HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

秋に食べたい和スイーツのおはぎ

10月に入り、朝晩が肌寒く感じるようになった今日この頃。おやつに温かいお茶と和のスイーツが恋しくなる季節でもあります。 今回は大阪のお土産の新定番としても注目されている大阪・豊中のお店、「森のおはぎ」を紹介します。

森のおはぎ

大阪・豊中市。阪急宝塚線の岡町駅近くのアーケードの商店街を通り抜けた場所にあるおはぎの専門店「森のおはぎ」さん。お店がある岡町エリアは、7世紀後半天武天皇の時代に創建されたと言われている原田神社があり、能勢街道と伊丹街道が交わる地点として昔から栄えてきた場所です。そして今でも多くの人々が行きかう賑わいある商店街になっています。

森 百合子さんが店主を務めるこちらのお店は2010年にオープンしました。お店はこじんまりとした路面店で、味のある茶箪笥をはさんでお客様と対面する形になっています。格子戸や裸電球、壁には手書きの張り紙が張られ、どこか懐かしい感じがするレトロな雰囲気です。

コロンと可愛い森さんのおはぎ

茶箪笥の上には木枠でできたガラスケースが並び、その中にコロンとかわいらしいおはぎが綺麗に並べられています。テキスタイルのデザイナーをされていた森さんのおはぎは大きすぎず、小さすぎないちょうどいいサイズで形もまん丸で美しさと可愛さを兼ね備えています。

そして見た目の美しさだけでなく、こちらのおはぎはいくつでも食べられてしまうほど美味しいことでも有名です。一般的なおはぎだとひとつでお腹が膨れてしまいますが、森さんのおはぎはちょうどいいサイズ感とそれぞれのおはぎによって甘みと塩気を調整したあんこを炊き分けされていることでいくつも食べれることができるみたいです。

例えば雑穀もちとあんこの美味しさが特徴の「大納言雑穀もち」ときなこの美味しさを追求した「深炒きなこ雑穀もち」ではそれぞれに合う甘さであんこを炊き分けているそうです。手間を考えると炊き分けせずに1種類のあんこでおはぎを作るほうが効率的に感じますが、それをしないのがそれぞれの素材の味を十分味わうための森さんのこだわりだと感じました。

「森のおはぎ」のおはぎはどれも甘くて塩気もあります。しかし甘みと塩気が喧嘩することなく、それぞれがすんなり口の中で合わさって美味しさが広がります。

こだわりのおはぎ作り

こちらのお店では、森さんは毎朝早くからもち米を蒸し、準備を開始されます。ひとつひとつ、手で丸めて包み、丁寧に仕上げます。10時に開店後、13時には一旦閉店。1時間の間にまた作り、14時に再オープンされるそうです。それもあっという間に売り切れることが多いそうです。

ひとつひとつ想いを込めて丁寧に作られるおはぎだからこそ特別美味しく感じるのですね。

お店の細部に感じるこだわり

お店には工芸作家の方の作品や長い間使われてきた道具が多く使われており、そこにも森さんのこだわりを感じます。ディスプレイされるお菓子を載せるガラス器はガラス作家のかなちゃんの作品、かわいい手提げ袋は陶芸作家でありテキスタイルデザインもされている鹿児島陸さんのデザインです。そしてお店の看板は森さんの弟で金属工芸作家である戸田泰輔さんが手掛けられています。

森乃お菓子

2014年に大阪市の北新地にも新店舗として「森乃お菓子」がオープンしています。おはぎの他にこちらではわらび餅や水ようかんの取り扱いもあります。水ようかんは抹茶と番茶の2つで1セットになっていて、お重のように重ねて持ち帰ることができます。

包装のセンスもシンプルでおしゃれなので、お土産としてもよさそうです。大阪市内でこちらのお菓子が買えるのは嬉しいですよね。

【所在地】大阪府豊中市中桜塚2-25-10

【tel】06-6845-1250

【営業時間】午前の部: 10:00-13:00/午後の部: 14:00-19:30 ※定休日は日・月曜日

どのおはぎを食べても、特別おいしく感じる「森のおはぎ」。
たれがかかったおはぎや焼いた香ばしいおはぎ、季節の素材を使用したおはぎなど森さんのおはぎは今までのおはぎの概念とまた一味も二味も違い新鮮で美味しく、また食べたくなる味です。

ほっとする甘さが恋しいこれからの季節。こだわりと想いがぎゅっとつまった可愛いおはぎに会いにいきませんか?

INTRODUCTION of THE WRITER

mamecoco
name. mamecoco
海が見える街に住む1児のこどもをもつ主婦です。
旅行、お菓子作り、うつわ巡りが趣味です。
こちらで興味をもっていただけるような情報を記事にできたらと思っています。
よろしくお願いします(^-^)

RELATED

10月に入り、朝晩が肌寒く感じるようになった今日この頃。おやつに温かいお茶と和のスイーツが恋しくなる季節でもあります。 今回は大阪のお土産の新定番としても注目されている大阪・豊中のお店、「森のおはぎ」を紹介します。