HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

衰え知らずのブラック&モード|Yohji Yamamoto=山本耀司を振り返る

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)が日本を飛び越え世界に残してきたファッションの足跡は非常に大きく歴史を変えるものであった。ブラック&モードスタイルを主とし、いままで人々にインプットされていた「黒い服」の常識を完全に覆した。いまなお衰えることの無いYohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)の”歴史”と”いま”をしっかりと振り返ってみよう。

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

山本耀司という男は「天才と奇才」というどちらも併せ持つ

日本人ファッションデザイナー・ブランドとして最も世界のファッション業界に衝撃的な革命を起こした人物「Yohji Yamamoto(山本耀司)」。慶應義塾大学卒、文化服装学院卒と、ファッション界エリートコースを歩み、1972年に自身の会社Y's(ワイズ)を設立。1981年には初めてパリコレクションデビューを果たした。

ファッションの常識を変えた「黒い服」の新定義

1981年に初めてパリコレクションデビューを果たしたヨウジヤマモトだが、それは衝撃と革命の始まりであった。当時のパリコレでは”黒”というカラーはタブーとして認識され、どのブランドも避けていたカラーだ。しかしヨウジヤマモトはその”黒”を全面に使い、多くの方に衝撃を与えたのだ。

ファッションを語る上で欠かせないブランド

彼の作るスタイルは8割が黒によるコレクションであるため、その中でブランドとしての表現の幅を広げなければならない。カッティングやパターン、繊細な着こなしこそがヨウジヤマモトの持つ大きな魅力であり、ここでしか見ることの出来ないスタイルなのだ。

Yohji Yamamoto=山本耀司のコレクションをチェック

ブラック&モードスタイルをアートキャンパスの様に使う表現力

ブラック&モードスタイルをベースとし様々なスタイリングを魅せてきた。時にはスポーティに、時にはラグジュアリーに。トレンドを上手く取り込みながら、ヨウジヤマモトらしいスタイルを作り上げてきた。ヨウジヤマモトの様に黒をベースにここまで魅せるスタイルが作れるブランドは、非常に数少ないのだ。

「黒い服」がメインだからこそハイトーンカラーも映える

黒い服がベースだからこそ生まれる様々な利点もある。明るい色、つまりハイトーンカラーもブラックをキャンパスの様に使えるからこそ映えるのだ。ひとつのショーの中で幾つかコレクションストーリーを感じられ表現力の高さが伺える。日本から生まれ、世界を代表するブラックモードファッションの代表格としてヨウジヤマモトは成長を遂げてきた。

トレンド感をさりげなく盛り込む卓越したデザイン技術

トレンドをさりげなく取り込む技術もヨウジヤマモトは卓越している。がっつりトレンドを取り込んでしまうとブランドイメージとはかけ離れてしまうため、あくまでも”さりげなく”だ。これによってブランドイメージに沿ったまま、時代と合ったスタイルを提案出来るようになる。他のブランドでは考えられないスタイリング技術も、このヨウジヤマモトならではの魅力である。

まとめ

コレクションを重ねる度に魅力が増す魔法のブランド

コレクションを重ねるたびに深みが増していくヨウジヤマモト。”黒”というカラーをキーワードに、ここまで独特なファッションを表現でき、多くのスタイルを作れるブランドはそう多くはない。オンリーワンの存在として世界のファッション業界を牽引しているのだ。今後どういったヨウジヤマモトの世界観を魅せてくれるのか、世界が期待感に包まれている。

INTRODUCTION of THE WRITER

Yuya888
name. Yuya888
アパレル雑貨企画・ウェブライターを中心に活動しております。コレクションカメラマンを務めていた事からハイファッションを中心に、香水やコスメの分野にも幅広く興味を持っています。

RELATED

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)が日本を飛び越え世界に残してきたファッションの足跡は非常に大きく歴史を変えるものであった。ブラック&モードスタイルを主とし、いままで人々にインプットされていた「黒い服」の常識を完全に覆した。いまなお衰えることの無いYohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)の”歴史”と”いま”をしっかりと振り返ってみよう。