HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

究極の炊飯器と言われる 「 バーミキュラ ライスポット 」 の実力は?

長年使っている炊飯器、まだまだ使えるけれど、なんだか炊きあがりに満足がいかない。 土鍋や人気のホーロー鍋でご飯を炊くと旨味が全然違うと言うけれど、難しそうで挑戦できない。 簡単に美味しいごはんが炊ける炊飯器は?と探し始めたけれど、種類がありすぎてよくわからないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。 毎日食べるご飯だからこそ、おいしいものを食べたい。バーミキュラ ライスポットはそんなあなたにぴったりの新しい形の炊飯器です。 ライスポットで炊いたご飯と具沢山のお味噌汁、漬物さえあれば贅沢な食卓の完成ですよ。

バーミキュラ ライスポットの価格と特徴は?

由佳さん(@yuukaaaa_18yk)がシェアした投稿 -

ライスポットは2018年2月時点で5合炊きが¥79,800(税抜)、3合炊きが¥64,800(税抜)となっています。炊飯器は1万円を切るものから、上位機種と言われる10万円近いものまで存在しますが、ライスポットは上位機種に相当する製品です。確かに価格は高いですが、そのこだわりを知れば納得できるはず。バーミキュラの特徴を一つずつ見ていきましょう。

ライスポット3つの特徴

hanya33さん(@hanya33)がシェアした投稿 -

炊飯も可能な新たな調理器具

普通の炊飯器を思い浮かべてはいけません。鍋+専用ポット(IHコンロ)という新しい構造になっているのが特徴です。もちろん鍋はバーミキュラのホーロー鍋。直火でも使用できる一台二役の鍋です。炊飯器という枠を超え、様々な料理に活用できます。

バーミキュラのホーロー鍋が炊飯に特化し、さらに工夫がプラスされました。
 スムーズな対流を生み出す鍋全体の丸み
 鍋底は飯返しがしやすく、洗いやすい水紋状のリブ形状
 炊飯時特有の蓋の汚れが落ちやすく、衛生的なつまみレスの一体構造

鍋炊飯で気になる火加減の難しさは、専用ポットのヒーターが解決してくれます。かまどを研究し、直火のような熱分布を実現。さらに外気の影響を受けにくい構造により、直火よりも均一に加熱が可能です。その結果、
 一粒一粒の食感が際立つモチモチ、しっとり食感
 お米本来の持つ香り、甘み
が引き出されます。食の研究科をも唸らせる日本人好みの炊きあがりに。冷めてもおいしさが続くのが魅力です。

使いやすいスマートタッチキーを搭載

ライスポットは、使いやすいタッチパネル式。次に選べるメニューだけが表示される仕組みなので、初めてでも迷わずに操作できます。炊飯量を選択する以外は一般的な炊飯器と変わりません。「炊飯」アイコンを選択し、白米→硬さ→炊飯量を選択して「OK」をタッチするだけ。タッチパネルのため、油や水がはねて付いても簡単に拭き取れるのがうれしいですね。

玄米、おこげ、炊き込みご飯、おかゆなど様々な炊飯メニューに対応しています。スイッチを入れたら後はおまかせです。鍋のそばから離れて問題ありません。

お手入れが簡単

鍋炊飯の弱点は、吹きこぼれでした。その点も安心です。新たに開発したフローティングリッドが、密閉性を保った上で蒸気の吹き出し箇所をコントロール。吹きこぼれを最小限に抑えるため、使用後のお手入れが簡単です。

また鍋そのものがつぎ目のない一体構造。一般的な炊飯器のフタにある「ゴムパッキン」や「金属部品」が無いのが特徴です。これまでストレスに感じていた細かな汚れを気にする必要はありません。

普通の炊飯器と違うところは?

保温機能がない!!

ライスポットには保温機能がありません。家族それぞれ食事の時間が違うため、保温機能がないと困るという方もいらっしゃるでしょう。思い出してみて下さい。保温したご飯はおいしいですか。

ライスポットは「世界一おいしいごはんが炊ける炊飯器」を目指す上で、保温用のフタを取り払いました。保温フタの除去により鍋の内部と外部に大きな温度差が生じ、激しい熱対流が起こります。その結果、お米一粒一粒までむらなく炊き上げることに成功しました。
保温を行わないことは、格別なツヤと食感の実現にも繋がりました。炊飯後、ポットヒーター内蔵のファンが加熱を終えた鍋を一気に冷まし、蒸らし効果を最大に引き出します。
ライスポットで炊いたご飯は、「冷めてこそ違いがわかる」とも言われています。お弁当にオススメするのも自信の現れでしょう。
おいしく炊けたご飯こそ、保温より温めなおして食べるという新しい常識。違いを確かめてみたいですね。

スタイリッシュな外観

これまでの「炊飯器」の常識を覆す無駄のないスタイリッシュなフォルム。調理家電とは思えません。キッチンの雰囲気をがらりとかえること間違えないでしょう。3カラーから選べるのもうれしいですね。付属の軽量カップもオシャレです。細かいディテールへのこだわりが、メイド・イン・ジャパンを感じます。

バーミキュラ ライスポットのメリット・デメリット

miiiiipoさん(@n.miiiiipo)がシェアした投稿 -

[メリット]

●おいしい炊きあがり

何よりもその炊き上がりは群を抜きます。ハリとツヤ、粒感のあるご飯は味わう価値ありです。

●衛生的

洗いやすい工夫が随所になされているため、清潔に保つことできます。

●操作性の良さ

炊飯はもちろんのこと、ボタン一つで3パターンの火加減のほか、低温調理が可能です。タイマー設定機能もあり、調理中鍋のそばに張り付いている必要はありません。

[デメリット]

●水位線がない

鍋内側に水位線がないため、カップによる水の計量が必要です。計量カップが付属しているため、新たに用意する必要はありません。

●本体やフタが重い

鋳物ホーロー鍋の特性上、鍋やフタはかなりの重みがあります。鍋の厚さ、重みこそが美味しさの秘訣でもありますが、洗う際に注意が必要です。鍋・フタ全体が熱くなるため、炊飯直後に素手で触ることはできません。小さなお子様が炊飯器に触れることがないよう習慣づけましょう。

●炊飯保温機能がない

使うシーンによってはデメリットと感じる場合もあるでしょう。先程述べたように、おいしいご飯をたくために失われた機能であり、「保温よりも温め直しの方がおいしい」というバーミキュラのこだわりでもあります。

炊飯だけじゃないバーミキュラ ライスポットでできる料理

海咲さん(@mikki327627)がシェアした投稿 -

加熱にIHを使用しているので、火力の調整を簡単に行えるライスポット。選択できる火力は中火、弱火、極弱火の3種類です。保温モードでは30~95℃で鍋温度をキープすることができ、プロのような「低温調理」を自宅で楽しめます。

鍋そのものはバーミキュラのホーロー鍋。炒め物が可能な上、焦げ付きにくく無水調理ができる万能鍋です。

カレーやシチューなどの煮込み料理はもちろん、低温調理を利用したローストビーフなど、はじめてのメニューにも挑戦してみたくなりますね。
根菜は驚くほど甘く仕上がります。オススメは蒸し焼き芋。サツマイモとほんの少しの水でその甘さを実感してみて下さい。

バーミキュラの公式サイトにはライスポットを使用したレシピがたくさん掲載されています。料理のレパートリーを広げるチャンスですよ。

購入とアフターサポートは?

ROMIさん(@romi__xoxo)がシェアした投稿 -

ライスポットは公式オンラインショップの他、全国の家電量販店や百貨店、セレクトショップで購入可能です。気になった方はぜひ実物を見に行ってください。
一生ものの鍋と言われるバーミキュラ。ホーローの剥がれは何度でも修理可能です(有料)。古いホーローを全て剥がし、再コーティングにより生まれ変わります。また、セットのポットヒーターは3年保証です。日本製だからこその安心ですね。

公式サイト:http://www.vermicular.jp/products/ricepot/
公式オンラインショップ:http://shop.vermicular.jp/jp/group.php?id=38
ショップリスト:http://www.vermicular.jp/shoplist/

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

長年使っている炊飯器、まだまだ使えるけれど、なんだか炊きあがりに満足がいかない。 土鍋や人気のホーロー鍋でご飯を炊くと旨味が全然違うと言うけれど、難しそうで挑戦できない。 簡単に美味しいごはんが炊ける炊飯器は?と探し始めたけれど、種類がありすぎてよくわからないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。 毎日食べるご飯だからこそ、おいしいものを食べたい。バーミキュラ ライスポットはそんなあなたにぴったりの新しい形の炊飯器です。 ライスポットで炊いたご飯と具沢山のお味噌汁、漬物さえあれば贅沢な食卓の完成ですよ。