HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

真っ白い砂漠! アメリカの絶景ホワイトサンズ

一面の真っ白い砂漠。アメリカのニューメキシコ州アラモゴードに広がるホワイトサンズ国定記念物です。 白い砂にみえますが実は石膏の結晶。アラバスター砂丘と呼ばれるもので、雪花石膏(ギブス=ジプサム)の集合体です。石膏は水に溶けやすくこのように砂の状態で残るのは非常に珍しいことです。 この白い砂漠は、約7000年前から現れました。初めは透明だった砂が、砂同士が擦れあうことで傷ができ、光を透過しずらくなることにより白い砂漠となったのです。

光輝く砂漠ホワイトサンズは素足でも歩ける!

ホワイトサンズの砂丘は絶えず形を変えています。1年間で10メートルほど風下の南西から北東へ移動しています。普通の砂丘、例えば鳥取県の鳥取砂丘などは石英を主成分とする砂状結晶で出来ているいるため、太陽光を吸収しとても熱くなります。ホワイトサンズは砂ではなく石膏であるため、太陽光を吸収しにくく、真夏に直射日光が照り付けている時でも素足で歩くことができます。一面の白い砂丘を素足で歩く感覚は、一度試したらやみつきになりそう! 異次元の世界にトリップしてしまいます。

朝、昼、夕暮れ、様々な色彩が楽しめる

ホワイトサンズは真っ白な世界、ただ白いだけではすぐ飽きてしまいますが、空は時間帯に応じて色彩を変えてゆきます。真っ白なホワイトサンズは、まるでその色彩を写し出すキャンバスのようなもの、朝、昼、夕暮れ、その時々の空に色に変わり、空と一体になり非常に幻想的な雰囲気を醸し出すのです。同系色の色彩に包まれたその世界は癒しの効果、スーパーリラックスの力を持っていると思われます。

青紫からピンクへと繋がるグラデーションが美しい夕暮れ時

KC✯*さん(@kclog)がシェアした投稿 -

ホワイトサンズの夕暮れはひときわ美しいです。白い砂に暗闇になるまでの序章「濃紺の世界」が写し込まれ、まさに神秘の世界、ホワイトサンズ一番のオススメタイムです。

朝は神々しいばかりの光の世界に!

朝の静かなブルーが一面に漂います。日の出の時間に行くことができたらラッキーです。日本では見たことがないような景色が見られます。夕方や朝でこんなにも雰囲気が変わるのは、やはり白い世界だから。仕事で汚れてしまった、灰色の心をこの景色のように純真な、何事にも素直に反応できるような白く汚れの無い心に戻すことができたらどんなに嬉しいでしょうか。そう思わせる光景が広がります。

インスタ映えする写真が撮れます!

こんなに美しい場所にきたらみんなに見せたい、知ってもらいたいと思うもの。ホワイトサンズはインスタ映えする写真を撮るにはもってこいの場所です。一面の白い世界なので、まさに天然のレフ版(光を反射するボード)です。めりはりの効いたインパクトのある写真をとることができます。白い世界の美しさにまけないように気合を入れて写真をとりましょう。

白い世界を突っ走る!デューンズ・ドライブ

ホワイトサンズ内にはデューンズ・ドライブという砂丘内を走る約12キロの観光用道路があります。デューンズ・ドライブは途中で車を止めることができるので便利、ソリやスキー、スノーボードを持ち込んでいれば、車から降りて真っ白い砂丘を滑り降りることができます。ちなみにソリの変わりにダンボールなどでもOKです。雪と違い濡れてダンボールがボロボロになることが無いので、行く前に近くのスーパーで仕入れておきましょう。
ハイキング・コースもあり、公園内どこでも歩く事が出来ますが、砂漠なので水や軽食は用意して万全の備えをしましょう。ちなみに園内で水を得られる場所はビジターセンターだけです。観光地だからと気をぬかずに砂漠を旅する気持ちで準備をしていきましょう。

日本の茶色い砂丘、鳥取砂丘もお試しあれ

砂丘にいったことがない人は、鳥取県にある鳥取砂丘でまず、試してみるのもオススメです。鳥取砂丘は観光地として整備されているので、まわりに食堂や駐車場などが完備されていて、砂漠感を盛り上げるラクダにものることができます。変わったところでは、パラグライダーの体験などもしていて上空から、砂丘やまわりの海を眺めることができます。ポケモンGOが流行ったときには、ポケモンGOやり放題のポケモン解放区となっていました。人や車にぶつかる心配がないので、ゲームに集中できるようです。砂の色は茶色ですが、日本で気軽に砂漠体験ができます。

ちなみに鳥取の知事、平井伸治さんは大胆なアイデアを出すので有名です。鳥取にスターバックスがなかったときには、「スタバは無いがスナバはある」と発言、全国でもマイナーな鳥取を一躍有名にしました。鳥取は美味しいカニが獲れることで有名なので、鳥取県を「カニ取り県」に改名したりしました。2017年2月からは、都会のように街の灯りがじゃまをせず星が見えやすいので、「星取り県」にしてしましました。この大胆さが鳥取県人には、結構人気です。

日本にもある真っ白な砂浜「ハテの浜」

日本にも真っ白な砂浜があります。沖縄の久米島からボートで行ける「ハテの浜」は真っ白な砂だけで出来たビーチです。海の中まで白い砂が続いているので水の透明度が抜群。シュノーケリングにも最適で、熱帯魚などを見ることができます。実際現地にたどり着くと眩い砂浜に目が痛いほど、写真とは比べものにならないくらいの輝くビーチを見ることができます。ホワイトサンズの白さと比べてみるのも面白いですね。

白い世界で、心も真っ白に癒されましょう

正直ビジネスの世界は汚れた部分もあります。自分の心が汚れていくのも感じます。そんな方にホワイトサンズはオススメ。心の汚れを感じる方も、汚れているかどうかもわからなくなってしまった方も、ホワイトサンズで心をリラックス&クリーンにして、新しい一歩を踏み出しましょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

nac
name. nac

RELATED

一面の真っ白い砂漠。アメリカのニューメキシコ州アラモゴードに広がるホワイトサンズ国定記念物です。 白い砂にみえますが実は石膏の結晶。アラバスター砂丘と呼ばれるもので、雪花石膏(ギブス=ジプサム)の集合体です。石膏は水に溶けやすくこのように砂の状態で残るのは非常に珍しいことです。 この白い砂漠は、約7000年前から現れました。初めは透明だった砂が、砂同士が擦れあうことで傷ができ、光を透過しずらくなることにより白い砂漠となったのです。