HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

高級化粧品や香水の原料としても人気【レアバリュー精油・ネロリとは?】

高級ブランドコスメや香水に「ネロリ」の名を冠した製品は数多くあります。人をうっとりさせるような馥郁たる芳香はいかにも高級な香料のイメージ。そんなネロリの秘密を紐解きます。

レアバリュー精油・ネロリとは?

ビター・オレンジの花から採れる精油です

ビター・オレンジ(和名・ダイダイ)の花から採れる精油(天然香料)です。オレンジの精油というと果汁の香りや果皮を潰したときにツブツブから弾ける香りを連想しますが、花の部分から水蒸気蒸留法という方法で採取される精油をネロリといいます。ちなみに、私たちが普段食べているオレンジは「スイートオレンジ」です。

ネロリの香りの印象ですが、フローラル系の華やかさの中に柑橘系の爽やかさとほろ苦さが潜んでいるといった感じです。みかん畑で花盛りの季節に漂う、甘くてほんの少しグリーンの混ざったような香りによく似ています。

ビター・オレンジの木は花を咲かせるのが4年後くらいからと栽培に時間がかかるうえ、なんと生花1トンにつき1キロほどしか採取できないということで、ネロリ精油はローズやジャスミンと並んでレアバリュー精油の一つとなっています。

ネロラ公爵夫人のエピソード

「ネロリ」の名のきっかけともなったネロラ公国の公爵夫人のエピソードをご紹介しましょう。数ある精油の中でも、実在の女性の名を冠したものはネロリが唯一の存在なのだそうです。

17世紀、パリからイタリアのネロラ公国へ移り住んだ公爵夫人のアンナ・マリアは、オレンジの香りをこよなく愛していました。その夫が城の周辺に咲くビター・オレンジの花から精油を抽出し、妻に贈ったのです。美しい公爵夫人が革手袋につけたその香りは当時の社交界で大流行となり、身につける人にちなんで「ネロリ」と呼ばれるようになったのだということです。

高級化粧品や香水に使われるネロリ

ふわりと漂う良い香りを吸い込めば、心理面での鎮静作用、肉体面でのしわ・たるみなどのアンチエイジングの作用に効果が期待できるといわれ続けてきたネロリ精油。化粧品や香水の原料として利用されてきました。

※本当に上記のような効果を期待するならば安価なものは避けましょう。といいますのは、10mlで¥15,000〜¥20,000のレアバリュー精油であるネロリが配合されているなら価格が安くなるはずはないのです。あまりにも安価なものは、天然の精油ではなく合成香料を入れて「ネロリ」と謳っている可能性があります。

アロマエッセンス ネロリ【デクレオール】

オイル状の美容液です。化粧水とクリームの中間に導入します。
手のひらに1〜2滴落として手を合わせて軽く伸ばし、顔を包み込むようにします。ネロリの香りがお好きな方は、しばらくその状態で香りを吸い込むのがおすすめです。幸せな気分になれること間違いなしのお守り的なコスメです。

15ml ¥9,396

http://www.decleor.jp/aroma/index.html

フルールドランジェ【セルジュ・ルタンス】

「フルールドランジェ」=オレンジの花。
オレンジの液体色が美しい、ネロリの香りのオードパルファム。ジャスミンや他の花々のブーケ、ベースノートにムスクが配合されているので精油そのままよりはゴージャスな印象。心を落ち着けるネロリの作用を期待し、ハンカチに纏わせてバッグに忍ばせておくような使い方も良いでしょう。

50ml ¥10,800

http://www.sergelutens.jp/brand/item/2/31/

女性美を引き出す香り:レアバリュー精油・ネロリ

昔から精神安定・アンチエイジングに効果的だとされるネロリ。レアバリューの恵みを取り入れてみませんか。

INTRODUCTION of THE WRITER

高城みれい
name. 高城みれい
知的好奇心を満たす上質な「モノ」「コト」の情報をお届けします。

RELATED

高級ブランドコスメや香水に「ネロリ」の名を冠した製品は数多くあります。人をうっとりさせるような馥郁たる芳香はいかにも高級な香料のイメージ。そんなネロリの秘密を紐解きます。