HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

電気自動車の時代へ ”BMW i3” の魅力

BMWの小型電気自動車であるi3。近年の急速なガソリン車から環境にやさしい車への移行が進んでいるなか、電気自動車のパイオニアとして世界中で愛されているマシンがi3です。そんなi3の魅力と特徴について紹介していきます。

BMW i3

BMW i3とは?

BMW i3は、ドイツの自動車メーカーであるBMWから製造販売されている電気自動車です。i3は、世界では2013年から、日本では2014年から販売されている電気自動車で、BMWの電気自動車のスーパーカーであるi8と並んで、BMWの誇る電気自動車です。世界的にもまだまだ普及していない電気自動車ですが、世界では多くの都市でi3を目にする機会があります。

価格は500万円から上位モデルになると620万円程度となっていますが、エコカー減税や自動車税免除、さらにクリーンエネルギー自動車補助金などの恩恵を受けられ、40万円程度から60万円程度の補助を受けることができます。

i3の特徴

完全電気自動車

i3の最大の特徴はi3は完全電気自動車であるということです。i3に電気をチャージ方法として、付属のケーブルで自宅などの電気自動車用コンセントから給電できるほか、自宅では”BMW i ウォールボックス・ピュア”という充電設備を使用することで、12〜13時間で高性能リチウム・バッテリーを満充電することが可能となっています。また、i3は急速充電にも対応しており45分間で、バッテリーの80%まで充電することが可能となっています。現在日本にある電気自動車用の充電ステーションは、20,000箇所を超えており、コンビニ、道の駅、観光施設、ショッピングモールなど、次々と設置されているため、旅行先でも充電場所を見つけることができるようになっています。一回の充電で走行できる距離は390km。さらに直列2気筒DOHC647ccの発電用エンジンを搭載するという、レンジエクステンダーを装備することでさらに511kmの走行距離を実現しています。

完全電気自動車であるため、一切の有害な排出ガスを発生させません。そんなクリーンなマシンがi3です。

機敏で安定感のあるドライビング

i3のモーターは170ps程度の馬力と、250Nmのトルクを発揮し、0-100km/hまでの加速を7.3秒でこなします。これによりスムースで力強い加速が自慢のマシンとなっています。i3の設計においては、マシンの前後の重量バランスが約50:50となっています。これにより、バランスと重心が低くなっており、力強いモーターを組み合わさて、機敏でと安定感のあるドライビングを実現しています。ボディにはカーボン・ファイバー強化樹脂を量産車として初めて使用しており車重を1300kgに押さえています。
また、ドライバーとパッセンジャーを隔てるセンター・トンネル、そしてBピラーが取り払われたスタイルで、ロールス・ロイスのごとく観音開きのドアを採用しています。これらの工夫により、ドライバーもパッセンジャーの乗り降りが快適で、荷物も運び入れやすくなっています。

キュートなルックス

BMW i3のそのルックスも大きな魅力の一つです。全体的に曲線を描いているボディは、キュートな印象を見る人に与えます。フロントのBMWの象徴的なキドニーグリルには、青いラインが施されており、電気自動車としてのクリーンなイメージを表しています。そのキドニーグリルと、鋭いヘッドライトが合わさることで、i3の力強い走りを体現しています。

小型電気自動車ならi3

BMWから販売されている小型電気自動車であるi3について紹介してきました。i3はそのキュートなルックスからは想像もできない力強く安定した走りを特徴としており、完全電気自動車として一切の排出ガスを出さないクリーンなマシンです。これからの時代はよりクリーンな車を乗る時代であり、i3も選択肢としておおいにありでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

BMWの小型電気自動車であるi3。近年の急速なガソリン車から環境にやさしい車への移行が進んでいるなか、電気自動車のパイオニアとして世界中で愛されているマシンがi3です。そんなi3の魅力と特徴について紹介していきます。