HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

着物や帯を引き立てる帯留めの魅力

着物の女性が帯締めに通す装身具、帯留め。古くは、帯がほどけないようにするという実用的な面もありましたが、現在では、着物や帯を引き立てる装身具となっています。 象牙や珊瑚でできているものをはじめ、近年では時代や流行に合わせた帯留めも登場しています。帯留めの歴史から帯留めの種類、ユニークな帯留めもご紹介します。 

帯留めの歴史

帯留めが使われるようになったのは、江戸時代後期といわれています。当時は組紐などを結ぶものと留め金式があり、男性が用いるものでした。その後、徐々に女性も用いるようになったようです。
 
明治時代に入り廃刀令がでると、刀を帯留めにリメイクすることが流行します。仕事が失くなった刀鍛冶も帯留めを作るようになりました。

実用を兼ねたものから装身具になったのは、明治時代後半といわれています。

帯留めのTPO

着物は季節感を大切にしています。帯を飾る帯留めにも、季節によって素材が異なり、夏には翡翠や水晶、冬には珊瑚のものを用いるとされています。また、結婚式の際は真珠や象牙、宝石などはよいのですが、茶会や葬儀では帯留めはつけないものとされています。

いろいろな素材の帯留め

アンティークの帯留め

ユニークなデザインの帯留めも人気がありますが、アンティークの帯留めも人気があります。シンプルなデザインでも材質がよいものや、凝った作りのもの。当時としては斬新であっただろうと思われる帯留めなど、見ているだけで楽しめます。

漆塗りの帯留め

伝統工芸である漆塗りの帯留めです。模様入りの、美しい漆が塗られた帯留めは軽いため、つけていても気になりません。黒や朱の漆も素敵ですが、モダンなデザインの帯留めには、モダンな色が似合います。

ガラスの帯留め

涼し気なガラスは、鮮やかな色も深い色も出せる素材です。デザインがシンプルでも、思わず目が留まるような色彩の帯留めになります。形やデザインが多彩なことも、ガラスの帯留めの魅力です。

焼き物の帯留め

焼き物の帯留めも、ユニークなデザインが多く見られます。九谷焼や有田焼といった伝統の焼き物の帯留めもありますが、斬新なデザインや色を楽しめる帯留めは、コレクションとしても楽しめます。

刺繍の帯留め

ぬくもりを感じられる、刺繍の帯留めです。色・柄はもちろんですが、帯の柄に合わせて刺繍の帯留めや帯紐を選んではいかがでしょう。

季節感のある帯留め

美しく輝く真珠の満月を眺めている銀の兎。二羽の兎の姿から、周りの景色まで想像できそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。着物や帯のよさを引き立てる役割もある帯留め。小さいものですがパッと目につくこともあり、個性を際立たせるおしゃれな装身具です。

季節やその時々のちょっとした出来事に合わせ、帯留めを選んでみてはいかがでしょう。お会いした方と会話がはずむきっかけになるかも知れません。

INTRODUCTION of THE WRITER

Kinako
name. Kinako

RELATED

着物の女性が帯締めに通す装身具、帯留め。古くは、帯がほどけないようにするという実用的な面もありましたが、現在では、着物や帯を引き立てる装身具となっています。 象牙や珊瑚でできているものをはじめ、近年では時代や流行に合わせた帯留めも登場しています。帯留めの歴史から帯留めの種類、ユニークな帯留めもご紹介します。