HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

2018年より新制度が導入?積立NISAとは?メリットデメリット

2018年、資産運用に関する新制度である積立NISAという制度が導入となります。 これまでもNISAという制度はあり、投資信託や株の運用にあたり、利益にかかる税金の20%が0%になるという制度がりましたが、2018年より導入となる積立NISAとはどのような制度なのでしょうが。また現行NISAとの違いやメリット・デメリットについて詳しく紹介したいと思います。 新制度を軽視せず、万全の知識で導入に臨みましょう。

現行NISAとは?

2014年から導入となった現行NISAは、年間に投資できる金額は120万円までとされていました。
利益にかかる税金が非課税で運用できる期間は5年間、オーバーロールした場合は最大10年間です。
また、投資できる商品は投資信託となっており、資産の途中引き出しはいつでもできます。

積立NISAとは?特徴

一方、積立NISAは、年間に投資できる額は40万円までとなります。現行NISAよりも80万円も下回ります。
しかし、非課税運用できる期間は20年間と現行NISAよりも明らかに長くなります。投資できる商品は株には投資することができなくなり、投資信託のみできます。
資産の途中引き出しについては同じくいつでも引き出し可能です。

積立NISAの特徴として、長期的に安定した資産形成をすることができるような制度で、年間40万円を20年間も非課税で運用することができるのですね。

年間の額が大幅に下回ったように感じますが、年間最大40万円を20年間非課税で運用えうるという事は最大800万円非課税で取り扱うことができます。しかし、現行NISAの場合は最大600万円までしか非課税で取り扱うことができないのです。

現行NISAと積立NISAの併用は不可能!

2018年より新制度積立NISAの導入という事で、現行NISAに加え積立NISAを活用することで、年間160万円もの額が非課税で運用できると考える方も少なくないでしょう。しかし、注意点として現行NISAと積立NISAの併用は不可能なのです。
その為、新制度導入後はどちらを活用していくのか、個人個人で選択しなければいけません。

積立NISAのメリット

積立NISAの最大のメリットとしては、20年という長期間非課税で運用することができるというポイントでしょう。
長期的に積立ていき、資産を確立させたいと考えている方におすすめだと言えますね。

また、非課税投資額が最大600万円から800万円に拡張された点もメリットであると考えられるでしょう。

積立NISAのデメリット

積立NISAのデメリットとしては、年間積立額が下回ったという点でしょう。短い期間で資産を確立させたいと考えている方には向きませんね。また、株への投資は不可能となってしまうので、投資信託ではなく株のほうを利用している方は、積立NISAは活用できません。

積立NISAの今後とは?

積立NISAについて2018年1月には導入となるという情報が有力なのですが、内容について一部確定していない点もある模様です。
新制度積立NISAについての変更案が出ている状態であるため、今後現行NISAと積立NISAが一本化になる可能性もあります。
また、ロールオーバーについても、今までの条件から変更がある可能性が高いので、金融庁からの情報には目が離せませんね。

更に、積立NISAの利用にて、投資できる商品は投資信託ですが、投資信託の中でも投資できる商品の条件が決められる予定があるので、確認情報が公開となった場合、良く確認しましょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tomato
name. tomato
様々な情報を提供していけたらなと思います!
よろしくお願い致します。

RELATED

2018年、資産運用に関する新制度である積立NISAという制度が導入となります。 これまでもNISAという制度はあり、投資信託や株の運用にあたり、利益にかかる税金の20%が0%になるという制度がりましたが、2018年より導入となる積立NISAとはどのような制度なのでしょうが。また現行NISAとの違いやメリット・デメリットについて詳しく紹介したいと思います。 新制度を軽視せず、万全の知識で導入に臨みましょう。