HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

色彩魔術ブランド、matthewwilliamson(マシュー・ウィリアムソン)のラグジュアリーな家具とインテリア

ファッション界で色の魔術師と呼ばれているマシュー・ウィリアムソンは、同名のブランド「matthewwilliamson」を展開しています。2016年は彼がデザインしたソファが日本に初上陸し、注目を浴びました。実はソファ以外の商品もあることはご存知ですか?エキゾチック、ボタニカル、クラシカル…、どれをとってもラグジュアリーのひと言に尽きる、マシューの魔法がかった家具とインテリアについてご紹介します。

元Emilio Pucci(エミリオ・プッチ)のデザイナー、マシュー・ウィリアムソン

カラフルで大胆な柄が人の目を惹き付けるEmilio Pucciで2006年から2009年の3年間デザイナーを務めた経歴のある「色の魔術師」の異名を持つマシュー・ウィリアムソンは1971年にイングランドで生まれ、18歳までマンチェスターに居ました。
ポール・スミス、アレキサンダー・マックイーン、24歳の若さでChloé(クロエ)のクリエイティブディレクターに就任したフィービー・フィロといった著名なファッションデザイナーを数多く輩出しているロンドンの名門セントラル・セント・マーチンズ・カレッジを卒業後、翌年には自身と同名のブランド「matthewwilliamson」を展開。
過去にH&M、BVLGARI(ブルガリ)とコラボし、日本では期間限定で都内にあるカフェ3軒とコラボしたこともあります。

現在、ファッションにおけるmatthewwilliamsonはサングラス、ビーチウェア、パーティードレスなど女性向けを軸にし、家具とインテリアにも手を広げ、異文化が集う故郷のマンチェスターを思わせる側面と彼の独創的な世界観がデザインに表れています。

離れて見るのと、近くで見るのとでは違いを感じる壁紙

壁紙とファブリックを専門にしているOsborne&Little(オズボーン&リトル)とコラボした壁紙。上記の壁紙、ラテン系の「ARINI」シリーズは、オウムが木に留まっている時と飛んでいる時の姿を縦並びで交互に描いています。
中国の竜をイメージした「CELESTIAL DRAGON」、ヤシの木の群生を絵画チックにした「COCOS」シリーズなど、マシューがデザインした壁紙は近くで見ることにより、初めてモチーフに気付き、それが何であるかハッキリとわかるようになっています。遠くから離れて見た時、モチーフが繋がって別の模様に見える所がポイント。

最高のデザインで覆われた最高のソファ

英国最高峰と謳われ、ブレア元首相、英国大使館、ロイヤルファミリーを顧客に持つソファ専門ブランドのDURESTA(デュレスタ)とコラボしたソファ。日本では2016年に大塚家具が5店舗限定で取り扱いました。高級感漂うラグジュアリーなソファのデザインは数種類のみと少なめ。しかし、最強のタッグである事実に変わりはありません。

日本への初上陸時はこんな評価がネットで載りました。

名門家具ブランドならではの伝統と確かな技術をもとに、ウィリアムソン独自の色彩感覚と美意識によって生まれた家具は、どんなスタイルのリビングでも主役になれる佇まいだ。なかでも、プリントのマイスターであるウィリアムソンが手がけたコレクション専用のファブリックは秀逸。蝶やオーロラをモチーフにした華やかで独創的な模様は、優美でクラシカルな魅力に溢れている。

拘りが深いクッションたち

光沢を放つトルコ石をイメージした刺繍に琥珀織りと呼ばれる絹織物タフタを組み合わせた「NAVY JALI TRELLIS CUSHION」、遊び心を持たせて小さなコインを両端に付けた「ZANSKAR COIN TRIM CUSHION」など、1つ置くだけで部屋の雰囲気をガラリと変えてしまうクッションが揃っています。

フラミンゴの足をモチーフにしたテーブル

フラミンゴの下肢を脚にしたテーブル「GREEN NESTING TABLES」。床と鮮やかな色の天板を支える足の先が特徴的。天板が半円月で、壁に面して置けるバージョンもあります。

電源がオフの時でも演出力の高いランプ

ダチョウの羽毛をイメージしたランプ「Feather Lamp」は、背の低いヤシの木のように佇み、明かりを灯すと辺りをムーディーな雰囲気に染めてくれます。
ベッドの頭元に置けるテーブルランプは支柱が独特。ゴールドのパイナップルで煌びやかだったり、木の枝に扮した支柱に数羽の小鳥を留まらせたホワイトの商品もあり、夢見が良くなりそうなデザインが豊富です。

インテリアとしての活用が期待出来るノート

ステーショナリーも販売しているmatthewwilliamson。ハート模様が入ったクジャクの羽と豹を組み合わせた「LEOPARDO」、蝶が万華鏡のようになって花を描いている「BUTTERFLY WHEEL」といった派手なデザインをカバーにしたノートたちは人目に触れやすい本棚やブックコーナーに置くと、インテリアとして活用出来ます。

窓の向こう側に広がる景色を美しく感じさせるカーテン

向きとサイズが違うトンボを配置した「Dragonfly Dance」はモダンチック。下から上に飛ぶ複数の色で染まった蝶たちを白地に描いたヨーロピアンな「Butterfly」他、壁紙でも使用している定番のデザインもあります。カーテンを左右に開けることで、窓の外に広がる景色を美しいと感じたり、人によっては、それはまるで新しい世界が飛び込んでくる衝撃的な物に近いかもしれません。

レトロ可愛い3種類の瓶

キッチンまたはリビングに置きたいレトロ可愛い瓶は、オウム、インコ、パイナップルの3種類。シンプルな色で統一しています。

最後に

如何でしたか?マシューのデザインはとても数が多く、今回だけで全てをご紹介することは出来ませんでした。ラグジュアリーな空間を求めている人、他にどんな商品があるのか興味が湧いた人は下記のURLからぜひどうぞ。あなたの理想的な家具、インテリアがmatthewwilliamsonで見つかるといいですね。

公式オンラインショップ:https://www.matthewwilliamson.com/

INTRODUCTION of THE WRITER

rensui510
name. rensui510
ドビュッシー『月の光』が好きです。ピカソに習い、小鳥の鳴き声やカエル1匹にも自然の美を見出すことを心掛けています。

RELATED

ファッション界で色の魔術師と呼ばれているマシュー・ウィリアムソンは、同名のブランド「matthewwilliamson」を展開しています。2016年は彼がデザインしたソファが日本に初上陸し、注目を浴びました。実はソファ以外の商品もあることはご存知ですか?エキゾチック、ボタニカル、クラシカル…、どれをとってもラグジュアリーのひと言に尽きる、マシューの魔法がかった家具とインテリアについてご紹介します。