HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

真似したい!フードデザインが得意なインスタグラマー特集

人の目を楽しませてくれるハイセンスなフードデザインが得意なインスタグラマーの写真は、あなたが作るいつもの料理に新たな発想と刺激を与えてくれる筈です。今回は人気があるうちの3人に限定し、ご紹介します。

食材の色を活かす料理”坂本ちなみ”

上記の写真は抹茶蕎麦を幸福の象徴であるクローバーに見立て、ヘルシーな効果が期待出来そうな緑で統一された野菜スープ。これを見る限り、本職はプロの料理人ではないかと疑いたくなりますが、アートに秀でた腕を持つ坂本ちなみは大阪で家具店を経営する一般女性です。生まれ持った才能とインテリアに囲まれた日常の感覚が、料理に活かされているのかもしれません。instagramでのアカウント名はchinamisakamoto。
彼女の手にかかれば、ハイセンスな料理に仕上がります。飾り切りを使い、工夫を凝らした物は人気です。例えばズッキーニを縦長にスライスして格子状に編んだ物でサラダを包んだり、花型に切った輪切りの大根に味噌とゴマを乗せるなど「料理は見た目が大事」ということがよくわかります。

坂本ちなみが作る料理の中には、名前から取って「ちなみ寿司」と呼ばれる料理があります。柔らかくした人参と大根で握り寿司を結んだ料亭風のデザインもあれば、一見普通のようでトリュフオイルを使った風味が良い寿司など、彼女の自由な発想はとても勉強になりますよ。自家栽培した野菜をちょこんと乗せた魚の寿司は、ベジタリアンも手を伸ばしてみようかと思うかもしれません。
総じて坂本ちなみの料理は、手抜きを感じさせない物が見受けられます。

主役の顔をした料理が1度に並ぶ"yasuyo"

ハンドメイド作家であり、フードコーディネイターとしても活動する京都在住の女性、yasuyo。これまでも複数の雑誌、書籍への掲載があった他、郵便局の年賀状デザインに採用されたり、途上国に給食を寄付するための企画に参加した際は写真投稿でおにぎり大賞を受賞するなど実績を多く積んでいます。instagramのアカウント名はkokoronotane。
彼女がinstagramに載せている料理写真はどれか1つだけがメインではなく「あっ、これ可愛い!あれも素敵!」といった目移りしてしまう魅力があります。上記の皿を例に挙げると、2色のパンケーキが市松模様に見えて綺麗ですが、色の種類が多い団子にも視線が行きませんか?このようにyasuyoのコーディネイトした料理は主役が揃い、最後まで見飽きずに食べることが出来ます。

京都らしい和の雰囲気が込められた料理写真の数々。配置された器を見ると、それぞれの料理を引き立たせるためにセッティングされているかのようです。脇役は何処にも居ません。
ラディッシュの糠漬け、黒米のおにぎり、パイナップル煮豚、砂肝レモンソテー、人参と胡桃の味噌和えなど、健康に配慮したメニューである印象を受けつつ意外な調味料と材料同士を使った料理もあり、日本文化と欧州文化を融合させた味付けに取り組んでみたい人の参考にもなりますよ。

フルーツを完成形に変化させる”徳元智香”

徳元智香は横浜を中心に、フルーツカッティングスタイリストを本職に活動している女性。資格を有する彼女はinstagramにおいても「普段のフルーツをナイフ1本で」をコンセプトに「フルーツをもっと楽しく、もっと美味しく」を伝えています。instagramでのアカウント名はchika.tokumoto。
写真を参考に見様見真似は難しいと感じますか?自分で作った完成品を持ち帰り出来るカッティング講座、定期レッスンで本格的な技術を学べるのでご安心ください。東日本は遠くて無理な人は、徳島市の蔵元にあるカルチャー&マルチスペースのEMILEで1日講座を開くこともあります。
マンツーマンで教えて貰いたい人は、プライベートレッスンの問い合わせも可能。ただし、3人以上集まることが条件となっています。新商品の生菓子を開発したい企業、新人研修、地域の団体活動などの目的にも応えてくれることがありますので、興味がある人はぜひお問い合わせください。交通費、材料費は別途必要です。

もしも自宅へ誰かを招いた時、フルーツをカッティングすることで、食べる時に果汁で手が汚れないほうが喜ばれますよね。子供によってはどんな風に切ったのか形状に興味を持ってくれることでしょう。カッティングで豪華になったフルーツはアイスやプリンといった冷たいスイーツの側に置くと、カフェやレストランで食べれる立派なプレートの完成です。身に付けておいて損はしません。

最後に

フードデザインとは食前に入る時点から、自分を含め、食べる相手の心をも喜ばせてくれる1種の心遣いを表現するための方法です。見て、食べて美味しい。食事は人生において、とても大切な時間です。心を豊かにする料理で心身を労わってあげてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

rensui510
name. rensui510
ドビュッシー『月の光』が好きです。ピカソに習い、小鳥の鳴き声やカエル1匹にも自然の美を見出すことを心掛けています。

RELATED

人の目を楽しませてくれるハイセンスなフードデザインが得意なインスタグラマーの写真は、あなたが作るいつもの料理に新たな発想と刺激を与えてくれる筈です。今回は人気があるうちの3人に限定し、ご紹介します。