HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

香りで印象を変えよう! 高価なフレグランスパフューム5選

自然の香りやパフュームは、古くから居住空間、髪、肌に快適で幻想的な印象をもたらしてきました。1800年代以来、パフュームを作り出す技術は発展し続けています。世界でも、男女関係なく使用されているパフュームは、化粧品会社や化学者が共に研究成果としての香水を商品化することに成功しました。日本ではほんのりと香るパフュームが人気がありますが、海外では職場や、デート、パカンスにでかける際にも場所に相応しい香水を選ぶ習慣があります。そのため、フレグランスソムリエという職業が存在し、香水の成分や使用目的場所に応じた香りを選定してくれるサービスがあるそうです。

ライトやフローラルの香りから強烈なムスキーな香りまで、香水製造の芸術は常に進化し続けており、特に日頃から使用するならば、より自然で害のないパフュームが理想的です。世界で最も高価な香水やコロンの価格は、ボトルのデザイン、現在の趣向、および関連する原料の希少性によって左右されています。

DKNY Golden Delicious Million Dollar Perfumeー $100万

A post shared by Guest (@guest.concierge) on

2011年にDKNYから発表されたパフュームは、いままで最も高額な香水として売り出されました。有名なジュエリーデザイナーと協力し、トップセラーの香水ラインに特製版として作られました。ボトルは14カラットのイエローとホワイトゴールドでつくられ、183個のイエローサファイアと2,700個のホワイトダイヤモンドが散りばめられ、1.6カラットのターコイズブルー、7.18カラットの楕円形のカボションサファイア、15個の鮮やかなピンクダイヤモンド、4つのバラカットダイヤモンド、3.07カラットの楕円形ルビーなどを使用しています。実際の香りは購入者にしかわからないほどです。

Baccarat Les Larmes Sacrees de Thebes-$1,700

A post shared by Guest (@guest.concierge) on

この香水は、香りそのものと瓶がエレガントなエジプトをイメージしたデザインで作られています。バカラは豪華なクリスタルガラスメーカーであり、世界中の高級香水会社の為に洗練された瓶を創造することでも知られています。1998年に独自の限定3種の香水を発表し、ピラミッド型の美しい瓶に納めらられました。成分には、琥珀、ジャスミン、バラ、エジプトのカシュー、ミルラとフランキンセンスでブレンドされ、中東の香りが漂います。

Chanel GARDÉNIA grand extrait-$3,800

A post shared by ☆ yasuyo ☆ (@yasuyo_fuku) on

女性専用の香水と言えば、代表的なシャネルです。まだ、日本に未入荷である GARDÉNIA グランドエクストラは、限定商品としてフランスとアメリカで販売されています。世界で最も希少で純粋なシャネルNo.5のオリジナルは、$4,200ドルの価格だったそうです。以来、フランスのシャネルは独自の畑からローズとジャスミンを調合し、定番でいつまでも親しまれる香りを商品化することに成功しています。

Hermes 24 Faubourg - $1.500

女性のための香水として、フランスの高級ブランドHermèsによって1995年に発売され、それはパリのオリジナル店舗の住所にちなんで命名された。世界で1,000本のボトルしか製作されていないため、特に稀な香水です。長持ちする香りは、オレンジ色の花、ジャスミン、ティアレの花、パチョリ、イランイラン、アイリス、バニラ、アンバーグリス、サンダルウッドの花から混合されています。

Caron Poivre-$2,000

A post shared by @theeastscent on

パフュームカーロンは1904年に創設され、世界で最も有名な香水会社の一つです。1954年に発売されたブランドの中でもっとも高価な香水ポイビアを発表しています。ユニセックスの香水を世に送り出し、ホワイトゴールド付きの限定版バカラクリスタルボトルの瓶に詰められています。香りにはグローブや黒と赤のコショウなど様々な香辛料が含まれています。そのため、スパイシーで刺激のある香りなので、フランス語でペッパーの意味を持つ名前が付けられたそうです。

まとめ

長老の香水メーカーから、専門の器メーカーなど香水に関わるブランドやデザインなどは様々です。独自の香りとそのイメージにあった高級な容器は、パフュームを探していれば、注目する要素です。長く愛用でき、自分にあった香りを探してみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Richess
name. Richess
高級なもの、価値のあるもの。本物を探し求めて旅をしています。

RELATED

自然の香りやパフュームは、古くから居住空間、髪、肌に快適で幻想的な印象をもたらしてきました。1800年代以来、パフュームを作り出す技術は発展し続けています。世界でも、男女関係なく使用されているパフュームは、化粧品会社や化学者が共に研究成果としての香水を商品化することに成功しました。日本ではほんのりと香るパフュームが人気がありますが、海外では職場や、デート、パカンスにでかける際にも場所に相応しい香水を選ぶ習慣があります。そのため、フレグランスソムリエという職業が存在し、香水の成分や使用目的場所に応じた香りを選定してくれるサービスがあるそうです。