HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

発祥の地、名門ラッフルズ・ホテルで味わう【シンガポール・スリング】

落日をイメージした色ともいわれるエレガントなバラ色をしたシンガポール・スリングはその甘い飲み口で女性に大変人気のあるカクテル。これはシンガポールのラッフルズ・ホテルにて生まれました。現在もホテルのバーで頂くことができる、元祖シンガポール・スリングをご紹介いたします。

ラッフルズ・ホテルとシンガポール・スリング

シンガポール・スリングの生まれたラッフルズ・ホテルとは

ラッフルズ・ホテルは1887年、イギリス植民地時代に開業したシンガポールの最高級のホテルです。過去にはサマセット・モーム、チャーリー・チャップリン、マイケル・ジャクソン、カール・ラガーフェルドなどの著名人が宿泊。客室数は103室とシンガポールの最高級ホテルの中で一番少ないですが、全室がスイートとなっています。その優雅な佇まいと気品から「東洋の貴婦人」と称されています。

このホテルにて原型のシンガポール・スリングが生まれたのは100年以上前の1915年のこと。製作当時のものは甘過ぎたようなのですが、その後改良され、現在に至ります。今でもホテル内のバーにて頂くことができます。

ホテルの公式HP
http://www.raffles.jp/singapore/

@fshokoがシェアした投稿 -

看板にも「シンガポール・スリング」の表記が。

ホテルで頂くシンガポール・スリング

前述の通り、シンガポール・スリングは当ホテルのバーテンダーが生み出したものです。これはベースのジンにパイナップルジュース、グレナデンシロップ、ライムジュース、ベネディクティンDOMなどが加わったもの。そこにチェリーブランデーとコアントローが入り、夕日のような美しいピンク色を醸し出します。

このカクテルが生まれた背景には当時の女性への心遣いがあったのだそう。20世紀初頭の植民地において、女性が人前でお酒を飲むということはエチケット違反と考えられていたそうです。女性たちは仕方なくジュースや紅茶を選んでいたわけですが、そんな事情からヒントを得て生み出されたのがシンガポール・スリング。一見フルーツジュースのようでいて、実は透明なアルコールが入っているこのカクテルは、瞬く間に人気となります。

※2017年10月現在、ホテル改装工事に伴い、シンガポール・スリング発祥のメインバーであるロング・バーは休業中です。2017年12月まではバー&ビリヤードルームにて頂くことができます。

「発祥の地で一度オリジナルの味を飲んでみたい」という観光客が世界中から訪れ、ロング・バーはバーでありながら平日の昼間でも賑わっている人気のスポット。このお店に来る客のほとんどがオリジナルのシンガポール・スリングを注文するため、ウエイターも慣れたもの。

実は、オリジナルのシンガポール・スリングは現在どこでも飲めるシンガポール・スリングとはちょっとレシピが違います。現在広まって定着しているのは、いわば簡略版。オリジナルのほうが多くの材料を必要としますから、その分味わいがやや複雑なのです。
伝説のカクテルだけあって1杯あたりの価格は31シンガポールドルと少々高めですが、一度は味わってみる価値ありでしょう。

世界のVIPから愛されるホテルで伝説のカクテルを

錚々たる著名人に愛され、シンガポール随一の優雅なランドマークであるラッフルズ・ホテル。空港からも近く、ロケーションは抜群です。

今や世界中で飲むことができるシンガポール・スリングですが、発祥の地でオリジナルの味を体験してみるのも素敵ですね。

INTRODUCTION of THE WRITER

高城みれい
name. 高城みれい
知的好奇心を満たす上質な「モノ」「コト」の情報をお届けします。

RELATED

落日をイメージした色ともいわれるエレガントなバラ色をしたシンガポール・スリングはその甘い飲み口で女性に大変人気のあるカクテル。これはシンガポールのラッフルズ・ホテルにて生まれました。現在もホテルのバーで頂くことができる、元祖シンガポール・スリングをご紹介いたします。