HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

自宅でかんたん!オススメのトレーニングを紹介します!

痩せたい!スタイルを良くしたい! でもジムに通う時間がない・・そんなあなたに自宅でもできるオススメのトレーニングをお教えいたします。 トレーニングで身体を鍛えればダイエット効果はもちろん、日々の仕事でたまったストレス解消にもつながり気分スッキリ!快適な毎日を送れるようになりますよ!

トレーニングをはじめましょう!

今、日本は空前の健康ブームです。
テレビや雑誌、インターネットには健康・ダイエットに関する情報でいっぱい。ほとんどの駅前にはフィットネスクラブやスポーツジムがあり、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?
でもフィットネスクラブやジムに通ってみたいけど、トレーニングとかしたことないし、恥ずかしい。入会する勇気がない・・なんて思っている人も多いはず?
では、まず自宅でもできるかんたんなトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?
それなら自分のペースでできるからトレーニングをしたことがない人でも安心だし、人の目を気にすることもありません。何より、自宅でできればジムに行き来する時間もかからないので忙しい方でも大丈夫です!そしてトレーニングに慣れてきたり、もっとしっかりやりたいと思うようになったらジムに入会してみてもいいと思います。
それでは、かんたんなトレーニングからいくつかご紹介していきます!

スクワット(下半身のトレーニング)

スクワットとは膝の屈伸運動で主に下半身を鍛えるトレーニングです。
「キングオブエクササイズ」と呼ばれるほど、トレーニング効果の高い種目であり、多くの人が行っています。女優の森光子さんも毎日続けてやっているそうで、どなたでもかんたんにできます。
上半身(背中)が丸まらないように胸を張って立ち、ゆっくりと腰を下ろしながら膝を曲げていきます。この時、膝がグラグラしないように注意します。また膝がつま先よりも前に出てしまうと膝を痛めてしまうことがあるので気をつけましょう。
太ももが床と平行になるくらいまで腰を下ろしたら、そこで1秒ほど止めてからゆっくりと立ち上がります。呼吸は止めないように息を吐きながら腰を下ろし、息を吸いながら立ち上がります。
この動作をまずは10回ほど繰り返し、休憩を入れながらあと1~2セット続けてみましょう。
背中が曲がっていないか、膝の角度がおかしくないかを鏡を見ながらやってみてください。

アップライトローイング(肩のトレーニング)

肩こり解消にオススメのトレーニングです。
ダンベルという重りを持つことで効果が上がりますが、当然ご自宅にダンベルがあるという人は少ないと思います。まずは上の動画をみて重りを持たずに形だけをマネしてみてください。何回か続けていくと肩が疲れてくると思います。重りを持たずに10回2~3セットやってみて、それでも物足りないという人は500mlのペットボトルに水をいっぱい入れてみましょう。これで500gのダンベルがわりとして使ってみてください。
ダンベルはネット通販などで気軽に買えるので、軽めのものから買ってみても良いかもしれません。

プッシュアップ(胸・二の腕のトレーニング)

いわゆる腕立て伏せです。
このトレーニングは胸と二の腕を鍛えることができるので特に女性にはオススメの種目です。
しかし、腕立て伏せができない。そもそも腕立て伏せの態勢で自分の体重を支えられないという人も結構いるようなので、そういう人は動画のように膝をついた態勢でやってみてください。それならできるという人も多いはずです。
肘の曲げ伸ばしをできるだけしっかりやってください。

背中のトレーニング

背中を鍛えると姿勢が良くなります。
姿勢が良くなれば見た目も良くなりますし、慢性的な肩こりや腰痛への負担が少なくなります。
また脊柱起立筋という大きな筋肉を鍛えることで全身の代謝が良くなり痩せやすい身体になります。
うつ伏せで寝た状態で両手、両足をしっかり伸ばし背中を反らしながら手足を上に上げる運動を繰り返します。呼吸は止めないように力を入れる時は息を吐きながら、力を抜く時に息を吐きましょう。
尚、トレーニング中に腰の痛みを感じる場合は無理をしないでください。

腹筋のトレーニング

トレーニングといえば腹筋を鍛えたい!とお思いの方が多いはず!
ぽっこりお腹を解消させたい人はぜひ腹筋を鍛えましょう!
腹筋のトレーニングにはたくさん」の方法があります。また腹筋の上の方とか下の方といった鍛えたい場所によってもやり方が変わってきます。今回ご紹介するトレーニングは主に腹筋の下の方を鍛えるトレーニングです。
まずは膝を曲げた状態で座り、背中をまっすぐに伸ばし、両手を前に伸ばします。
背中を丸めながら上半身を後ろに倒していきます。(息をはきながら)
指先が膝の上あたりにきたら1秒ほど止め、背中を伸ばしながら上半身をスタートの位置に戻します。
この動作をゆっくりと10回ほど繰り返し2~3セット行います。
いかがでしょう?お腹の下の方を使う感じがわかりますか?
慣れてきたら両膝の間にクッションなどを入れてしっかりと挟んでみてください。ももの内側にも刺激が入り腹筋がさらに鍛えられます。

自分のペースで目的に合わせたトレーニングを!

今回は多くの人が気になるであろう部位のトレーニングを比較的かんたんにどなたでもできる方法をご紹介いたしました。これならご自宅でもやりやすいと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。
ダイエットが目的の人は上記のトレーニングにプラスしてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うとダイエット効果が上がります。
トレーニングの頻度ですが、できれば1日おきに週3回くらいが理想ですが、ご自分の生活のペースに合わせてやってください。
もしトレーニング中に身体に痛みや異変を感じた時は無理をしないように気をつけましょう。

まずは自分のペースでできるかんたんなトレーニングから始め、だんだんとレベルアップしていくことでトレーニングに目覚めてくるかもしれません。
トレーニングとは自分の身体と向き合うことです。
トレーニングを始めることで、あなたの生活がさらに充実したものに変わるはずです!

INTRODUCTION of THE WRITER

k.08usa
name. k.08usa
整体やトレーニング関係の仕事もしています

RELATED

痩せたい!スタイルを良くしたい! でもジムに通う時間がない・・そんなあなたに自宅でもできるオススメのトレーニングをお教えいたします。 トレーニングで身体を鍛えればダイエット効果はもちろん、日々の仕事でたまったストレス解消にもつながり気分スッキリ!快適な毎日を送れるようになりますよ!