HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

”自分で歩く”アートの島≪直島≫を巡る~芸術の旅~

いつもの旅行と一味違うアートを巡る旅をしてみませんか?自分だけの一人旅にも最適。島全体がアートになっているため撮影が趣味の方、芸術に触れ合いたい方に、いつもと違う旅をしてみたい方におすすめです。

アートの島「直島」ができるまでの歴史

アートの島『直島』は香川県香川郡に属する小さな島です。元々鉱業の町として盛んであったのですがバブルがはじけてから衰退してしまいました。しかし、福武書店の創業者である福武哲彦さんと町長が「世界中の子供たちが集える場所を作りたい」という想いからアートの島が誕生したのです。

おすすめポイント①赤かぼちゃ・黄かぼちゃ

直島は名前の通り離島になるので、アクセスはフェリーです。フェリーから降り立つと草間弥生さんの≪赤かぼちゃ≫・≪黄かぼちゃ≫のオブジェがお出迎えしてくれます。
様々な作品を手掛けている草間弥生さんのファンなら必ず行きたい場所です!直島に数ある作品の中でも代表的な作品であり、この直島で必ず実物をチェックしておきたいものです。

おすすめポイント②地中美術館

安藤忠雄設計の≪地中美術館≫があります。美術館の中では価格が少し高めに設定されていますが、所要時間が1時間くらいで、広い土地を活用した作品が多く、少人数でしか入れない光のアート作品があるそうです。都心にある美術館とは一味違った作品を楽しめるそうなのでぜひ足を運んでみて下さい。
実際に旅行者の感想に「チケット売り場が離れていて困った」とありますので注意してくださいね。

おすすめポイント③民泊体験

民泊の利用をしてみてはいかがでしょうか?民泊とは島の人が住んでいる場所に宿泊させてもらうというもの。直島の中にアート作品は数え切れないくらいたくさんあります。島で宿泊すれば夜のアートをゆっくり・じっくり鑑賞することができ、島の人々に触れ合うこともできます。「ベネッセアートサイト直島」のサイトから予約ができます。

アクセス方法

直島には宮浦港と本村港と2つの港があり、岡山県の宇野港から直島の宮浦港向かうフェリーが一番距離が近いです。直島の中は自転車、バス、レンタカー、など自分のペースで回れるのが魅力です。タクシーは島に一台しかないため他の旅行者が1日利用して使えない場合があります。自分のペースで歩いて回るなら、自転車がおすすめです。アクティブに動くことができ、バスや車では気づけない島の魅力を発見することができます。

まとめ

いつもの旅と違うひとときを過ごすならアクティブで別世界を楽しむのにおすすめの島です。友達や家族はもちろん、会社の人と社員旅行として回るのも楽しい思い出になり、普段は気づけない社員の姿を見ることができるかもしれません。

INTRODUCTION of THE WRITER

kiko
name. kiko
金融関係のお仕事をしています。結婚1年目で仕事も家庭も趣味も実現させることを目標に日々精進しています。趣味は旅行・ファッション(服やアクセサリーを作ること、コーディネートすること)バイクに乗ること(CB223に乗っています)です。
画像は新婚旅行で行ったカナダイエローナイフで見たオーロラの写真です。自分の生活から感じた日常を様々な視点から執筆したいと思っています。よろしくお願いいたします。

RELATED

いつもの旅行と一味違うアートを巡る旅をしてみませんか?自分だけの一人旅にも最適。島全体がアートになっているため撮影が趣味の方、芸術に触れ合いたい方に、いつもと違う旅をしてみたい方におすすめです。