HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

真夏のサイマー湖で「白夜」を楽しむフィンランドの旅

フィンランドの夏は、短く自然現象の白夜は、神秘的です。 サイマー湖を背景に湖畔のコテージで楽しい夏のひと時を過ごす。サヴォンリンナ地方の美しく短い夏のフィンランドをご紹介します。

美しい森と湖の国ーフィンランドー

フィンランドは、ヨーロッパ北部に位置しています。人口は520万人。面積は、日本よりやや小さく、338,000平方キロです。隣国は、西はスウェーデン・北はノルウェー・東はロシアと国境を接し南はバルト海に面しています。日本との時差は、約7時間です。

フィンランドの国は、冬は長く、夏は短いというイメージですが、四季があります。
寒さが厳しい冬は、太陽が昇らない極夜があり、荘厳なオーロラを見ることができます。

フィンランドの夏は、最高気温が20度前後です。美しく躍動する自然の中で、快適なアウトドアを楽しめます。6月から8月の自然現象「白夜」は、フィンランド中が活気づき情熱的になります。

フィンランドの湖は、国土の9.4%にあたり18万8千もの湖があります。
首都圏ヘルシンキからラップランドのイナリに至るまで、清々しい青のオアシスで埋め尽くされています。そして、国土の大半は、美しい森が占めています。

フィンランドには、ラップランド・レイクランド・ヘルシンキ・諸島と4つのエリアがあります。
レイクランドには、ヨーロッパで4番目に大きいと言われているサイマー湖があります。
自然の淡水湖で、世界の希少動物の一つとされている、サイマーアザラシの生息地域でもあります。

フィンランドの人々は、水にとても親近感を持ち、自然を愛して暮らしています。

昨年、旅行ウエブサイト「Traveler」が、世界141ケ国を対象に「安全な国ランキング」を発表し1位に選ばれたのがフィンランドでした。これは、世界経済フォーラムの調査に基づいた結果です。

白夜のサイマー湖で過ごすーサヴォンリンナ(Savonlinna)ー

フィンランド東部サイマー湖の周りにあるサヴォンリンナは、人口が約3万5千人です。
美しく活気のある街で、レイクランドの美しさと優美さを秘めています。

サヴォンリンナのエリアは、「自然の中で時間を過ごすことを愛する人々」のための楽園です。

夏のサイマー湖は、ボートやカヌーに乗り、森の中を散策したり、コテージで休暇を過ごす。
田舎の静かな自然を堪能できます。

私たちは、毎日どれだけの騒音を聞きながら、暮らしているのか、あまり意識していないことが多いのではないでしょうか? 静寂の存在しない現代生活に慣れてしまうと、何も聞こえない静けさの中で過ごす時間は、不思議な感じがするかもしれません。

日本では味わうことの出来ない”真夜中の太陽”の中で、「ゆったりと何もしない」贅沢な時間を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

森の中を散策

夏の森には、自然の恵みが満ち溢れ、素晴らしい発見をすることができます。
色とりどりの花が咲き、ブルベリーやラズベリー、ストロベリーを籠いっぱいに摘んだり。
もしかしたら、森に棲む素敵な動物たちに、偶然出会えるかもしれません。

湖畔のコテージーB&B ロマモッキラ(Lomamokkila)ー

湖畔のほとりにあるコテージ・ロマモッキラは、様々なタイプのコテージがあります。
貸別荘タイプとソフトイエローの可愛いゲストハウスのタイプで、地元ファームの素敵な若夫婦が、子育てをしながら、経営しており素朴で、家庭的な雰囲気に包まれます。

イギリス、ドイツから訪れるゲストが多く、心地よく滞在できると高い評価をしています。
サイマー湖で、ボートを漕いだり、庭園式サウナに入ったり、BBQを楽しんだり、素晴らしい思い出を提供してくれます。

Lomamokkila

Mikonkiventie 209
F1-57310 Savonlinna
Tel: +358 15 523 117
Email: info@lomamokkila,fi

B&B ロマモッキラ(B&B Lomamokkila)

オペラ&バレエの芸術鑑賞を楽しむーオラヴィ城ー

オラヴィ城は、ゲームで有名な「ドラゴンクエスト」1作目の竜王の城のモデルになったそうです。

1475年にデンマーク生まれの城の創始者エリック・アクセルスソン(Erik・Axelsson・Totto)
は、スウエーデンの王冠を守るため、東からのロシアの攻撃に対し、サヴォンリンナ地方を保護するために湖上に強力な要塞を建てたと言われています。

オラヴィ城の歴史は、中世時代、隣国との権力争いがあり、悲しい歴史がありました。

オラヴィ城で、初めてオペラが上演されたのは、1912年です。
しかし、1917年以降に第一次世界大戦やフィンランドの独立、内戦等の混乱で、しばらくの間
オペラは、中止になりました。

1967年に再びオペラが開催され、現在に至ります。
開催は1か月にも及び夏の一大イベントへと成長し、世界の人々が鑑賞に訪れています。

また今年は、フィンランド独立100周年を記念して、8月にロシアのサンクトペテルブルグバレエ団が「白鳥の湖」を公演します。バレエの主役を演じるのは、有名なプリマドンナのイリーナ・コレスニコワさんです。

※尚グーグルマップで検索すると、湖畔のコテージ”ロマモッキラ”から"オラヴィ城"まで車で約16分です。

フィンランドの音楽祭
サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル
シーズン2017

ピューリタン
シベリウス
lolanta
エフゲニー・オネーギン

会場 Olavinlinnna(オラヴィ城)57310 Savonlinnna
電話予約 +4319688622
Eメール: office@opera-festivals.com

白鳥の湖 SWAN LAKE ・アイリーナ・コールズニーコバサンクトペテルブルグ劇場
サヴォンリンナ・チケット

2017年8/11 pm 19:00 54,00€~
2017年8/12 pm 18:00  54,00€~

会場 Olavinlinnna(オラヴィ城)57310 Savonlinnna

街のレストランーSummer restaurant Linnakrouvi(リンカロウヴィ)-

夏の白夜、オラヴィ城のあるサヴォンリンナの街は、オペラや芸術鑑賞に、海外から多くの観光客が訪れ、活気づきます。オラヴィ城の周辺には、お洒落なカフェやレストランがあります。

オラヴィ城から徒歩3分ほどの所に、レストラン・リンカロウヴィ(Linnakrouvi)があります。
店内に60席、ガーデンテラスに100席あり、オラヴィ城を眺めてお食事ができます。

地元で採れた新鮮な食材で、美味しい料理を召し上がり、お酒の風味を味わったり、風景と賑やかな街の雰囲気に溶け込みながら、楽しい時間を過ごします。

尚レストラン・リンカロウヴィは、事前に予約が必要です。

レストラン・リンカロウヴィ
Linnahkath 7 Savonlinna 57130
TEL +358 15 5769124
Email arja.kiuru@linnakrouvi.fi

サヴォンリンナへのアクセス

日本からサヴォンリンナへアクセスする場合、日本の主要空港からヘルシンキ(直行便)まで飛行機で行きます。飛行時間は、約10時間半です。

ヘルシンキからサヴォンリンナへアクセスする場合、交通手段は、飛行機または、鉄道があります。
飛行機のフライト時間は、約1時間弱です。鉄道で行く場合は、約5時間かかります。

フィンランド旅行ガイド

ヘルシンキからサヴォンリンナまでの鉄道路線 (285km)
オンラインでのチケットの購入、運賃、時刻表

ヘルシンキからサヴォンリンナまでのフライト
チケット価格と予約のフライト

おわりに

フィンランドの旅行といえばヘルシンキが有名で人気がありますが、「白夜」を自然の中で、満喫し休暇を過ごせるサイマー湖やオラヴィ城のサヴォンリンナ地方をご紹介しました。

旅行にお出かけする際、フィンランドの夏は、とても涼しく朝や夜は非常に冷え込みます。防寒具は必ずご持参ください。睡眠時間も忘れずに。素敵な旅になりますように!

INTRODUCTION of THE WRITER

ryouka
name. ryouka

RELATED

フィンランドの夏は、短く自然現象の白夜は、神秘的です。 サイマー湖を背景に湖畔のコテージで楽しい夏のひと時を過ごす。サヴォンリンナ地方の美しく短い夏のフィンランドをご紹介します。