HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

色気漂うイタリア靴”サントーニ(santoni)”を徹底解析

サントーニとはイタリアを代表するシューズブランドです。ラグジュアリーで色気の漂うメンズシューズでイタリア伊達男を骨抜きにしたサントーニ。”モダンイタリアンクラシコシューズ”とも称されるサントーニ。イタリア靴独特の妖艶とも言えるデザインとカラーリングにも定評のあるサントーニは”履く事の出来るアート作品”とも言われています。サントーニの高い技術力は、猛者揃いのイタリア靴ブランドの中でも抜きん出ています。今最もセレブレティーが注目するイタリアシューズブランド、サントーニを徹底解剖です。セレブを虜にするサントー二の魅力とは?

サントー二(santoni)とは?

1975年創業のイタリアシューズブランド

サントーニとは1975年創業のイタリアの靴ブランドです。”パーフェクトシューズ”とも称されるサントーニの歴史は約40年ほど。100年以上の歴史を持つシューズブランドの中ではかなり新しいブランドに属します。

そしてサントーニの歴史がまだ40年ほどという事実にも驚かされます。約40年でイタリアを代表する靴ブランドへと急成長したサントー二。イタリアの伊達男を中心に、世界中のセレブレティーの足元を支える”モダンイタリアンクラシコシューズ”のサントーニの歴史について紐解いていきます。

サントーニの創業者はアンドレア・サントーニ。アンドレア氏は生粋の靴職人。サントー二はアンドレア氏が小さな紳士靴の工房をチビタノマルケで開く事からその歴史が始まります。

一流の腕を持つ靴職人のアンドレア氏の作る靴は、イタリア中ですぐに評判になります。イタリアは、高級靴ブランドが犇めく国としても有名です。高級靴に関しては履き慣れている、絶対的審美眼を持つイタリアセレブレティーを唸らせた”新参者”のサントーニのシューズがどれほど高いレベルだったかが窺えます。

サントーニの評判はセレブレティーの口コミにより、10年足らずでイタリアの伊達男の間で浸透します。世界的にもイタリアンクラシコが注目される80年代。サントーニのシューズは世界中のセレブレティーの目にも留まります。

こうしてサントーニはイタリアを代表する新生ブランドとして揺るぎない地位を獲得します。現在も高級シューズブランドとしてトップの座に君臨し続けるサントーニの魅力は揺るぎない美学と、徹底した品質管理にあります。

サントーニの特徴でもある高い製法技術

バリエーションが豊富な製法技術

靴の履き心地を左右する縫製技術。そしてデザインも縫製によって大きく変わります。靴の縫製は大きく分類して”グッドイヤーウェルト製法”と”マッケイ製法”に分類されます。世界中の高級靴は大体この2つの製造方法がベースとなっています。

イギリス靴に多く見られる製法が”グッドイヤーウェルト製法”です。グッドイヤーウェルト製法は堅牢な作りが特徴です。職人気質な靴に多く見られる作りで、多くの工程を経て完成します。丈夫でソール交換も可能、そして最初は硬い履き心地なのですが、履き込むうちに、中底の下にある”中物”が沈んでいき自分の足のカタチになります。

その為長時間履いていても疲れにくい靴が完成されます。イギリス靴を代表するジョンロブやエドワードグリーンもグッドイヤーウェルト製法を多くのシューズに多用しています。クラシカルでトラディショナルな靴を愛するセレブは、グッドイヤーウェルト製法の靴を好む傾向にあります。

かつてはグッドイヤーウェルト製法は高級靴の証とも言われました。

そしてイタリア靴に多く見られる”マッケイ製法”です。イタリア靴の多い製法ですが、アメリカ人のライアン・ブレーク氏が開発した機械から命名されています。この機械の権利がゴードン・マッケイ氏に移った事から”マッケイ製法”と呼ばれるようになりました。1850年代以降に普及した製法の為、グッドイヤーウェルト製法に比べると歴史は浅い製法です。

ちなみにヨーロッパでは”マッケイ製法”よりも”ブレーク製法”と呼ばれる事の方が多いようです。

マッケイ製法の特徴は柔らかさと軽さです。グッドイヤーウェルト製法はアッパーとソールをジョイントさせるためどうしても足入れが硬い、しかしマッケイ製法はアッパーと中底、そしてソールを一緒に縫い付けてしまう為、作りが簡単です。グッドイヤーウェルト製法に比べ、糸を通す回数が減る為柔らかな履き心地が実現できます。

デザイン的にも”コバ”が張る事の少ないすっきりとしたスマートなシューズが完成します。このすっきりとしたデザインとソフトな履き心地がイタリア伊達男を虜にしています。

セレブ御用達のグッチのビットローファーやフェラガモもマッケイ製法で作られるモノが殆どです。軽くて履き心地は抜群なのですが、ソールの張替は2回が限界と言われています。

代表的な2つの製法を取り入れてる靴ブランドは数多くありますが、サントーニはこの2つの製法に加えオリジナルの製法技術を合わせて10以上の技法を屈指して靴を作り上げます。

バリエーション豊富な技法を持つシューズブランドでも3つほど、技法の数だけ見ても、サントーニの技術力が世界最高レベルだという事が分かります。

そしてセレブを唸らせるオリジナル技法も職人気質のサントー二だから成せる業です。

サントーニの独自の製法技術とは?

グッドイヤー・アルタッコ製法

サントー二の靴を一躍有名にし、さらには一流ブランドへとの仕上げた製法が”グッドイヤー・アルタッコ製法”です。

この製法は”スターニョ・ペレ・グッドイヤー製法”と”スターニョ・グッドイヤー製法”の二通りの技法の総称です。

”スターニョ・ペレ・グッドイヤー製法”はグッドイヤーウェルト製法で使用する”ウェルト”を使用せずにステッチダウンの要領で2回出し縫いを掛ける製法です。”ウェル”トとはアッパーとソ―ルを縫い付ける為の細い革の事です。このウェルトを使用しない為、”スターニョ・ペレ・グッドイヤー製法”はすっきりとした印象を与える事が出来ます。

しかし通常のグッドイヤーウェルト製法に比べかなりの手間と高度な技術を必要とします。

”スターニョ・グッドイヤー製法”は通常のグッドイヤーウェルト製法と殆ど同じ技法で製作されます。ウェルトも使用するのですが、グッドイヤーウェルト製法よりもハンドの比率が高い技法となります。

”グッドイヤー・アルタッコ製法”といって思い浮かぶ技法は前者の”スターニョ・ペレ・グッドイヤー製法”が一般的です。

サントーニを代表する製法

グッドイヤーボローニャ製法

サントーニは”グッドイヤーボローニャ製法”の技巧が世界一と靴好事家はよく口にします。サントー二はイタリアシューズブランドでありながら、グッドイヤーだけでもかなりの製法を持っています。

”グッドイヤーボローニャ製法”とはグッドイヤーウェルト製法とボローニャ製法を融合させた製法です。
グッドイヤーウェルト製法は頑丈で長く履けば足に馴染むのですが、どしても最初の足入れは硬い。そして中物(コルク)がある為重みもあります。

ボローニャ製法はマッケイ製法の発展形とも言われる製法でアッパーとソールの合わせ方はマッケイ製法と同じで、アッパーの付け方が異なります。ライニングに木型を吊り込み成形し、そのあとにアッパーを吊り込みます。これによりアッパーとライニングの密着性が高まります。こうして仕上がった甲革はマッケイ製法以上の”まねき”の良さを可能としました。

しかし、マッケイ製法と同じく耐久性には強くない。そこで生まれたのが、”グッドイヤーボローニャ製法”です。

アウトソールを縫い付ける前のボローニャ製法の要である”アッパー製作”を行います。このアッパー製作は完全に密着するまでに約2週間ほどかかります。そのあとにグッドイヤーで仕上げるこの技法は気が遠くなるほどの時間と労力を要します。

しかし、この手間と技術を持って生まれた、”グッドイヤーボローニャ製法”のシューズは履きやすく丈夫という理想的なシューズを生み出す事を可能としました。

職人気質のサントー二だからこその十八番技法です。

サントーニの魅力はクラシカルでモダンなデザイン

ハンドペインティングの技術は世界でもトップクラス

サントーニの魅力は”モダンクラシコイタリアンシューズ”である事。クラシカルなデザインに艶やかなカラーリングで世界中のセレブを骨抜きにしてきました。”履く事のできるアート作品”と呼ばれる所以は芸術的なペイント技術に由来します。

サントーニはハンドペインティングにて仕上げます。今では高級イタリアシューズが取り入れている技法ですが、サントーニは創立初期の段階よりハンドペインティングを取り入れていたと言われています。サントーニの”お家芸”とも言えるハンドメインティングによりサントー二独自のカラーが生まれます。

今では珍しくないグラデーションやアンティーク仕上げもサントーニがパイオニアです。”イタリア靴=色気のあるシューズ”のイメージはサントーニの高いハンドペインティングの賜物とも言えます。

サントーニが火付け役となったラグジュアリースニーカー

レザースニーカーのパイオニア

サントーニのシューズの愛用者は確実にファッショニスタです。その理由はムーブメントを起こすことが出来るシューズブランドだからです。サントーニは本格的なシューズブランドでありレザースニーカーのパオイ二アでもあります。

サントーニがファッショニスタのに注目されるきっかけとなったレザースニーカーは1995年に発表されます。既にイタリアンクラシコシューズとして絶対的な地位を気づいていたサントーニにとっては新たな挑戦です。

サントーニは新たな挑戦に見事勝利します。

本格派レザーシューズブランドが手掛けるラグジュアリーなレザースニーカーはファッショニスタの間で空前の大ヒット。サントーニのレザーシューズを愛用するセレブもバカンスやオフstyleでサントーニのレザースニーカーを愛用するようになります。

その後も続く、ラグジュアリースニーカーブームはサントーニが牽引したモノである事は疑う余地もありません。

現在でもレザースニーカーはサントーニを代表するアイテムです。

サントーニはハイブランドシューズを手掛けた事でも有名

エルメスのスニーカーはサントーニ製

サントーニの高い技術力は世界中のハイブランドからも注目を集めます。サントー二はこれまでにハイブランドのシューズを数々手掛けてきました。

その中でも大ヒットと言えるアイテムはエルメスのレザースニーカーです。エルメスが2000年頃のリリースしたレザー製のスニーカーはサントーニ製です。ラグジュアリーブランドの雄であるエルメスをも唸らせたサントーニの技術力には脱帽です。

ご存知サントーニ製のエルメススニーカーは世界中で大ヒットを記録しました。

サントーニと世界的ラグジュアリーブランドのコラボレーション

メルセデスAMG

メルセデスAMGとサントーニのコラボレーションは世界中で話題となりました。セレブ愛用の異なる業種のコラボレーションに世界中のセレブレティーやファッショニスタが注目しました。

メルセデスAMGとのコラボレーションによりサントーニのラグジュアリーシューズとしての認知度がさらに高まりました。

IWC

スイスの名門時計ブランドであるIWCとのコラボレーションも話題となりました。グラマラスな装飾を省き高い技術力で世界中の時計好事家に愛されるIWCとサントーニのコラボレーションは以外にも感じましたが、”妥協しないモノづくり”という共通のマインドの合致によりかなりの相乗効果を生みました。

コラブレーションではレザーストラップをサントーニが手掛けています。艶やかなレザーストラップを纏った色っぽいIWCもスタイリッシュです。

サントーニを代表するシューズは?

ダブルモンクストラップ

色気の漂うサントーニの手がけるダブルモンクストラップはセレブご用達itemです。シューレースなしでドレスシューズとして使うことの出来るダブルモンクストラップは英国シューズのイメージが強い。しかしサントーニの手がけるダブルモンクストラップはグラマラスでsexy。

イタリアンクラシコのスーツに合わせてもショートパンツに合わせても様になるダブルモンクストラップです。セレブはあえてバカンスでサントーニのダブルモンクストラップをピックアップするようです。

十八番のハンドペインティングで仕上げられた美しいカラ―も魅力的です。

タッセルローファー

イタリア伊達男御用達のタッセルローファーです。アメリカのオールデンが最初に商品化されたと言われるタッセルローファーもサントーニが手掛けるとセクシーでリッチです。

アンクルレングスのパンツに裸足で贅沢に合わせたい1足です。夏靴の代表でもあるタッセルローファーはリッチなバカンスのお供にも最適です。

キルトシューズ

クラシカルな雰囲気が漂うキルトシューズもサントーニが手掛けるとモダンです。ローファータイプからストラップタイプまでキルトシューズのバリエーションも豊富です。サントーニが得意とするクラシックモダンなデザインを堪能できるシューズです。

リネンスーツやニットジャケットと相性も良さそうです。リゾートstyleからタウンユースまで幅広着こなしに対応してくれます。

レザースニーカー

サントーニと言えば絶対に外せないレザースニーカーです。ラグジュアリースニーカーブームの火付け役でもあり、エルメスがスニーカーの製作の依頼をしたのは、サントーニのレザースニーカーのクオリティーがあまりにも高かったから。高級シューズブランドがスニーカーを発表するきっかけとなった、ラグジュアリースニーカーのパイオニアです。

スーツstyleからバカンスにまでキマるハイエンドなスニーカーは色違いで購入されるセレブも少なくありません。

ストレートチップ

一目で上質な靴とわかるサントーニのストレートチップ。紳士靴から始まったサントーニの基本とも言うべきシューズです。内羽根のクラシカルでドレッシーなイタリアンクラシコを代表するシューズです。ラグジュアリーシューズはやはりクラシカルでベーシックなシューズが美しい。

ベーシックなストレートチップですがサントーニが手掛けるとかなり妖艶です。ドレスアップして合わせたい一生モノのドレスシューズです。

サントーニの色気にセレブは陶酔

圧倒的な技術力と斬新なデザインで伊達男を惑わす

イタリアモノは妖艶な魅力で惑わすとよく言われます。フェラーリやランボルギーニを筆頭にイタリアメイドに伊達男は弱い。イタリア製品は独特の色気を放つアイテムが非常に多い。そしてその色気に世界中の伊達男は骨抜きにされます。

イタリア靴を代表するサントーニは正に妖艶な魅力を放つシューズブランドです。40年足らずでラグジュアリーシューズブランドとして上り詰めたサントーニの魅力は圧倒的な技術力と噎せ返るような色気です。

レディースやジュニアラインも充実しているサントーニ。カップルやファミリーでもサントーニの色気を楽しむ事が出来ます。
セレブの皆さん。バカンスはファミリーでサントーニのレザースニーカーで、粋に決めてみてはいかがでしょうか?

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

サントーニとはイタリアを代表するシューズブランドです。ラグジュアリーで色気の漂うメンズシューズでイタリア伊達男を骨抜きにしたサントーニ。”モダンイタリアンクラシコシューズ”とも称されるサントーニ。イタリア靴独特の妖艶とも言えるデザインとカラーリングにも定評のあるサントーニは”履く事の出来るアート作品”とも言われています。サントーニの高い技術力は、猛者揃いのイタリア靴ブランドの中でも抜きん出ています。今最もセレブレティーが注目するイタリアシューズブランド、サントーニを徹底解剖です。セレブを虜にするサントー二の魅力とは?