HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

007も認めた英国紳士のスーパーカー、アストンマーチンの魅力とは

007のジェームズ・ボンドの愛車として知られているアストンマーチン。英国紳士のスーパーカーとして有名です。なぜ、アストンマーチンはこれほどまで完璧なのか。アストンマーチンの車の魅力を歴史とともに紹介していきます。写真元:https://www.flickr.com/photos/70407797@N03/8384037964/ /Nobuyuki Kondo

アストンマーチン/Aston Martin

アストンマーチンとは

アストンマーチンは、1913年にイギリスで設立された自動車メーカーです。正式名称は「アストンマーチン・ラゴンダ」です。「アストンマーチン」という名前は、創業者の一人であるライオネル・マーティンが、英国バッキンガムシャーの村アストン・クリントンで行われたヒルクライムレースで勝利を収めたとことに由来しています。アストンマーチンのフラグシップモデルには、必ずDBの文字が入りますが、これは、第二次大戦後にアストンマーチンを傘下に収めた実業家デイビッド・ブラウンのイニシャルから取られています。アストンマーチンは、ル・マン24時間耐久レースや、ニュルブルクリンク24時間レースなどのレースにも積極的に参戦しており、F1においてもレッドブルとのパートナーシップを結んでいます。

アストンマーチンの歴史

アストンマーチンは、1913年にロバート・バムフォードとライオネル・マーティンが創業しました。創業以来品質の高い自動車生み出すことに重きを置いており、大半の工程が熟練の職人によって作られているという事実は、今日のモデルまで変わりません。第二次大戦後の1947年には、実業家であるデイビッド・ブラウンに経営権が移り、生み出される名車たちには彼のイニシャルである「DB」の文字が付くようになります。その後はDB5といった歴史に残る名車が生まれました。しかし、1970年頃にデイビッド・ブラウンが破綻すると、経営権がさまざまな人のもとを転々とするようになり、一時期の混迷の時代を迎えます。1987年にフォード・モーターの傘下に納まったあとは、経営も安定し、また素晴らしい名車を生み出し始め、経営権が投資家グループに移った今も、数々の人を魅了する車を作り続けています。

アストンマーチンの魅力

富裕層の人々、自動車ファン、そして自動車ジャーナリストを魅了し続けているアストンマーチンの魅力とは一体何なのでしょうか。アストンマーチンの魅力を大きく3つ分けて紹介していきます。

落ち着きとエレガンス

Our ultimate super GT - The Aston Martin Vanquish S #astonmartin #vanquishs #grandtourer #sports #cars

A post shared by Aston Martin (@astonmartinlagonda) on

多くの富裕層がアストンマーチンを選ぶ理由は、やはりそのデザインにあります。美しい流線型のボディと、アストンマーチン特有のグリル、職人の手によって生み出された細部に至るまでの美しいエクステリアが多くの人々を魅了しています。一日中見ていられるようなエクステリアは、どのモデルを選んでも共有してエレガントで、見る人々の心をうっとりとさせるような仕上がりになっています。スーパーカーというとランボルギーニやフェラーリのように、街中の人々に見せつけるような、ある意味でのいやらしさがあります。ガルウィングドアやバタフライドアは、乗り降りをする時さえ、人の目を引くように作られています。しかし、アストンマーチンには、そのようなスーパーカー特有のいやらしさが全くありません。アストンマーチンには落ち着きとエレガンスが備わっており、それはまさに英国紳士のようです。この落ち着きとエレガンスこそ、アストンマーチンをアストンマーチンたらしめているもので、多くの落ち着いた紳士たちを魅了し続けている理由です。アストンマーチンは芸術品と言って良い車です。

品質の高さ

アストンマーチンの二つ目の魅力は、その品質の高さです。アストンマーチンは、ル・マン、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどの、耐久レースに多く参戦しています。耐久レースにおいては、長時間車を走る続けさせる必要があります。そのため耐久レースにおいては、速いだけではなく、いかに品質の高い車両、そして壊れにくい車両を作れるのかという点が勝敗を分けることになります。このレースでの経験が、市販車を作り出すときにも生かされており、故障しにくく、品質の高い車が生み出されています。アストンマーチンは、創業して約100年に間に約7万台を生産し、そのうちの約9割が現役で世界中を走っています。このような事実からもアストンマーチンの車の品質にかける思いや技術が伝わってきます。

そのハイスペックとパフォーマンス

アストンマーチンが生み出してきた車は総じてハイスペックで、非常に高いパフォーマンスを誇っています。例えば、ボンドカーとして知られているDB5は、1963年から1965年に製造されましたが、4Lの直列6気筒エンジンから282馬力を生み出し、最高速度は228kphを誇っていました。アストンマーチンの最新フラグシップモデルであるDB11は5.2Lのツインターボ V12エンジンというパワフルなエンジンから、600馬力を生み出し、その最高速度をは322kphに到達します。アストンマーチンは、高級サルーンのような乗り心地と品質でありながら、フェラーリやランボルギーニのようなパフォーマンスをかせ備えているのが特徴です。アストンマーチンは、まさに落ち着いたセダンと、ハイパフォーマンスのスーパーカーの融合と言って良いでしょう。

アストンマーチンのラインナップ

Not a view you see every day! An #astonmartinlive share by @doctorspoon #astonmartin #luxury #cars #track

A post shared by Aston Martin (@astonmartinlagonda) on

アストンマーチンの最新ラインナップから、過去の名車までいくつかの車を紹介していきます。

DB11

Aston Martin DB11 Picture by @trilogy.mpf #Autogespot #DB11 #AstoMartin #AutogespotPeru #AstonMartinDB11

A post shared by Autogespot Peru (@autogespot_peru) on

2016年のジュネーブモーターショーで発表されたアストンマーチンDB11は、アストンマーチンの車両ラインナップで最も新しいフラグシップモデルです。5.2LツインターボV12エンジンを搭載し、600馬力を絞り出します。最高速度は322kphです。DB11はアストンマーチンのDBシリーズの最新モデルです。1950年から続くDBシリーズの歴史と伝統が受け継がれています。そのアストンマーチンの歴史と伝統に、最新のテクノロジーが組み合わさり、歴史に残る美しい名車をまた生み出しました。日本での販売価格は、2,380万円となっています。

DB5

DB5は、アストンマーチンが生み出した自動車史に残る名車です。全世界でたったの1023台しか生産されなかったこの車は、4Lの水冷直列6気筒エンジンを搭載し、282psを生み出し、最高速は228kphを誇っています。このDB5は映画007のボンドカーとしても知られており、最新作のスペクターでも登場し、ファンを沸かせました。007シリーズにおいては、ゴールドフィンガー、サンダーボール作戦、ゴールデンアイ、トゥモロー・ネバー・ダイ、カジノ・ロワイヤル、スカイフォール、スペクターと計7作で登場しており、ボンドカーと言えばDB5といった印象すらあります。

Vulcan

この宇宙船のような浮世離れしたデザインの車は、アストンマーチンのサーキット専用スーパーカーVulcanです。世界でたったの24台しか生産されていない非常にレアな一台となっています。地球温暖化を無視しているかのような7.0リッターV12ガソリンエンジンを搭載しており、最高出力は脅威の800馬力となっています。とにかく走りを追求した一台ですが、アストンマーチンのエクステリアデザインの美しさはこのVulcanにも受け継がれていることがわかります。価格は3億円超えとなっています。2017年のジュネーブモーターショーではVulcanの上を行くValkyrieという車が発表されました。912馬力を生み出す6.5ℓV12を搭載しており、サーキット専用モデル、公道モデルも販売されるという情報があります。

A change of approach by Aston Martin. #Art. #Machine. #Valkrie

A post shared by CaffeineAndMachine (@caffeineandmachine) on

アストンマーチンを保有するということ

アストンマーチンについて紹介してきました。アストンマーチンは、まさにイギリスのエンジニアリングとデザインセンスが見事にマッチしたスーパーカーです。兼ね備えている気品と落ち着きは、まさに紳士にふさわしいものとなっています。フェラーリやランボルギーにのような見せつけるスーパーカーではなく、見る人をうっとりさせるようなスーパーカーが、アストンマーチンです。落ち着いた紳士として、アストンマーチンを保有することで、日々の生活をランクアップさせることができるはずです。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

007のジェームズ・ボンドの愛車として知られているアストンマーチン。英国紳士のスーパーカーとして有名です。なぜ、アストンマーチンはこれほどまで完璧なのか。アストンマーチンの車の魅力を歴史とともに紹介していきます。写真元:https://www.flickr.com/photos/70407797@N03/8384037964/ /Nobuyuki Kondo