HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

音楽・映画・アートから無限なるインスピレーションを|WACKO MARIA( ワコマリア )

WACKO MARIA(ワコマリア)はドメスティックブランドの中でも唯一無二の存在として海外からの注目度も高く、個性溢れるスタイルでファンのハートをがっちりと捕まえている。主に音楽・映画・アートから想像とインスピレーションを受け、アパレルにそれを生かす。ワコマリアらしい表現をご覧いただこう。

WACKO MARIA(ワコマリア)について

日本らしくない、日本のブランドである

2005年に誕生したWACKO MARIA(ワコマリア)は日本離れした独特な佇まいと雰囲気ですぐさまコアなファンを獲得した。色気もあり、哀愁漂う男臭さもある。本当に良い意味で日本のブランドらしくなく、型にハマらないブランドであるのだ。

音楽・映画・アートからインスピレーション受け、アパレルへ落とし込む

ワコマリアのデザインインスピレーションは主に「音楽・映画・アート」この3点からなる。それぞれの生活や経験、いままで見てきたものや感じたものからデザインへのヒントを受けているのだ。ワコマリアでは一切の妥協はせず、納得のいくまでデザインの追求は進められている。

国内の芸能人やセレブも愛す、名高いブランド

特に国内の芸能人やセレブたちもワコマリアのアパレルに身を包むことが大好きだ。独特でワコマリアでしか感じられないセンスと雰囲気に魅力を覚えているのである。近年では映画監督ジム・ジャームッシュら有名監督とのコラボも果たし、ますますワコマリア勢力を拡大させている。

女性が惚れるスタイルを|男らしさとセンスの象徴的存在

男臭くもハイセンスなスタイリングが光るワコマリア流

早速ワコマリアの独特なスタイリングを解説していこう。まず誰もが目を引くオリジナルのパターンと柄だ。一度見たら忘れられないほどに美しくも斬新である。そんな斬新なパターンを優しいシルエットでカジュアルダウンさせることで、リアルクローズにも長けたアパレルとなっている。これがワコマリア流スタイリングの基本である。

シックなアイテムも”どこか”でアクセントを持たせる

シックなアイテムひとつでさえ、ワコマリアの息吹をしっかりと感じられるアクセントが垣間見える。内に秘めた野心と妥協のないデザインを求めているワコマリアでしか見られないテクニックも多くあるのだ。まさにアートのひとつと表現しても面白い。

レディースコレクションも印象的なピースが並ぶ

ワコマリアのレディースコレクションも印象的で心を踊らせるアイテムが多い。メンズ同様に音楽・映画・アートから多大なインスピレーションを受け、巧みにデザインに反映させている。カッコ良い女性を演出するのには最高のブランドである。

まとめ

音楽・酒・アートを感じるワコマリアならではの世界観

独特でオリジナリティ溢れるデザインを感じられるワコマリア。様々な要素からインスピレーションを受け、それが分かりやすくファンのもとへと届く。時代が変わっていくとともに、ワコマリアの雰囲気も変わっていくのだろうか。今後はこういった点についても注目してワコマリアをチェックし続けよう。

INTRODUCTION of THE WRITER

Yuya888
name. Yuya888
アパレル雑貨企画・ウェブライターを中心に活動しております。コレクションカメラマンを務めていた事からハイファッションを中心に、香水やコスメの分野にも幅広く興味を持っています。

RELATED

WACKO MARIA(ワコマリア)はドメスティックブランドの中でも唯一無二の存在として海外からの注目度も高く、個性溢れるスタイルでファンのハートをがっちりと捕まえている。主に音楽・映画・アートから想像とインスピレーションを受け、アパレルにそれを生かす。ワコマリアらしい表現をご覧いただこう。