HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

野菜をアートに! とっておきの日に贈る「ベジフルブーケ」

結婚式、送別会、記念日など特別な日にもらうと嬉しいブーケですが、自宅で活けるのが大変です。大事ないただきものとは言え、すぐに傷んでしまうのに残念さを感じるときがあります。そこで注目したいのが「ベジフルブーケ」です。目新しくて、実用性があって、貰うのが嬉しいベジフルブーケの魅力を紹介します。

ベジフルブーケとは?

名前から推測できる通り、花ではなく野菜を使ったブーケです。ハーブや果実などと組み合わせたものもあります。野菜や果物を食べるだけでなく、「見る」のも楽しみたいという発想から生まれました。ブーケに使われた野菜はもちろん食べられます。見る、食べる、両方の機会を提供できる嬉しい贈り物として注目を集めています。

ベジフルブーケに使いたい野菜

日持ちがして、かつアレンジしやすい小型の野菜がオススメです。例えば、アスパラガス、ブロッコリー、パプリカ、カリフラワー、ナス、ニンジン、ミニトマトなどが良いでしょう。
きのこ類やキャベツ、きゅうり、もやしなど日持ちのしない、水分が多い、重たい野菜は避けた方が良いです。

どんな時にベジフルブーケを用意したい?

身近なお世話になっている人にブーケをプレゼントしたいとき、部屋にインテリアを加えたいときなどです。野菜をブーケにするという発想は目新しいので、サプライズとしてのプレゼントにも使用できそうですね。
また、野菜スープパーティーに持ち込む野菜の演出として、ちょっとした病気にかかって自宅療養中の友人への滋養に良いお見舞いなど様々な場面で用意できます。

ベジフルブーケの入手方法

専門の業者にオーダーする

野菜が新鮮で、ハイセンスなベジフルブーケを贈りたい場合は、プロの業者に任せるのが一番安心でしょう。ウェディング用、ギフト用、記念日用など目的に合わせてオーダーメイドしてくれるのが嬉しいです。また、野菜の目利きが選んだ野菜や果実が使われるのもポイントです。オンラインで注文可能な場合が多いので、楽に入手できます。

自らアレンジする

自らの手で活けたベジフルブーケを贈るのにこだわりがある方もいるでしょう。でも、イチから自分でセンス良く活けるのは困難です。一度教室に通うか、本などで勉強してから取り組む方が無難です。教室に通うのが大変であれば、一日限定レッスンを行っている所もあるのでインターネットで情報を収集しましょう。お手本となる本が手元にあれば更に安心ですね。

次回の贈り物はベジフルブーケにしませんか?

ベジフルブーケの魅力についてお伝えしました。普段何気なく食べている野菜がお洒落に変身! 想像しただけでワクワクしますね。贈るシチュエーション、相手の好みに合わせた野菜の組み合わせを考えるのも楽しそうです。普段食べる野菜の見た目や鮮度にも自然とこだわるようになるので、健康面でもプラスですね。
次回贈り物をする機会がありましたら、ベジフルブーケで相手を驚かせ、かつ幸せな気分にさせ、お互いに野菜への愛情を深めましょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

housekeeper
name. housekeeper

RELATED

結婚式、送別会、記念日など特別な日にもらうと嬉しいブーケですが、自宅で活けるのが大変です。大事ないただきものとは言え、すぐに傷んでしまうのに残念さを感じるときがあります。そこで注目したいのが「ベジフルブーケ」です。目新しくて、実用性があって、貰うのが嬉しいベジフルブーケの魅力を紹介します。