HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

銃弾すらも弾きかえす超堅牢なSUV! ”Conquest Vehicles Knight XV”

テロ、大規模災害、暴動などのリスクが近年高まっています。地球滅亡やゾンビ・アポカリプス、AIの暴走など、映画の中だけの話のようですが、実際にその可能性については常に議論されています。そのようなシチュエーションでは、移動手段としての車が重要になってきます。そのような状況でも守ってくれるラグジュアリーSUVが”Conquest Vehicles Knight XV”

Conquest Vehicles Knight XV

Conquest Vehicles社

Conquest Vehicles社はカナダの自動車メーカーで、主に、ラグジュアリーが非常に高く、銃弾ももろともしない完全装甲を装備した、ハンドメイドのスポーツユーティリティービークル(SUV)を製造しているメーカーです。今回紹介するKnight XVは、Conquest Vehicle社の最初のモデルです。

このKnight XVによって、Conquest Vehicle社はラグジュアリー性と堅牢性、フルアーマー仕様のSUVという新しいベンチマークを自動車市場に生み出しました。Conquest Vehicle社では、顧客のニーズにあったマシンの製造も請け負っており、インテリアやエクステリアなど一般的なカスタマイズから、アーマーの強度など、一般的ではない部分のカスタマイズまで可能となっています。

Knight XV

Knight XVは、Conquest Vehicles社が製造販売するラグジュアリーSUVです。Knight XVには、他のラグジュアリーSUVと一線を画する数多くの特徴があります。Knight XVは、ラグジュアリー性と高い防御能力を備えたSUVで、まさにSport Utility Vehiclesの名にふさわしいマシンとなっています。

2008年から販売されているKnight XVは、職人の手でハンドメイドで仕上げられるマシンで、一台作らために約4000時間もかかります。高いクオリティコントロールで、どんな状況でも乗員をプロテクトする頑丈性を実現しています。ラグジュアリーで超頑丈なこのknight XVの価格は、62万9000ドル(約6800万円)となっています。もちろんさらに装甲を追加したりすれば、より価格は上がり、Conquest Vehicles社公式サイトの在庫には、800000ドル、日本円で8700万円のモデルがリストされています。

Knight XVの特徴

突出した堅牢性

Knight XVの特徴としては、その高い堅牢性が挙げられます。その堅牢性は普通の自動車の常識をはるかに超えています。KnightXVは、SUVというよりも装甲車と言った方が良いかもしれません。

窓には、バリスティックグラス、つまり防弾ガラスの透明アーマーが使用されており、一般的な銃弾の攻撃を受けても全く問題ありません。さらにKnight XVのオパークアーマー(窓以外のボディ)には、高強度鋼、防弾アルミ、防弾コンポジット、防弾アラミド繊維(軍用に用いられる高耐久熱耐久繊維)、そして防弾セラミックスが採用されています。ドアのヒンジも壊れないように改良されています。

さらには、車内とエンジンルームを隔てるファイアーウォールも搭載。このKight XVに使われている防弾素材は全て、アメリカの防弾テスト研究所であるH.P. White Laboratory, Inc. の認定を受けています。Knigh XVに乗っていれば、誤って紛争地帯へ迷い込んでしまっても安心です。

防弾テストの結果はこちらから確認可能です:http://www.conquestvehicles.com/documents/KnightXV_Protection_Level_Charts.pdf

高いラグジュアリー性

Knight XVは、軍用装甲車並の装甲を誇っていながらも、ラグジュアリー性にも一切の妥協を許していません。インテリアには、航空機や自動車などにレザーを提供しているイギリスのレザーブランドであるMuirhead Leather Manufacturers & Suppliersの高級皮革を採用。同じくイギリスのWilton Woolのカーペットを敷いています。オプションで、フラットスクリーンや衛星テレビ、リフレッシュメントバーやクーラーボックス、さらには防弾車らしく緊急用酸素サバイバルキットも選択することができます。見た目に反して、非常に快適で高級感ある車内空間を実現しています。

Knight XVのスペック

@thegoodlifeunlimitedがシェアした投稿 -

Knight XVのスペックについて紹介していきます。
車両重量:約5,896.07 kg 
ホイールベース:3683 mm
車高:2540 mm
車長:6000 mm
車幅:2438 mm
ガソリンエンジン:フォード製 6.8LV10 326hp 462lbsトルク
ディーゼルエンジン:フォード製 6.7L パワーストロークV8ターボエンジン 300hp 660lbsトルク
トランスミッション:5速トルクシフトオートマチックトランスミッション
シャーシ:フォード 独自チューンのフォードF550 Super Duty プラットフォームシャーシ
タイヤ:MPT Continental tires 335/80 R20 MPT81
燃料容量:238 リットル (アップグレード可)
ブレーキ:4-wheel disc with ABS

車両重量は約6トンとなってお、重量に対してエンジンが若干弱い印象があり、スポーツカーのような高速走行はできないと思われます。車両はHammer H2よりも大きく、かなり重量級のマシンと言えます。

アポカリプスが発生してもKnight XVなら大丈夫

超堅牢ラグジュアリーSUV、Knight XVについて紹介してきました。Knight XVは、その高い堅牢性とラグジュアリーで快適な車内空間から、どんな状況でも快適なドライブを楽しめそうです。このKnight XVなら、大規模災害、テロ、暴動、さらにはゾンビ・アポカリプスまで、いかなるシチュエーションでも安全に移動することができそうです。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

テロ、大規模災害、暴動などのリスクが近年高まっています。地球滅亡やゾンビ・アポカリプス、AIの暴走など、映画の中だけの話のようですが、実際にその可能性については常に議論されています。そのようなシチュエーションでは、移動手段としての車が重要になってきます。そのような状況でも守ってくれるラグジュアリーSUVが”Conquest Vehicles Knight XV”