HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

罪悪感ゼロ!話題のおやつ「ブリスボール」って何?

チョコレートやケーキ、クッキーやゼリー。羊羹や最中など、洋菓子和菓子問わず、甘いものはお好きですか?砂糖は摂り方によって、万病のもとになることをご存知でしょうか。今回は、砂糖の危険性と、砂糖不使用で話題の「ブリスボール」についてご紹介します。

白砂糖はなぜ怖い?

まず初めに、近年なぜ、砂糖の危険性が注目されているのかみていきましょう。

白砂糖の危険性が示唆されているその理由は、精製されたものであるためです。
ほぼ純度100%のショ糖は、胃に入れば胃壁から極めて急速に血中に吸収されます。そうすると、膵臓では血糖値の急激な上昇を抑えるため、慌ててインスリンを分泌します。急激な血糖値上昇は、膵臓への負担が大きいのです。
そして、急激に血糖値が上昇すると、余分なエネルギーを細胞内へ蓄積する方向へ作用し、結果的に体脂肪が増加するのです。

また、近年、砂糖の中毒性が問題視されています。
空腹時に砂糖を多量摂取するラットの脳内では、コカイン・モルヒネ・ニコチンなどの依存性物質による変化と似た神経化学的な変化が起こっていると言われており、空腹であるラットが砂糖を摂取すると、ドーパミンが放出されることが分かっています。このドーパミンによる快感が動機となり、砂糖摂取を反復することにより依存が生じるのです。

白砂糖を避ければダイエットにも!

砂糖を避ければ、もちろんダイエットにも効果的です。
自宅で砂糖を使用する場合には、できるだけ精製糖でないものを使用すると良いでしょう。
ただ、コーヒーに砂糖を常用している方は、なるべく使用を控える必要があります。

砂糖の入ったお菓子や飲み物、料理は、決して体に良いものだとは思わないようにしましょう。そして、甘いものが減るという事は、摂取カロリーが減るほか、血糖値の上昇が緩やかになるので、太りにくくなるのです。

砂糖ゼロ!添加物ゼロ!「ブリスボール」とは?

オーストラリア発の、ナッツ、ドライフルーツ、スーパーフードなどを混ぜて、まるめたお菓子が、今話題の「ブリスボール」です。
栄養たっぷりな上、カラフルで可愛らしい見た目から、インスタジェニックなスイーツとしても有名になりつつあります。

No Sugar(砂糖なし)
No Gluten(グルテンフリー)
No Additives(添加物なし)

をコンセプトとしており、ヘルスコンシャスの人たちの間では早くから噂となっていました。
2016年4月に、日本初となるブリスボール専門店が都内に出店し、見た目の良さ、質の良さから、最近では手土産としても人気です。

去年のオーストラリアや 今年のニュージーランドでも 買い漁って食べていた#bilssballs ブリスボールは デーツやイチヂクやレーズンやベリーなどの ドライフルーツにカカオやナッツが入った #nonguilty なヘルシーオヤツで、 オーストラリア発祥と言われていて ヨギーな人々の間でよく食べられてるもの。 パワーフードだし体にも良いし、 小腹も満たせるから日本でも流行りそう。 自分でも作ることができます。 私も見よう見まねで作ってたけど イマイチコレって正解?と思ってたの。 と思ったら、日本でブリスボールの 専門店を立ち上げた女子を発見。 #food jewelry の坪井玲奈ちゃん。 東大卒の才女でヨギーで 真っ直ぐな目がキラキラしてて パワーも行動力も素晴らしい! 早速、 HBAの有資格者向けにブリスボールの ワークショップインストラクター講座 をお願いすることを決定!! 私も自分で作れるようになって いろいろなアレンジレシピを 公開するねー!! また楽しみなネタが増えたぞー! 元々、デーツとナッツの組合せは 大好きだし、コレってめっちゃ 婦人科系のケアになるよねーと 思ってたんだよね。 韓国ではナツメすなわちデーツは 女性の味方&老化防止として有名で、 1日3個のナツメで歳をとらない とまで言われるほど。 確かに、栄養価も繊維も豊富だし 美味しいし、罪の意識が無いスイーツだよね。 ブリスボールは砂糖やグルテンや乳や卵を使わないロースイーツでもあるし、スーパーフードの塊でもあるから、 ジャンクフードの代わりにもっともっと普及して欲しいのだよねー。 ってことで、玲奈ちゃんの知恵を借りながら、安心安全なオヤツ作りに挑戦して行こうと思います!! #ホリスティックビューティ #ブリスボール #food jewelryめちゃ美味しかった!早くオリジナル作りたいっ!!

Beniko Kishiさん(@kishibeniko)がシェアした投稿 -

「ブリスボール」の魅力~素材~

ブリスボールに使われている素材は、Organic(オーガニック)とMore Natural(モアナチュラル)の2種類に分けられています。

「Organic」は、すべてオーガニック認定を受けた素材からできたブリスボールで、「More Natural」は、オーガニック認定は受けていないものの、減農薬など厳選した品質の素材からできたブリスボールです。

小麦粉、卵、乳をしようしていないので、これらのアレルギーを持つ人も安心して食べられます。

「ブリスボール」の魅力~栄養価~

果物やナッツ類、オーツ麦などを丸めて作られるブリスボールですが、その栄養価は高く、おやつとしてと言うよりは、食事を十分に摂れていないために感じてしまう空腹を抑えるための、「補食」としての利用がオススメです。

使用している素材により栄養価は異なりますが、カカオを使用したブリスボールは、ポリフェノールが多く含まれているので、抗酸化作用が期待でき、老化予防に役立ちます。

スーパーフードとして名高い「キヌア」を使用したブリスボールは、身体を健やかに保つのに欠かすことのできない、必須アミノ酸をバランスよく含んでおり、ダイエットにも最適です。

どのブリスボールも、多くの食物繊維やビタミンが含まれていることに間違いはありません。
また、一般的な菓子類よりも低GIで、太りにくいお菓子と言えるでしょう。

「ブリスボール」の魅力~可愛らしい見た目~

ブリスボールと言えば、カラフルな見た目が特徴です。
無添加・無着色で安心ながら、色鮮やかで、丸くコロンとした可愛い見た目は、まさにインスタジェニック。
ホームパーティーセットや、結婚式の引き出物セットも販売されるほどです。

砂糖不使用の「ブリスボール」。画像を見ているだけでも、なんだか癒されますね。

無添加・無着色、グルテンフリー、オシャレで身体に良いおやつとは、なかなか見つけられるものではありません。
美容や健康を意識している友人への手土産や、母の日のプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。
もちろん、ご自身のダイエットや、心と身体の調子を整える「メンテナンスフード」として用いるのも良いですね。

INTRODUCTION of THE WRITER

FOOD & HEALTH
name. FOOD & HEALTH
管理栄養士として保健指導業務をこなす傍ら、
日々健康とは何かと模索しています。

RELATED

チョコレートやケーキ、クッキーやゼリー。羊羹や最中など、洋菓子和菓子問わず、甘いものはお好きですか?砂糖は摂り方によって、万病のもとになることをご存知でしょうか。今回は、砂糖の危険性と、砂糖不使用で話題の「ブリスボール」についてご紹介します。