HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

美しいクーペスタイル ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”

メルセデス・ベンツCLS Coupeは、ラグジュアリー性の高いマシンであるEクラスをベースに、クーペスタイルを採用した4ドアサルーンです。メルセデス・ベンツCLS Coupeは、Eクラスのラグジュアリーと快適性を持ちつつ、クーペスタイルを採用したことでスポーティーな走りを魅力としています。

メルセデス・ベンツCLS Coupe

メルセデス・ベンツCLS Coupeとは

”メルセデス・ベンツCLS Coupe”は、ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツから販売されている4ドアクーペです。同じくメルセデス・ベンツのラグジュアリーサルーンである”Eクラス”をベースに開発されたマシンで、4ドアセダンながら2ドアクーペのようなスタイリングが特徴的なマシンとなっています。2005年に初めて販売された ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”は、現在2代目となっており、その人気の高さが伺えます。メルセデス・ベンツCLSクラスには、セダンのCoupeと、ステーションワゴンタイプのShooting Brakeの二つのボディタイプがありますが、今回紹介していくのはCoupeタイプのCLSです。 ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”には、2タイプのモデルが用意されており、780万円からのディーゼルエンジン搭載車のCLS 220 dとガソリンエンジンモデルの988万円からのCLS 400です。

スタイリッシュなクーペスタイルが引き立てるCLS Coupeの魅力

”メルセデス・ベンツCLS Coupe”の魅力としてまずあげられるのは、そのクーペスタイルのボディでしょう。メルセデス・ベンツEクラスの快適性とラグジュアリーを備えつつも、クーペスタイルのボディがサルーン独特の重量感を軽快なイメージに変えています。サイドウィンドウは一列目シートと二列目シートの間のピラーが取り払われたピラーレスとなっており、フロントからリアまで滑らかに流れるアーチ状のルーフラインとともに、マシンをよりスタイリッシュでスポーティーな印象に仕上げています。

力強いトルクが抜群の加速力を生み出す’メルセデス・ベンツCLS Coupe”

”メルセデス・ベンツCLS Coupe”のエンジンには、"CLS 220 d"のためのディーゼルエンジンとと”CLS 400”のためのガソリン・エンジンの二つが用意されています。ディーゼルエンジンは2,142cc直列4気筒ターボチャージャー付きDOHCエンジンで177ps/400Nmのパワーを発揮します。ガソリン・エンジンは、3.497ccV型6気筒ターボチャージャー付きDOHCエンジンで333ps/480Nmを生み出します。どちらもパワフルなエンジンであり、CLSの快適な走行性能を引き出しつつも、ディーゼルエンジンが18.5km/L、ガソリン・エンジンが12.5km/Lという高燃費を実現しています。どちらも400Nm以上のトルクを発揮し、抜群の加速フィーリングをドライバーに感じさせます。

Eクラス+スポーティ ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”

ドイツの名門自動車メーカーであるめるから販売されている4ドアクーペの ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”について紹介してきました。 メルセデス・ベンツCLS Coupeは、4ドアサルーンであるEクラスの快適性とラグジュアリーを継承しつつも、よりスポーティーで軽快なスタイルと走りを融合させた優れたマシンです。フロントからリアへと流れるようなスタイルは、4ドアサルーンの重厚感と威厳を保ちつつも、スポーツ性と滑らかさを併せ持つ見事な設計となっています。スポーティーな4ドアサルーンが魅力的に感じるのであれば、 ”メルセデス・ベンツCLS Coupe”はベストな選択になるでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

メルセデス・ベンツCLS Coupeは、ラグジュアリー性の高いマシンであるEクラスをベースに、クーペスタイルを採用した4ドアサルーンです。メルセデス・ベンツCLS Coupeは、Eクラスのラグジュアリーと快適性を持ちつつ、クーペスタイルを採用したことでスポーティーな走りを魅力としています。