HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

調理が楽しくなるオーブンレンジ “バルミューダ ザ・レンジ”

日々の食事を楽しくさせてくれる家電を開発しているバルミューダより、オーブンレンジが発表されました。 オーブンレンジのデザインが好きじゃない、必要なキッチン器具だけど見えるところには置きたくないという方もおられることでしょう。 スタイリッシュなデザインで美しいキッチンに溶け込むようなバルミューダのザ・レンジ。おしゃれなあなたならきっと欲しくなるはずです。

忙しい朝を楽しさに変えてくれるオーブン

電子レンジ、オーブンレンジは生活必需品と考えられており、家電量販店に行くなら所狭しとたくさんのメーカーが売られています。価格は電子レンジだけの機能に絞り込むと数千円程度のものから、調理機能が豊富なモデルは10万円もするものまで幅広くあります。

バルミューダのザ・レンジの値段はボディカラーによって多少違いますが、4万円から5万円ほどです。電子レンジと考えると高級なカテゴリーに入ります。

しかし、10万円もするプレミアムラインのオーブンレンジと比較しても、絶対負けていない機能があります。それは、調理完了時に美しいギター音が鳴ることです。

たったそれだけのこと、と思うかもしれませんが、この感動は味わった人でないとわからないかもしれません。それぐらい、ただ食材を温めるという仕事に、楽しみやワクワクを与えてくれるオーブンレンジです。

この操作音にどれぐらいこだわっているのでしょうか。それは、一般的な調理家電に採用されているスピーカーよりもより音にこだわったスピーカーを採用し、ギター音も電子的に作った音源ではなく、生のギター演奏を録音した本物のギター音源を使っています。

さらに、この音は3段階で音量を調整できる他、他のビープ音にしたり、操作音は無しにして、出来上がりの時だけにお知らせ音が鳴るようにもできます。

操作するたびに気持ちの良いギター音が流れると、慌ただしく、イライラとしがちな朝でも笑顔が取り戻せそうです。

ワクワクする楽しい操作音

kazkiさん(@kazki_0325)がシェアした投稿 -

バルミューダ ザ・レンジの実力は

デザイン家電というのは、デザインはカッコいいものの、機能面で同価格のモデルよりも劣っているということが良くあります。

バルミューダ ザ・レンジはオーブンレンジの実力はどのぐらいなのでしょう。
まず、本体サイズは450mm(幅)×330mm(高さ)×362mm(奥行)で、重量は約12kgあります。庫内容量は18Lと少し小さめですが、調理するには十分なサイズです。

このレンジが目指しているのは、デザインを重視し、不要なものを削ぎ落とした操作パネルで、本当に使う機能だけに絞り込んだモデルです。

多くの高級オーブンレンジには、自動調理モードが搭載されていますが、このオーブンレンジには、この自動調理モードがあえて搭載されていません。

食材を温めるというところに徹底的にこだわり、レンジモードは、「自動あたためモード」「手動あたためモード」「飲み物モード」「冷凍ごはんモード」「解凍モード」の5種類です。

「自動あたためモード」は、ごはんやおかず、弁当のあたために最適なモードで、高めの温度に設定したり、低めの温度に設定したりと、出力調整が可能です。

「手動あたためモード」は、温める食材の分量からワット数と時間を指定して温めることができるモードです。選べる出力は、100W、500W、600W、800Wとなっています。

「飲み物モード」は、飲み物の種類に合わせて温めることが可能なモードで、コーヒー、ミルク、アツカンから選択することができます。適切な種類を選ぶことで飲み物が噴きこぼれることがありません。

「冷凍ごはんモード」は、 冷凍ごはん専用モード、レンジでは使う頻度が高い調理ですが、専用モードの存在は嬉しいですね。冷凍ごはんの量にあわせて1杯(150g)、2杯(300g)を選べば大丈夫。シンプルですね。

「解凍モード」は、50g単位で設定ができ、冷凍食品を解凍するのに便利です。半解凍もできます。

「オーブンモード」は、週末の調理に活躍しそうです。100°C〜250°Cを10°C単位で選ぶことができ、ただ焼くだけでなく、発酵や予熱も可能です。深さ4㎝の深角皿が用意されているので、調理の幅がぐっと広がります。

バルミューダ ザ・レンジの実力はいかがでしょうか?自動調理機能はありませんが、現在のオーブンレンジの使い方を振り返ってみると、やりたいことはほぼ可能なのではないでしょうか。

ザ・レンジのデメリット

少しコンパクトなバルミューダ ザ・レンジですが、デメリットはあるのでしょうか。
プレミアムラインのオーブンレンジは庫内の広さが30L以上あり、18Lと比較すると物足りないように感じるかもしれません。

また、他のメーカーでは内臓されている自動調理機能がなかったり、グリル機能や加熱水蒸気調理機能がないというのは残念に思うかもしれません。

しかし、オーブンレンジは電子レンジとして活用することの方が多いかもしれません。また、グリル機能を考えるなら、バルミューダが発売しているザ・トースターがとても良い仕事をしてくれます。

デザインが美しいバルミューダのキッチン家電はセットで揃えたくなりますので、グリル機能が欲しい場合はザ・トースターを活用した方が良いでしょう。

ワクワクするレストランのイメージ

スタイリッシュでカッコいいデザインと聞くと、何か冷たくて尖った印象を受けるかもしれません。しかし、このザ・レンジは温かくて親しみやすいデザインになっています。それは、このレンジのデザインがレストランのエントランスをイメージしているからです。

薄暗い中で手元を照らしてくれるハンドルのLED照明は、機能的に優れているのはもちろんですが、レストランに入る時のワクワクした気分や、温かさを感じさせます。

作り込まれたデザインと、絞り込まれた機能、そして今までのオーブンレンジにはなかったワクワク感。これがあれば、毎日のキッチンがきっと楽しいものになることでしょう。

購入はバルミューダ公式オンラインストアや家電量販店で可能です。

バルミューダ公式サイト:https://www.balmuda.com/jp/range/

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

日々の食事を楽しくさせてくれる家電を開発しているバルミューダより、オーブンレンジが発表されました。 オーブンレンジのデザインが好きじゃない、必要なキッチン器具だけど見えるところには置きたくないという方もおられることでしょう。 スタイリッシュなデザインで美しいキッチンに溶け込むようなバルミューダのザ・レンジ。おしゃれなあなたならきっと欲しくなるはずです。