HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

2WDでアウディ・クワトロを倒した伝説のマシン:Lancia 037

Lancia 037は、イタリアの自動車メーカーであり、かつて”ラリーレース”において圧倒的な活躍を記録した”Lancia(ランチア)”によって開発されたマシンです。Lancia 037は、4WDのAudi quatrroが圧倒的な強さを誇った中で、最後の2WDのマシンとして優勝したモデルとして知られています。

Lancia 037

アウディ・クワトロを倒した伝説のラリーカー:Lancia 037とは?

”Lancia 037(ランチア・ラリー037)”は、イタリアの自動車メーカーである”Lancia(ランチア)”によってWRC(世界ラリー選手権)のグループBで勝利するために開発されたマシンです。Lancia 037は、WRCのグループBに参戦するための基準を満たすために、200台程度が製造されたと言われています。1982年に投入されたLancia 037ですが、当時、Audiによって開発され、主に軍用車に搭載されてたフルタイムSUVを搭載した”Audi Quattro(アウディ・クワトロ)”がラリー界を席巻していました。その後も現在に続くまで4WDのマシンが主流となっていまが、Lancia 037はそのような時代の中で、1983年にMRのマシンとして最後のチャンピオンを獲得しました。つまり、Lancia 037はLanciaがそれまでStratos(ストラトス)で培ってきた技術を結集して開発したマシンであるといえます。

4WDの時代に2WDで挑んだ”Lancia 037”

Lancia 037は、4WDが圧倒的な強さを誇った時代に最後の2WDマシンとして勝利を収めました。そんなLancia 037には1,955ccの直列4気筒スーパーチャージドDOHCエンジンが搭載され、205psを発揮しました。5速マニュアルトランスミッションとフロントとリアの独立ダブル​​ウィッシュボーンサスペンションが搭載され、抜群の走りを実現しました。ラリーに参戦したLancia 037 コンペティツィオーネには、325psにまでチューンナップされた2,111ccの直列4気筒スーパーチャージドDOHCエンジンが搭載され、960kgまで軽量化されたより強力なモデルとして投入されました。

Pininfarinaによって手がけられた端正で美しいスタイル

Lancia 037のボディはイタリアの名門カロッツェリアである”Pininfarina(ピニンファリーナ)”によって手がけられました。Lancia 037は、フロントからリアまで見事なラインを描いており、ダイナミックでありながらも、端正で極めて美しいスタイルを誇っています。フロントに備えられた左右4つのフロントライトは、その後の”Lancia Delta(ランチア・デルタ)”にも引き継がれています。ラリーカーでありながら、スーパーカーのような印象を見る人に与えます。

Scudmanさん(@thescudman)がシェアした投稿 -

数千万円で取引される希少性

Javiさん(@mcjavi86)がシェアした投稿 -

Lancia 037は、もともとの製造台数の少なさに加え、圧倒的な強さを誇った4WDのAudi・Quattroを倒した最後の2WDラリーカーとして、そのドラマ性もあり、数千万円という価格で取引されています。2000万円程度で落札されたノーマルタイプの”Lancia 037”もあれば、RM Sotheby'sには5500万円から6300万円という価格で登場したりもしています。極めて希少性が高く、高い価値を持つマシンであることがわかります。

ラリー史に残る伝説の一台:Lancia 037

イタリアの自動車メーカーである”Lancia”によってラリーに投入された伝説的なマシンである”Lancia 037”について紹介してきました。Lancia 037は、4WDが圧倒的な強さを誇った時代に2WDのマシンとして最後の勝利を収めたマシンです。その走りはもちろんのこと、Pininfarinaによって手がけられた美しいボディも魅力的です。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

Lancia 037は、イタリアの自動車メーカーであり、かつて”ラリーレース”において圧倒的な活躍を記録した”Lancia(ランチア)”によって開発されたマシンです。Lancia 037は、4WDのAudi quatrroが圧倒的な強さを誇った中で、最後の2WDのマシンとして優勝したモデルとして知られています。