HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

香りから音が聞こえる?! 洗練のハイパフューマリーハウス【アニック・グタール】

アニック・グタールはフランス生まれの香水のニッチブランドです。創業者のアニックの世界観にインスパイアされた作品を生み出してきました。そのブランドストーリーと製品とは、大量生産されるものでなく職人技を好む多くのファンに支持されています。

ブランドのご紹介

ピアニスト・アニックの創業によるフレグランスメゾン

「アニック・グタール」香水好きな方ならおそらくこのブランドはご存知かと想います。

創業者のアニックはピアニスト兼モデルをしていた女性。香水の道に入ったのはシングルマザーとして娘カミーユを産み、再婚をした後でした。調香師の戸を叩いたのは1977年のこと。それから7年をかけて勉学に励み、自身のブランドを立ち上げることとなります。初めての製品は「フォラブリル」。

元々がピアニストのアニックにとって、香水をつくるという行為も自分のイメージを表現する機会でありました。自身の世界観・記憶・希望などからインスパイアされた香水の数々は広く共感を呼び、多くのファンから支持されています。

現在は、娘のカミーユが遺志を引き継ぎ、調香師のイザベル・ドワイヤンと共にブランドを存続しています。

香りに垣間見える純粋性

当然ながら感覚は個人的なものですし、いろいろな感じ方があるでしょう。あくまで主観的な印象なのですが、アニック・グタールの香水を言葉で表すとしたら浮かぶのは、上品・繊細・純粋・無垢・天真爛漫・無邪気・愛らしさ…etc。もちろん大人の女性向けの香水たちなのですが、それらは決して媚び媚びな香りではなく、かといって自立した強いキャリアウーマンの香りでもないのです。

伊勢丹などで取扱されていますので、気になる方は是非お試しくださいませ。

◆伊勢丹新宿店「カフェ デ パルファム」のサイトはこちら
http://cafedesparfums.jp/store/1130610/

アニック・グタール人気の香水2選

プチシェリー

ファンの多い「プチシェリー(小さな愛しい人)」は、アニックが娘カミーユのために作った香水。ペア(洋梨)、ピーチ、ムスクローズによる甘くジューシーな香りです。

ル・シェブレフォイユ

シェブレフォイユとは「すいかずら」の意。カミーユが子供の頃にこの花を編んで王冠を作って遊んだ思い出を再現しました。レモン、プチグレイン(オレンジの葉)、水仙、グリーン・ノート、ジャスミンが絶妙に絡み合い、花の蜜のように優しく甘く、爽やかに香ります。

詩情にあふれるウォーム&フェミニンな香り

@pyonko1234がシェアした投稿 -

忙殺されがちな日常の中で忘れかけていた五感を研ぎ澄まされるようなアニック・グタールの香水。決して華美ではありませんが、詩的なコンセプトから生まれるウォーム&フェミニンな香りはこのブランドならではのもの。美しいボトルもハイエンドな雰囲気たっぷりです。

※当然ながら香りには好みがございますので、テスターで試されることをおすすめいたします。

INTRODUCTION of THE WRITER

高城みれい
name. 高城みれい
知的好奇心を満たす上質な「モノ」「コト」の情報をお届けします。

RELATED

アニック・グタールはフランス生まれの香水のニッチブランドです。創業者のアニックの世界観にインスパイアされた作品を生み出してきました。そのブランドストーリーと製品とは、大量生産されるものでなく職人技を好む多くのファンに支持されています。