taraf

Aston Martin Lagonda Tarafとは?

”Aston Martin Lagonda Taraf(アストン・マーチン・ラゴンダ・タラフ)”は、イギリスの名門自動車メーカーである”Aston Martin”が2014年に発表した究極のラグジュアリーサルーンです。同メーカーが販売している4ドアサルーンの”Aston Martin Rapide(アストン・マーチン・ラピード)”よりも上位に位置するモデルで、中東市場向けのモデルとして発表されました。その後、右ハンドル仕様も登場し、世界の一部の国で販売されました。価格は100万ドル超えで、Mercedes-Benzのと最上位サルーン”Maybach(マイバッハ)”やRolls-Royceの”Phantom(ファントム)”を越えるゴージャスな一台といえます。

究極のラグジュアリーを体現するスタイル

The Drive Boxさん(@thedrivebox)がシェアした投稿 -

”Aston Martin Lagonda Taraf(アストン・マーチン・ラゴンダ・タラフ)”は、究極に洗練され、エレガンス極まるエクステリアとなっています。全体としては、他のAston Martinのモデルとは異なるデザインが施されており、”Aston Martin Lagonda”の名を関するにふさわしいものとなっています。”Aston Martin Lagonda Taraf”の全長は約5.4m、全幅は約1.9m、全高は1.4mで”Mercedes-Benz Maybach”や”Rolls-Royce Phantom”にも引けを取らない存在感を持っています。フロントが若干長く、ルーフからリアへと極めてなめらかなラインを描いており、フロントの特徴的なグリルはそのエレガンスとラグジュアリーを際立たせています。リアデザインは、Aston Martinとわかるデザインとなっており、どこから見ても彫刻のように美しいスタイルを確立しています。

上質でラグジュアリーサルーンにふさわしい走り

”Aston Martin Lagonda Taraf”には、5.9リッター自然吸気のV型12気筒エンジンが搭載されており、6速オートマチック・トランスミッションを介して4輪へとパワーを伝えます。最高出力は540hpで最大トルクは465 lb-ft 、トップスピードは314km/hにも到達します。このエンジンはAston Martinのラグジュアリーサルーンである”Rapide(ラピード)”と同様のもので、十分なパワーとトルクを兼ね備えてており、1億円のサルーンにふさわしい究極まで研ぎ澄まされた圧倒的な乗り心地を実現しています。

希少かつ究極のラグジュアリーサルーン:Aston Martin Lagonda Taraf

イギリスの名門自動車メーカー”Aston Martin”が2015年から2017年まで販売して究極のラグジュアリーサルーン”Aston Martin Lagonda Taraf”について紹介してきました。”Aston Martin Lagonda Taraf”は由緒ある名門自動車メーカーが生み出した究極の一台で、他のモデルとは異なるエクスクルーシブなスタイルと伝統と革新が生み出したテクノロジーが生み出すパフォーマンスを備えています。製造台数もわずか120台とその希少性の高さもこのモデルの魅力をより高めています。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

Aston Martinが販売したラグジュアリーサルーンである”Aston Martin Lagonda Taraf”は、”Lagonda”の名を冠する究極の一台です。もともとは中東にターゲットを絞った一台でしたが、右ハンドル仕様も販売されましt。そんな希少な”Aston Martin Lagonda Taraf”について紹介していきます。