HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

美味しい料理に大満足! 今すぐ泊まりたい高級オーベルジュ5選

今話題の宿泊できるレストラン「オーベルジュ」。時間を気にせず、心行くまで美味しい料理と美味しいお酒を楽しめるとグルメ通から大人気!ここでは全国のおすすめオーベルジュスポットをご紹介していきます。

大沼鶴雅オーベルジュ エプイ

2016年8月にオープンしたばかりの大沼鶴雅オーベルジュ エプイ。北海道で育ったホテルの約80㎞圏内で栽培された食材を使った料理は5感で楽しめると大好評です。運営しているところも北海道で多くの温泉旅館やホテルを経営している「鶴雅グループ」で安心!

敷地はなんと2万坪! レストランはガラス張りになっているので美しく手入れされた庭園を眺めながら創作料理を楽しめます。ディナーには、世界各地から集められたヴィンテージワインも楽しむことができて◎。バーラウンジ クロフォードには鉄道ジオラマがあるのでお好きな人はぜひ!

宿泊する場所も充実しています。露天風呂があるツインルームも用意されているので日ごろの疲れが吹き飛ぶはずです。

住所:北海道亀田郡七飯町大沼町85-9
電話番号:0138-67-2964
参考URL:http://www.onuma-epuy.com/

オーベルジュ天空

@ricoco25がシェアした投稿 -

島根県で人気のオーベルジュといえばこちら。国立公園大山の中にあるオーベルジュで標高800mと場所に位置します。大自然に囲まれてのんびり過ごしたいという夢を叶えてくれますよ。ホテルからは大山の木々の様子や日本海を眺めることができて◎。

1Q83さん(@0zeki)がシェアした投稿 -

お食事はフランス料理、日本料理のエッセンスを取り入れたイタリア料理が楽しめるリストランテ天空で。モダンなインテリアでまとめられたレストランでは、地元の食材が積極的に使われています。時期によってはヒオウギ貝なども楽しめます。

客室もアンティーク家具付きで独特な雰囲気。同じデザインの部屋がない所もスペシャル感を演出しています。部屋にはプライベートテラスもあり、空を眺めてゆったりすることも。全7室なので予約はお早めに。

住所:鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷2-1
電話番号:0859-48-6002
参考URL:http://www.tenku-kyoukai.jp/auberge

オーベルジュ アマファソン

阿蘇・くじゅうを訪れたのならぜひとも宿泊したいオーベルジュ アマファソン! アマファソンとはフランス語で自分らしくという意味。まさに自分らしい最高の旅になること間違いなしです。腕をふるうのはテレビ番組でも活躍したこともある小幡洋二シェフ。

提供される料理は目でも楽しめる色鮮やかなフレンチ! 漢方ソースなども使われているので健康志向の人にもおすすめです。料理の温度調節も抜群で、ベストタイミングで運ばれてくる料理たちはまるで芸術作品のよう。

客室は南仏リゾートをイメージして作られていて◎。デラックスルームにはダイニングも付いていて親しい人とリラックスして過ごすことができます。

住所:大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-10
電話番号:0967-44-0048
参考URL:http://www.amafacon.com/

里山のオーベルジュ 薪の音

一日3組しか宿泊することができない究極のオーベルジュが富山にあります。五箇山にもほど近く、何もしないという贅沢が分かる大人の隠れ家として大人気。レストランの窓からはどこかで見たような里山の風景が広がります。スタッフのホスピタリティも最高と口コミでも話題です。

@foodbrowserがシェアした投稿 -

食べられる料理は地元食材を利用したフレンチを基本とするコース。オーナー自らが育てた野菜が提供される場合も有ります。美味しさはもちろんですが、食の安全にもこだわりたいという人にも大人気。

客室も真の快適さを考えて作られていて◎。部屋のタイプは3つ。二面開放ウィンドウと陶磁器のお風呂が楽しめる枝椿、和風モダンの雰囲気で檜のお風呂に入れる小桜、ジャグジー風呂で疲れが癒される四花菱とお好みでお選びください。

住所:富山県南砺市野口140
電話番号:0763-62-3255
参考URL:http://www.makinooto.co.jp/

オーベルジュ ル・タン

@yooco.sがシェアした投稿 -

仕事で遠くへの旅行は難しいけどプチリフレッシュしたいという人には、1989年にオープンしたオーベルジュ ル・タンがおすすめ。自家農園で作られた採れたての食材が味わえます。東京からのアクセスも良いので、自分へのご褒美に週末にお出かけするのにぴったりです。

@deutzia_crenataがシェアした投稿 -

食べられるのは生産者が見える食材が使われた究極のフレンチ。その季節、その日にぴったりの料理が提供されます。腕をふるってくれるのは18歳から料理人として都内でも修行を積んだベテランの三輪良平さんです。

朝の光が優しく部屋を包み込み目覚めが最高と評判の客室もあなたの疲れを癒してくれるでしょう。富士山が見えるプライベート温泉もあります。明日からまた頑張ろうという気分になれますよ。

住所:静岡県伊東市十足614−187
電話番号:0557-45-5181
参考URL:https://www.le-temps.jp/

最高の料理を楽しもう!

最近疲れたなと思った時は、美味しいものを食べてゆっくり眠るのが一番! ぜひご紹介したオーベルジュでリフレッシュして下さいね。

INTRODUCTION of THE WRITER

さとひろろ
name. さとひろろ
始めまして。
趣味が旅行のアラサーです。
歴史的な建造物が好きです。

RELATED

今話題の宿泊できるレストラン「オーベルジュ」。時間を気にせず、心行くまで美味しい料理と美味しいお酒を楽しめるとグルメ通から大人気!ここでは全国のおすすめオーベルジュスポットをご紹介していきます。