HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

自然・建築・アートの共生 “ ベネッセハウス ”

香川県の瀬戸内海上に浮かんでいる「直島」という場所をご存知ですか?香川県といえば「うどん県」と呼ばれるほどうどんが人気の県です。しかし、香川県香川郡にある直島は「アートの島」と呼ばれているほど島全体にアート作品が溢れています。今回はそんなアートの島、「直島」にあるベネッセハウスをご紹介させていただきます。

ベネッセハウスとは?

naoko.nさん(@naokonakanaka)がシェアした投稿 -

ベネッセハウスは「ベネッセアートサイト直島」にあるホテルです。当時の直島町長が「教育的な文化エリアの開発」を望んでおり、現在のベネッセコーポレーションの創業社長、福武哲彦氏がその思いに賛同して作られました。そして1992年、ベネッセアートサイト直島に「自然・建築・アートの共生」をコンセプトとした「ベネッセハウスミュージアム」という宿泊施設が誕生したのです。このベネッセハウスは美術館と宿泊施設が一体化した大変珍しい施設です。このベネッセハウスミュージアムの開館以降も「オーバル」、「パーク」、「ビーチ」とテーマに沿って新しい建物をオープンさせています。

ベネッセハウスの特徴は?

Piet Massugerさん(@pietmassuger)がシェアした投稿 -

ベネッセハウスの特徴は「アートな世界に宿泊できる」ということです。もちろん宿泊施設であることには変わりないのですが、館内のミュージアムだけではなく、共有エリアから客室までありとあらゆる場所が芸術作品の展示スペースになっています。この屋外に展示されている作品のほとんどは作家が直島で製作した作品となっています。

また、このベネッセハウスを手がけたのは日本を代表する世界的な建築家である安藤忠雄氏です。安藤氏は東京都にある表参道ヒルズや青山の国際芸術センターなど手がけており、華美な建築ではなく「自然と調和」する作品が多いことで知られています。

建築を知るためには体験することが一番、と考える安藤氏が手がけたホテルは、まさに建築を知るために作られたような作りです。

それでは次にベネッセハウスの魅力について迫ります。

ベネッセハウスの魅力

HONAさん(@hona0515)がシェアした投稿 -

自然と建築、アートが一体化したベネッセハウスにはどんな魅力があるのでしょうか。

<個性的な部屋>

ベネッセハウスにはコンセプトに沿った部屋が用意されています。それぞれみてみましょう。

① ミュージアム

作品の近くに、をコンセプトにした美術館の中にある宿泊施設です。客室にはそれぞれ収蔵作家の作品が展示されています。

ベネッセハウスミュージアムの中で一番高い場所にあるツイン、バスルームから海が見えるデラックスツイン、ミュージアムに一部屋しかなく、4名まで宿泊できるファミリースイート、客室から屋外作品を眺めることができるミュージアムスイートの4種類が用意されています。こちらのミュージアムは5歳以下のお子様は宿泊できないのでご注意ください。

② オーバル

オーバルに宿泊する人しか入れないこの施設は、ミュージアムからモノレールで移動します。床から天井までの大きな窓から瀬戸内海が一望でき、贅沢の極みとも言える建物です。

ベネッセハウス全ての建物の中で一番高い場所にあるツインは4部屋ありますが、その中で一部屋だけデイヴィッド・トレムレットがこの客室のためだけに作成した作品が展示されているお部屋があります。
オーバルスイートは2部屋用意されており、それぞれスイートのために作られた作品が展示されています。異なる作家による作品のため、どちらの部屋を選ぶか悩みますね。

オーバルもミュージアム同様、5歳以下のお子様は宿泊できません。

③ パーク

安藤忠雄氏の建築の中では珍しい木造の建築物です。パーク、という名前から想像できる通り、客室にあるベランダからは四国の山並みまで見ることができます。ツイン、ダブル、デラックスツイン、ダブル、スイートのお部屋があり、どのお部屋からも屋外作品と瀬戸内海を見ることができます。こちらの建物はお子様も宿泊できます。

④ ビーチ

ベネッセハウスで一番海辺に近い場所に建つ施設です。全ての客室をスイートタイプで作っており、瀬戸内海の水面と目線の高さが合うように設計されています。

スイート、スイートダブル、と2種類の部屋があります。スイートのみ、お子様のご宿泊が可能です。

ベネッセハウスの楽しみ方

Sumireさん(@bellezza__s)がシェアした投稿 -

コンセプトごとに異なる表情を見せてくれるお部屋が魅力のベネッセハウス、お部屋以外ではどんな楽しみがあるのでしょうか。

① 部屋から見えるアートの世界

ベネッセハウスは客室だけではなく、客室から見えるアートの世界も楽しみの一つです。ドットモチーフで有名な草間彌生氏の「南瓜」の大きなオブジェが見える部屋もあります。

② ラウンジでのんびりする

ベネッセハウスのラウンジは宿泊者になんと無料で飲み物が飲めるラウンジを解放しています。「え?のんびりするだけ?」と拍子抜けすることはありません。たくさんの書籍や芸術書が置いてあり、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

③ 食事を楽しむ

直島にはコンビニエンスストアは1件しかありません。さらに24時間営業ではなく朝6:30から22:00までです。その他飲食店も数件ありますが、閉店時間も早く、気がついたらお店が閉まっていてご飯が食べられない、ということもあり得ます。

ベネッセハウスにはレストランも併設されています。パークには海が目の前に見えるテラスレストラン、ミュージアムには瀬戸内海の意味の幸が存分に味わえる日本料理があります。ぜひレストランを利用してアートの世界での食事を楽しんでください。

ベネッセハウスへのアクセス方法は?

@sawatoyがシェアした投稿 -

ベネッセハウスのある直島は高松港、宇野港からのアクセスが最も便利です。フェリーは予約制ではないので、時間に余裕を持ってチケット売り場に並ぶことをお勧めします。

直島の宮浦港からベネッセハウスまでは宿泊者専用の送迎バスが出ています。19時以降の到着の場合は予約が必要ですので、必ず到着時刻を確認してホテルへ電話をしましょう。

ベネッセハウス公式サイト:http://benesse-artsite.jp/

いかがでしたでしょうか。ちょっとアクセスは不便ですが、その分他では味わえないアートの世界を楽しむことができます。ぜひ足を運んでみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

香川県の瀬戸内海上に浮かんでいる「直島」という場所をご存知ですか?香川県といえば「うどん県」と呼ばれるほどうどんが人気の県です。しかし、香川県香川郡にある直島は「アートの島」と呼ばれているほど島全体にアート作品が溢れています。今回はそんなアートの島、「直島」にあるベネッセハウスをご紹介させていただきます。