HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

華麗なる日本庭園「枯山水」の世界

スティーブ・ジョブスやイチロー、安倍首相。これらの人物の共通点おわかりですか?実はこれらの名だたる成功者の心を捉えているのが「禅」です。数年前からビジネスマンを中心に一般の人にもブームは広がり、実際に座禅を体験する人は後を絶ちません。 さらに住職であり庭園デザイナーでもある枡野俊明氏の本は軒並みベストセラーになっています。 今回はそんな「禅」の心を愛でる日本庭園「枯山水」に焦点を当ててご紹介いたします。

今支持を集める禅の教え

曹洞宗徳雄山建功寺の住職であり、庭園デザイナー (日本造園設計 代表)の枡野俊明氏。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動で国内外から高い評価を獲得する人物です。さらに多くの書籍を世に送り出している作家でもありますが、いずれもビジネスマンを中心にベストセラーになっています。

枡野氏の主な著作

「心配事の9割は起こらない」「眺める禅 すーっと心がかるくなる」「怒らない禅の作法」「禅の言葉に学ぶていねいな暮らしと美しい人生」「禅、シンプル生活のすすめ」「禅が教える人生の答え」「思いが伝わるあなたと家族のエンディングノート 禅が教える豊かな人生の終い方」「禅の作法に学ぶ美しい働き方とゆたかな人生」「頭が冴える禅的思考」「禅と禅芸術としての庭」「そのままで 心を楽にする禅の言葉」他多数。国内のみならず、海外にまでその名は広まっているようです。

枡野氏が語る「枯山水」

禅僧であり、庭園デザイナーでもある枡野俊明さんは、枯山水が一番難しいといいます。
 
「足し算をしたいという気持ちが残っているうちはできない。引いて引いて引き算ができるよになったと思えるようになれるまではできない。引いて行かないと本当にやりたいことは輝かない」と枯山水の極意を述べています。

そもそも枯山水とは?

枯山水と称される、水を用いずに、石、砂、植栽などで水流を表現する形式の庭園も作られた。白砂で水の流れを象徴するところに特徴があるが、これは庭園には水が不可欠のものであるという考えがひそむ。庭園のことを山水といったのもそのためである。室町時代以降には枯山水は禅宗の思想と結びつき、禅寺などで多く作られていく。江戸期以降になると庭園内のみならず庭園外の景色を利用する借景という手法も広く用いられる。

枯山水が見事な京都の禅寺6選

東福寺 龍吟庵

重森三玲作の枯山水庭園です。龍吟庭は、石組によって龍が天に舞い上がる様子が表現されています。

東福寺 天得院

桔梗が有名です。庭一面を覆う苔の大海に皐月の刈込と自然石が島のように点在し、花頭窓からの眺めも素晴らしい桃山時代の美学が受け継がれています。

相国寺

総門から入ってすぐ左手に見えるアカマツ林は、天文20年(1551年)の戦火により焼失した三門と仏殿の跡地にできた林です。アカマツは山地などに生じた裸地に最初に根付いて、他の優勢な樹木にとって代わられることが多い樹木だそうです。

建仁寺の方丈庭園

緑苔と岩がいくつか配された枯山水の庭園です。

妙心寺 大法院

真田幸村の兄で松代藩主であった真田信之の菩提寺です。露地庭園が美しいことで知られています。

大徳寺の方丈庭園

一般拝観不可のため、観光バスコースでのみの鑑賞です。正面、唐門に白砂を広げ、左右一対の砂盛の傍に島を表現する平石、方丈の枯山水です。

まとめ

いかがでしたか?写真を眺めるだけでも思わず背筋がピンとしてしまうような、不思議な魅力を持つのが「枯山水」ですね。春の陽気に誘われてブラリ京都なんていかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

takuan1
name. takuan1
40代の主婦です。
好奇心を刺激するような記事をたくさん更新していきたいと思っています。

執筆秘話やディープな家庭生活を綴っているブログも、よろしければ覗いてくださいね。

RELATED

スティーブ・ジョブスやイチロー、安倍首相。これらの人物の共通点おわかりですか?実はこれらの名だたる成功者の心を捉えているのが「禅」です。数年前からビジネスマンを中心に一般の人にもブームは広がり、実際に座禅を体験する人は後を絶ちません。 さらに住職であり庭園デザイナーでもある枡野俊明氏の本は軒並みベストセラーになっています。 今回はそんな「禅」の心を愛でる日本庭園「枯山水」に焦点を当ててご紹介いたします。