HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

薄さが美しい磁器「 エッグシェル 」の繊細な美の世界

エッグシェルは厚さ1mmの非常に薄い磁器です。中に入れたものの色が透けるほど薄いエッグシェルは、佐賀県の有田焼窯元「やま平窯元」によって作られています。美しい白い色、その薄さ、軽さによって、手に持ってみると一瞬プラスチックかと思うくらいです。しかし、磁器特有のひんやりとした触感や、硬質な感覚が手に伝わり、疑問は驚きに変わります。日本人の磁器製作技術の最高峰とも言えるエッグシェルをご紹介します。

エッグシェルの原型は江戸時代の「卵殻手」

卵殻手(らんかくで)という磁器がエッグシェルの原型です。卵殻手は薄手磁器の総称で江戸時代から明治にかけて輸出向けとして作られました。その薄さ、美しさ、日本人の技術力の高さに西洋人が驚き、エッグシェルと呼んで親しまれていました。とくに極薄手コーヒー碗は、非常に高く評価され注目を集めていました。

明治30年ごろまで、海外輸出品として人気を保っていたエッグシェルですが、世界大戦の影響を受け徐々に輸出が減退していきました。それにともない日本での卵殻手も造られなくなりました。そうして約100年前に途絶えた技術ですが、有田焼の窯元「やま平窯元」によって新しい時代の息吹を吹き込まれ復活しました。

究極の薄さ!やま平窯元のエッグシェル

ガラスのグラスのような薄さ

やま平窯元が作り出すエッグシェルの一番の特徴がその薄さです。厚みは約1mm、透過性の高い陶土を使って窯で丹念に焼成することにより、磁器を限界まで薄くすることに成功しました。手に持つとプラスチックやガラスのグラスのように感じますが、手触りが違います。土から作り出された磁器特有のザラッとした感覚、手にしっとりと馴染む感じです。非常に軽いので本当に磁器なのか疑ってしまいますが、正真正銘の有田焼なのです。

白にこだわったエッグシェル

wabistさん(@wabist_gift)がシェアした投稿 -

やま平窯元が作り出すエッグシェルの色は白一色です。有田焼の特徴は雪のような白い色、エッグシェルにもその伝統は生かされています。表面には繭(まゆ)のイメージが施されていて手に馴染みます。エッグシェルの中に飲み物をそそぐと、その色が透けてみえます。白い磁器のため、飲み物がもっているそのままの色が透けて見え、目で見て楽しめる器になっています。

書道家とのコラボモデル エッグシェル「書」

エッグシェル「書」は書道家の中塚翠涛さんとコラボして出来た特別なエッグシェルです。中塚さんが春夏秋冬のイメージで「花」の文字を書いたものをエッグシェルに焼き付けてあり、エッグシェルの美しい白と、墨の黒のコントラストが美しい逸品です。ピルスナー、タンブラー、ロックグラス、プレートがあり、パーティーなどでこのシリーズでまとめて料理をだせば、薄さと美しさに驚かれること間違いないでしょう。

やま平窯元 ウェブサイト
http://yamaheigama.co.jp/

他にもあるエッグシェルを作る窯元!丸直製陶所

やま平窯元以外にもエッグシェルを作っている窯元があります。岐阜県の土岐市にある美濃焼の窯元、家丸直製陶所(まるなおせいとうしょ)です。明治時代から輸出向けの磁器を生産してきた技術を生かして薄さ1mmのエッグシェルをつくっています。また、「銅版転写」という、柄が印刷された和紙を刷毛で貼りつけて、模様を転写させる技術も巧みなため、美しい柄のついたエッグシェルが多く製造されています。

透き通るように薄く真っ白な「スキトウ」

丸直製陶所のエッグシェルは美しい模様が特徴ですが、白にこだわったものがあります。それが「スキトオ」です。輸出用の型を使って作った、薄さ約1mmで模様なしの真っ白な磁器です。光に透けることから「スキトオ」と名付けられました。繊細な見た目ですぐに割れてしまいそうですが、高温で焼き上げられた磁器なので以外と丈夫です。普段使いに丁度いいエッグシェルです。

トモタケとコラボ!イラスト入りの可愛いエッグシェル

丸直製陶所とオリジナル布雑貨を作っている「トモタケ」のコラボで生まれたのが、ネコのイラスト入りで可愛いエッグシェルのコップです。「トモタケ」は朝武雅裕さんと朝武広子さんのご夫婦ユニットです。アートを生活の中に自然に取り込みたいという思いで、泥染や刺繍による布作品を作っています。エッグシェルのコップに描かれたネコは「トモタケ」デザインの原画を、印判手法でコップの表面に転写させたものです。日常使いにいい可愛いコップです。

丸直製陶所 ウェブサイト
http://marunaoseitosho.com/

日常生活+エッグシェルで生活を楽しみましょう

ayutamu929さん(@ayutamu929)がシェアした投稿 -

エッグシェルを手に入れると光りに透かしてみたり、いろんな色の飲み物を入れてみたり、生活に楽しみが生まれます。ハイドロカルチャーのポットにしたり、キャンドルを入れてみても楽しいです。巧みの技によって生まれた繊細で美しいエッグシェル、暮らしに取り入れてみてはいかがですか。

INTRODUCTION of THE WRITER

nac
name. nac

RELATED

エッグシェルは厚さ1mmの非常に薄い磁器です。中に入れたものの色が透けるほど薄いエッグシェルは、佐賀県の有田焼窯元「やま平窯元」によって作られています。美しい白い色、その薄さ、軽さによって、手に持ってみると一瞬プラスチックかと思うくらいです。しかし、磁器特有のひんやりとした触感や、硬質な感覚が手に伝わり、疑問は驚きに変わります。日本人の磁器製作技術の最高峰とも言えるエッグシェルをご紹介します。