HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

3秒で完売させるカリスマブランド! シュプリーム(supreme)の勢いが止まらない!

シュプリームオンラインストアにて2017年9月23日に2017年秋冬プロダクツ、WEEK5が解禁となりました。プレイボーイとのコラボレーションitemであるスタジャンやショットとのコラボレーションitemのライダースジャケット。コラボレーションといえばもはや定番であるヴァンズのスニーカー。そして問題作を発表し続ける異端の前衛芸術家アンドレス・セラーノとのコラボも発売前から話題でした。そんな中、オンランストアで僅か3秒で完売したitemが存在するシュプリーム。オンラインストアは3分足らずでメインitemはほぼ完売。世界で最も売れるブランド、シュプリームとは?徹底解析です!

シュプリーム(supreme)のウエアは3秒で完売!?

世界最速で完売するブランドシュプリーム

僅か3秒で服を完売させるブランドが今の時代に存在します。服が売れにくいといわれる現在。ファストファッションブランドの勢いやクオリティーが向上しトレンド感のあるアイテムが格安で手に入る。そしてセールの前倒しや回数も10年前とは比較にならない。ブランド側もセールを見越して商品をリリースしているようにさえ感じます。

そんな中、数秒でプロパー価格のシーズンitemを完売させるブランドがシュプリーム(supreme)です。今最もホットなストリートブランドであり、今最も入手困難なスケーターブランドです。

3秒で完売させたitemとはシュプリームのオンラインサイトでドロップされたプレイボーイとのコラボレーションitemのウールスタジャンです。

2017-18年秋冬WEEK5itemが9月23日にオンラインストアで解禁になり1日も持たずに殆どのitemが完売。

前回発表されたWEEK4よりもさらに完売スピードが加速するシュプリーム。

メインとされるコラボレーションitemであるプレイボーイやショット、異端の天才アーティスト、アンドレス・セラーノとのギアは3分と持たなかったようです。

つまり、これからメインの秋冬のプロダクツを3分以内で売り切る無敵ブランド、それがシュプリームです。

話題のコラボレーションitem以外にもネルシャツやTシャツ、スウェットは勿論3分以内に完売。そしてシュプリームコラボレーションでは欠かせないヴァンズのオールドスクールも約30秒で売り切ってます。

秒単位で売り切るモンスターブランドのシュプリーム。セレブレティーやファッショニスタが最もと愛用するスケーターブランドであり、今ではラグジュアリーブランド以上の希少性と価値のあるストリートブランドです。

この異常とも言うべきシュプリームムーブメントは日本だけに限られたことではありません。本国アメリカでもオンラインストアでは10秒程で完売したitemが続出。

ちなみに日本で最も早く完売したプレイボーイとのコラボレーションスタジャンの価格は50,760円。ほぼ20秒以内で売り切ったネルシャツの価格が22,680円、ヴァンズとのコラボレーションスニーカーは14,040円です。

しかしこの定価の10倍以上で販売されることは明らかです。それでも手に入らないシュプリームの凄さに今回は迫ります。

身に着けることがステータスであり、セレブの証でもあるシュプリーム。ラグジュアリーストリートstyleを象徴するブランドであるシュプリーム。

1994年のデビュー以来飛ぶ鳥落とす勢いのシュプリームを徹底解析いたします。

シュプリーム(supreme)とは?

”最高”の意味を持つストリートブランド

シュプリームは1994年に創立されたスケーターブランドです。創立者はジェームス・ジェビア。ニューヨークにUnionというショップを1989年にオープンさせたジェームス・ジェビア。ストリートギアを扱うセレクトショップにショーン・ステューシーが訪れるようになり、親交を深めます。

ジェームス・ジェビアはショーン・ステューシーと共にステューシーのローンチに関わります。共同経営者ではなくスタッフとして参加したようです。ステューシーのニューヨーク1号店はジェームスが内装を手がけたことでも有名です。

ステューシーの成功に歓喜したのと同時に自分のやりたいことが明確に見えてきたジェームス・ジェビアは自身の理想とするスケーターブランドを立ち上げることを決意します。

それがシュプリームです。”最高、至高”の意味を持つスケーターブランドのシュプリームはスケーターの為のパーソナルなギアをそろえるショップとして誕生します。

つまりシュプリームは限られた人たちに向けてリリースされたブランドでした。

ウエアやシューズは勿論、スケートボードも扱うプロスペックのスケーターブランドをニューヨークのマンハッタンにオープンさせます。

シュプリームはスケーターショップのイメージを一新させたブランドとしても知られています。当時のニューヨークのスケーターショップは”広々としたスペースを設けたショップ”というよりは閉鎖的な暗いイメージのショップが多く点在していました。

シュプリームは明るく開放感のあるラグジュアリーなスケーターショップを立ち上げました。まるでラグジュアリーメゾンのような高級感のある高い天井と白い壁はスケーターブランドのイメージをも変えていきました。

この時点でシュプリームが他のスケーターブランドとは一線を画していることが伺えます。

ラグジュアリースケーターブランドとして頂点に君臨するシュプリームですが、オープン当初はセレクトショップ。シュプリームのオリジナルギアの方が少なかったようです。

最初期のコラボレーションブランドであるヴァンズもシュプリームオープン当初からセレクトしていました。

今では販売されれば確実に完売、そして定価の数十倍で転売されるボックスロゴのTシャツ以外は殆どオリジナルitemは存在しなかったシュプリームですが、セレクトitem以上に人気を博したのがオリジナルTシャツでした。

オリジナルTシャツの人気が高まりスウェットやネルシャツといったアパレルが徐々に増えていき現在のstyleになりました。

自分が着たいモノ以外は作らないと創立当社から変わらないマイノリティーなジェームス・ジェビアのマインドはシュプリームからドロップさせるプロダクツを見れば納得です。

様々なブランドとコラボレーションを行う柔軟な姿勢を見せる反面、創立当初のマインドは全くブレないシュプリーム。

頑ななまでの拘りが、シュプリームをセレブ御用達のトップスケーターブランドへと押し上げた要因であることは間違いありません。

シュプリーム(supreme)といえばコラボレーション

シュプリームのコラボレーションはいつから?

毎シーズン様々なブランドとのコラボレーションが話題となるシュプリーム。2017-18年秋冬は最速で完売したプレイボーイコラボレーションを始め、バイカーズジャケットの老舗アメリカブランドのショットや問題作をアートとして昇華させた異端の鬼才アーティスト、アンドレス・セラーノそしてドメスティックブランドからはヒステリックグラマーとのコラボレーションも見逃せません。

今まで120以上のブランドやアーティストとコラボレーションを果たしたシュプリーム。今ではシュプリームの十八番となっているコラボレーションはいつから行われるようになったのでしょうか?

1996年のヴァンズとのコラボレーションが最初

シュプリームが一番最初にコラボレーションを行ったブランドがヴァンズです。スケーターご用達ブランドとしてプロスケーターからストリートキッズにまで愛されるヴァンズ。シュプリームオープン当初からセレクしているブランドです。

ヴァンズの人気モデル、オールドスクールとのコラボレーションスニーカーは1996年当初もスケーターを中心に大ブレーク。シュプリームの名前を広めるきっかけにもなりました。

ヴァンズとのコラボレーションスニーカーはシュプリームの定番でもあり、2004年からは毎シーズンコラボスニーカーをリリースしています。

2017-18年秋冬コレクションにもヴァンズコラボレーションのスニーカーをリリース。今回は鬼才アーティストアンドレス・セラーノも加わりトリプルコラボレーションのスニーカーは約15秒のまさに秒速で完売。

ヴァンズコラボレーションスニーカー歴代1位の速さで売り切りました。

シュプリーム(supreme)を代表するコラボレーションは?

ザ・ノースフェイス(The North Face)

シュプリームとのコラボレーションitemが毎シーズン話題となるノースフェイス。ノースフェイスとのコラボレーションも10年以上続いています。2006年の春夏辺りからノースフェイスとのコラボレーションが始まりました。マウンテンパーカーやスノーブーツ、バックパックやダウンジャケットまで幅広いプロダクツのコラボitemをリリースしてきました。

シュプリームがヴァンズ同様に定期的にコラボレーションを行うブランドです。

コム・デ・ギャルソン・シャツ(comme des Garcons SHIRT)

かなり話題となったコラボレーションです。日本を代表するドメスティックブランド、コムデギャルソンとシュプリームがコラボレーション。

今までのシュプリームのコラボレーションブランドとスタンスが異なって見える、異色ともいえるコラボレーションにファッション業界が揺らぎました。

コムデギャルソンシャツは川久保玲がデザイナーを務めるシャツの可能性を突き詰めたブランドです。1988年に成立されたコムデギャルソンのラインで、当時は全てフランスメイド。

現在はシャツ以外にもパンツやジャケットのリリースやコレクションも行っています。itemの幅が広がり、日本製のアイテムを存在します。

数あるコムデギャルソンブランドの中で、川久保玲が手がける貴重なラインであるコムデギャルソンシャツ。

日本を代表するハイエンドブランドとのコラボレーションは2012年ごろからスタート。シュプリームにそれほど関心を持たなかったセレブレティーをも虜にしたコラボレーションでした。

シャツ以外にもプルオーバーパーカーやスタッフブルゾン等のリリースもありました。2012年以降もコムデギャルソンシャツともコラボレーションは続いています。

ナイキ(NIKE)

ナイキとのコラボレーションも歴史があります。ヴァンズ同様にシュプリームとナイキのコラボレーションは当たり前となってきました。

ナイキとのコラボレーション第1弾がダンク。2002年にコラボレーションして以来、15年間途切れる事なく続くコラボレーションはヴァンズ以上の長さです。

2017年にはエアフォース2とのコラボレーションを発表。当然の如くプレミア価格で取引されています。

今後もナイキとのコラボレーションのフットウエアには期待が高まります。

ヒステリックグラマー(Hysteric Glamour)

2017-18年秋冬シーズンのWEEK4最も注目度の高かったブランドコラボレーションといえばヒステリックグラマーです。ヒステリックグラマーとシュプリームは意外にもはじめてのコラボレート。

ヒステリックグラマーとのコラボレーションの情報が拡散された時には多くのファッショニスタが歓喜の声を上げました。

ヒステリックグラマーは日本を代表するドメスティックブランドであり、日本のカウンターカルチャーを牽引し続けるブランドです。

音楽とアメカジ、サーフstyleといったストリートカルチャーをミックスしたstyleを確立させたパイオニアです。

今回のヒステリックグラマーとのコラボレーションギアはシュプリームよりもヒステリックグラマーの色がより強く出た仕上がりです。

80年代のストリートstyleを彷彿させるプロダクツの数々にノスタルジックな雰囲気も漂います。比較的タイトなシルエットが多いヒステリックグラマーですが、シュプリームのエッセンスがプラスされたルーズフィットなウエアは新鮮です。

当然の如く数秒で完売した幻のプロダクツです。ベルトなどの小物からヘビーアウターまで3分以内での完売は圧巻です。

第2弾3弾と今後のコラボレーションにも期待が高まります。両ブランドのファンがコラボレーションを心待ちにしていることは間違いありません。

シュプリーム(supreme)の最強コラボレーション

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)

数々のブランドとのコラボレーションを果たしたシュプリームですが、最強のコラボレーションブランドは間違いなくルイ・ヴィトンです。

泣く子も黙る、フランスの老舗ブランドであり、世界中のセレブレティーを虜にするラグジュアリーメゾン。

世界最高峰のハイエンドブランドのランウェイにシュプリームのロゴの入ったプロダクツが登場瞬間、90年代のストリートカルチャーに傾倒していたファッショニスタにとっては感慨深いものがあると同時に、ルイ・ヴィトンのクリエイティビティとシュプリームのブレない姿勢に圧倒されました。

ルイヴィトンとのコラボレーションにより今までシュプリームの存在を知らなかったヴィトンのカスタマーがシュプリームに興味を持ち始めます。

今ではセレブ御用達のストリートブランドとしてSNSでも話題のシュプリーム。この異常ともいえる人気はルイヴィトンとのコラボレーションも大きく関係しています。

ポップアップストアで販売されたコラボレーションitemを購入するには、抽選で選ばれた入場券が必要です。

服を買うために入場券が必要というのも素っ頓狂な話ですが、その入場券が数十万円で取引されたというのですからさらに驚きです。

シュプリーム(supreme)加速が止まらないモンスターブランド

シュプリームのボックスロゴはセレブの証

ステッカーを思わせる赤のボックスロゴ。このシュプリームのボックスロゴの入ったTシャツやスウェットはセレブ御用達item。ヤングセレブレティーの着用率の高いシュプリームのボックスロゴのプロダクツ。

しかし、このボックスロゴは完全にシュプリームのオリジナルとは言いがたい。実はオリジナルが別に存在します。バーバラ・クルーガーの”I shop therefore I am”という作品のオマージュです。

バーバラ・クルーガーの商業主義に対する皮肉や反骨精神がシュプリームローンチを模索していたジェームス・ジェビアのその当時のマインドとシンクロ。そしてcoolなロゴデザインも気に入り拝借したように思います。

ヒップホップのサンプリングに似た感覚であり、パロディーではなく敬意を込めたオマージュ。

そしてcoolならオリジナルじゃなくても構わないというマインドもシュプリームにファッショニスタが魅かれる理由でもあります。

日本に上陸して間もない80年代後半から90年代初頭。”シュプリーム”と正しい読み方さえ浸透していなかったスケーターブランドが、今では世界中のセレブレティーを虜にしています。

赤のボックスロゴのステッカーをケイト・モスがモデルを務めるカルバンクラインのポスターに貼り付けるというセンセーショナルなプロモーションで知名度を上げたシュプリーム。

反骨精神剥き出しのパンキッシュなスケーターブランドが気づけば入手困難なラグジュアリーストリートブランドとして扱われています。

しかし、シュプリームは今の異常ともいえるブームにも動じずマイノリティーに作品をドロップしています。

スケーターブランドとしてブレない姿勢でプロダクツをリリースしていくシュプリーム。数秒でウエアを売り切るモンスターブランドの更なる飛躍に期待しないセレブやファッショニスタは皆無といっても過言ではありません。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

シュプリームオンラインストアにて2017年9月23日に2017年秋冬プロダクツ、WEEK5が解禁となりました。プレイボーイとのコラボレーションitemであるスタジャンやショットとのコラボレーションitemのライダースジャケット。コラボレーションといえばもはや定番であるヴァンズのスニーカー。そして問題作を発表し続ける異端の前衛芸術家アンドレス・セラーノとのコラボも発売前から話題でした。そんな中、オンランストアで僅か3秒で完売したitemが存在するシュプリーム。オンラインストアは3分足らずでメインitemはほぼ完売。世界で最も売れるブランド、シュプリームとは?徹底解析です!