HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

艶やかな光沢がヤミツキ!英国ホワイトハウスコックスが選ばれるワケとは?

ホワイトハウスコックスとは英国で140年以上の歴史を持つレザーブランドです。英国らしく元々は馬具を扱うブランドとしてスタートしました。高品質の馬具とレザーアイテムの評価は口コミで広がり、英国を代表すブランドとして確固たる地位を築き上げました。日本でもおしゃれマスターの間ではお馴染みのホワイトハウスコックス。「ブライドルレザー」を日本に定着させた老舗英国ブランド。ホンモノを知るセレブにホワイトハウスコックスが選ばれるワケとは?

ホワイトハウスコックスとは?

1875年創業の英国ブランド

ホワイトハウスコックスとは1875年創業の英国ブランドです。「ブライドルレザー」を使った上質なレザーアイテムが有名なブランドです。ウォレットやカードケース、ベルトなどビジネスシーンで活躍してくれる所謂「大人の男の小物」に定評のあるブランドです。しかし、1920年以前は馬具を中心に製造販売するブランドでした。鞍や手綱など高品質の馬具を製造する会社として評価の高かったホワイトハウスコックスはイギリス軍からの依頼で様々な軍用品の受注生産も行っていました。

Natural leather made the traditional way. #WhitehouseCox #MadeInEngland #MadeToLast

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

ホワイトハウスコックスが評価された意外なモノ

ファッションitemではなくペット用品

Symbolic of true quality. #WhitehouseCox #MadeInEngland

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

馬具メーカーだったホワイトハウスコックスが1930年代にペット用の首輪を発表します。ホワイトハウスコックスが評価されたのはブライダルレザー製の首輪でした。当時のイギリスは空前のペットブーム、上流階級の間では自分の愛するペットに、上質な首輪やリードを与える事がステータスとされていました。ホワイトハウスコックスはこのブームに乗り、上流階級御用達ブランドとして浸透していきます。

#English bridle leather prior to being handcrafted into a Whitehouse Cox item by seven people. #WhitehouseCox #MadeInEngland

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

ホワイトハウスコックス製の上質な首輪に感動したセレブから、レザーアイテムのオーダーが殺到しだすのは、ペット用品を発表してすぐの事、これを機に既製品としてレザーの小物入れやビッグラゲッジを発表します。ペット用品やレザーラゲッジで成功をすでに収めていたホワイトハウスコックスですが本格的にファッション業界に乗り出すのはもう少し後の事です。

ホワイトハウスコックスのファッション業界進出は有名デザイナーからオーダー

ラルフローレンの目に留まった事がきっかけ

Founded in 1875, here's the #WhitehouseCox Factory in the 1930's! #StillMadeInEngland

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

高級ペット用品を製造販売するブランドとして、確固たる地位を築き上げていたホワイトハウスコックス。元々馬具メーカーとしてスタートですのでターゲットは上流階級、その為アッパークラスがどんなものを求めるかは十分熟知していました。1930年代から70年代まではホワイトハウスコックスのターゲットは「アッパークラス」。このホワイトハウスコックスのターゲットが変わり、且つファッション業界に進出する大きなきっかけが1970年代後半にやってきます。

イギリスの高級デパートである「ハロッズ」でたまたま、ホワイトハウスコックスのitemが有名デザイナーの目に留まります。その人物とはアメリカを代表するデザイナー「ラルフローレン」でした。ラルフローレンは上質なブライドルレザーを使い丁寧に仕上げられている、首輪やメッシュレザーのリードのクオリティーに感動します。ラルフローレンは「このペット用のitemをベースにした人間用ベルトを作って欲しい」とホワイトハウスコックスに依頼します。

これがホワイトハウスコックスがファッション業界へ進出する足掛かりとなります。ホワイトハウスコックス製のベルトは「ポロブランド」で大ヒットを記録、ポロのベルトを手掛けたブランドとしてホワイトハウスコックスにも注目が集まります。80年代以降は様々なブランドからオーダーを手掛けると共に、ファッションitem中心のレザーブランドとして新たなスタートを切る事となります。日本では90年代にセレクトショップでの取り扱いが始まり、流行に敏感なヤングセレブレティーを中心に火が付きます。

ホワイトハウスコックスの代名詞でもある「ブライドルレザー」とは?

ロウを塗り込んだ極上レザー

Classic Whitehouse Cox beautiful ageing. Hand Made in England. www.whitehouse-cox.co.uk www.frame.jp #bridleleather #luxurypurses #small leathergoods

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

ホワイトハウスコックスと言えば日本で「ブライドルレザー」という言葉を浸透させたブランドでもあります。ホワイトハウスコックスを語る上で避けて通れないブライドルレザーとはいったいどんな革なのでしょうか?

ブライドルレザーの特徴は表面に浮き出ている「白い粉」です。ホワイトハウスコックスのレザーアイテムにもこの白い粉が吹き出ています。これは「ブルーム」とよばれ、白い粉の正体は「ロウ」です。ブライドルレザーはロウを何度も塗り込んで仕上げられます。ブライドルレザーとは英国に1000年以上前から続くレザーの製造方法、なめし方です。

Indispensable accessories. #WhitehouseCox #MadeInEngland

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

1900年創業の由緒あるイギリスのタンナーが生み出したブライドルレザーは革にロウを塗り込む事により繊維を引き締めます。繊維が締まったレザーは硬く強度が増し、馬具に使うには最適でした。ホワイトハウスコックスも馬具メーカーとしてこのブライダルレザーを使用してきました。ブライドルレザーは防水性にも優れており、雨の多いイギリスではブライドルレザーが重宝された事は言うまでもありません。

Accessories that get better with age. #WhitehouseCox #MadeToLast #MadeinEngland

Whitehouse Cox Englandさん(@whitehouse_cox_england)がシェアした投稿 -

ブライドルレザーの魅力は耐久性だけには止まりません。使い込む事で美しい光沢のあるレザーへと変化していきます。この高級感のある光沢の虜になるセレブレティーは後を絶ちません。ホワイトハウスコックスのitemはウォレットやベルトのように経年変化が楽しめるアイテムが中心です。ホワイトハウスコックスはブライドルレザーの魅力を余すことなく楽しめるブランドと言っても過言ではありません。

ホワイトハウスコックスのおすすめitemは?

メッシュベルト

#sophnet #soph #ue #uniformexperiment #whitehousecox

@kashikazu_がシェアした投稿 -

ホワイトハウスコックスの「今を作った」アイテムと言ってもいいメッシュベルト。ラルフローレンも感動した丁寧に編まれたメッシュベルトはホワイトハウスコックを代表するアイテムです。ホワイトハウスコックスのベルトの中でも最も人気の高いitemです。ジャケパンstyleやスマートカジュアルにも最適です。

ドレスベルト

男ならドレスベルトはいいのもが欲しい。使い込む毎に光沢が増していくブライダルレザー製のベルトは魅力的なitemです。スーツタイルにも映える一本です。カラーバリエーションも豊富です。

スタッズベルト

#whitehousecox #shopcustom #customorder #stadsbelt

daisukeeeさん(@imadai70)がシェアした投稿 -

クラシカルでトラディショナルなitemのイメージが強いホワイトハウスコックスですが、スタッズベルトのリリースもあります。上質なレザーにハンドメイドで打ち込まれたスタッズが魅力的です。ハードなストリートstyleからハイカジュアルまで対応してくれます。業界関係者に愛用者の多い、ホワイトハウスコックスのスタッズベルトは、アメリカモノのスタッズベルトと違いどことなくドレッシーです。ラフなスーツstyleにもおすすめです。

スリーフォールドウォレット

ホワイトハウスコックスの三つ折り財布買ってしまった!2〜3年後が楽しみ。 #WhitehouseCox #leather

Daisuke Miyataさん(@lee.d.0901)がシェアした投稿 -

ホワイトハウスコックスは財布にも定評のあるブランドです。ホワイトハウスコックスの財布の中でも断トツ人気の三つ折り財布、コインケースやカードホルダー、多目的ポケットの付いた機能性の優れたウォレットです。女性itemの少ないホワイトハウスコックスですが、この三つ折り財布は女性人気も高い!プレゼントにも最適です。

コインウォレット

コインウォレットと呼ばれるコインケース付きの二つ折り財布です。カード入れも付いた機能的に優れたスマートな財布です。ジャケットの内ポケットにも収まるサイズが人気です。

ロングウォレット

出来る男の必需品である長財布。ホワイトハウスコックスの長財布はカードホルダーとコインケースの付いたスマートながら機能的にも優れた一品です。スーツstyleにもカジュアルなコーデにもキマるウォレットです。

使う程に愛着が増すホワイトハウスコックスのitem

オンリーワンの美しい経年変化

あるセレクトショップのマネージャーがホワイトハウスコックスの難点を「何年使ってもダメにならないから買い替える人が少ない」と冗談交じりに話していました。エイジングを重ねるごとに魅力的な表情を見せてくれるホワイトハウスコックス。新品の時より何年か使って手に馴染んでからの方が圧倒的に美しいitemです。使い込む事によって自分だけの「オンリーワンのホワイトハウスコックス」が生まれる、セレブやファッショニスタはこの自分だけのホワイトハウスコックスに魅せられる。

セレブレティーにホワイトハウスコックスが愛され続ける理由のはオンリーワンオン美しい経年変化である事は間違いありません。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

ホワイトハウスコックスとは英国で140年以上の歴史を持つレザーブランドです。英国らしく元々は馬具を扱うブランドとしてスタートしました。高品質の馬具とレザーアイテムの評価は口コミで広がり、英国を代表すブランドとして確固たる地位を築き上げました。日本でもおしゃれマスターの間ではお馴染みのホワイトハウスコックス。「ブライドルレザー」を日本に定着させた老舗英国ブランド。ホンモノを知るセレブにホワイトハウスコックスが選ばれるワケとは?