HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

特別な贈り物に最適! 今度のプレゼントは「 マカロン 」で

コロっとした可愛いフォルム、口に入れるとふわっと溶けて甘いフレーバーが広がるマカロンが日本でも随分主流になってきました。見た目の可愛さからも贈り物にする方も多いです。今回はそんなマカロンについてお話しさせていただきます。

マカロンとはどんなお菓子?

きみさん(@kimi.3t2)がシェアした投稿 -

「マカロン」と聞いて、見た目がパッと思い浮かぶ人も多いと思います。そんなマカロンがどんなお菓子なのかご存知でしょうか。マカロンについて詳しく見てみましょう。

マカロンとは

マカロンはしっかりと泡立てたメレンゲに砂糖とアーモンドプードル混ぜ、表面はさっくり、中はしっとりと焼き上げます。そこにクリームやガナッシュを挟んで作られます。これは「パリ風マカロン」のことを指しますが、このパリ風マカロンが現在では「マカロン」の主流となり世界中の人に愛されています。このパリ風マカロンは日本にも出店している「ラデュレ」が売り出したのが始まりです。

マカロンの種類

マカロン、と私たちは一言で呼んでいますが、実はマカロンは地方によってたくさんの種類があります。その一部をご紹介します。

① マカロン・パリジャン

先ほどご紹介した日本でもよく知られているパリ風マカロンのことです。パステルカラーの華やかな見た目が見ていて幸せになります。

② マカロン・ダミアン

北フランスピカルディー地方にあるアミアンのマカロンです。形はとてもシンプルで、生地に蜂蜜が加えられています。生地を一晩寝かせ、アイスボックスクッキーのように棒状にしたものを切って焼き上げます。

③ マカロン・ド・サンデミリオン

世界遺産にも登録されており、ワインの村として知られるサンデミリオンのマカロンはワインの村らしく甘口のワインが加えられて作られます。亀裂が入った平らなクッキーのような見た目で、かなりねっとりとした食感です。

④ マカロン・ド・モンモリオン

ポワトゥー地方にあるモンモリオンのマカロンはアーモンドプードルと砂糖、卵白をペースト状に混ぜ、水分を飛ばした後に星型の口金で絞りだすという少し変わったマカロンです。ねっとりとした柔らかい食感と香ばしい香りが特徴です。

ご紹介したマカロンの種類はほんの一部ですが、それでもこんなに個性的なマカロンがあるのかと思うと食べてみたくなりますね。

マカロンの発祥は?

マカロンはフランスのお菓子、と思われている方も多いですが実はイタリアが発祥の地です。マカロンの語源はパスタでおなじみのマカロニです。イタリアのピエモンテ州の郷土料理であるメレンゲ菓子「アマレッティ」が原型となっており、16世紀頃にマカロンの作り方がフランスへと伝わり、フランスの各地方でマカロンが作られるようになりました。

アマレッティはメレンゲにアーモンドパウダーを使用して焼き上げます。マカロンと同じですね。パリ風マカロンと違って、クリームやガナッシュを挟まず、食感もかなり軽いです。マカロンは口に入れた時最初に表面がカシャっと割れてそのあとしっとりとした生地が楽しめますが、アマレッティは口に入れた瞬間にほろっと溶けるようになくなります。クリームを挟んでいないのに、かなり甘く作られています。イタリアで有名なカプチーノにぴったりな甘さです。アマレッティと聞いてお酒のリキュール「アマレット」を思い浮かべる人もいたと思います。アマレットはアーモンドの香りのするお酒ですので、味や香りは似ています。

マカロンの人気の秘密は?

突然日本にやってきて、あっという間にコンビニでも売られるようになったマカロンの人気の秘密を探ってみます。

① 色

パリ風マカロン以外のマカロンは見た目がとても地味です。どちらかといえばクッキーのような見た目ですが、パリ風マカロンは違います。鮮やかなパステルカラーが大きな特徴になっています。
レモンやシトラスは黄色、ピスタチオが緑、バニラが白、ベリー系はピンク、といったように味=色になっています。箱に入った色とりどりのマカロンを眺めて「何味から食べようかな」と、視覚でも楽しめて、食べる前に味も想像できる、そんなワクワク感がたまらないのです。

② 形

綺麗なパステルカラーに加えてマカロンの人気を支えるのが形です。マカロンは丸すぎないけどコロンとしたフォルム、そして一口で食べられるぐらいの大きさです。女性の多くは角ばったものよりもコロンと丸みを帯びたものを好む傾向があります。女性が身につけるものは柔らかいイメージのものが多い点と似ています。そして一口で食べられる大きさでありながら、高くて一口で食べるのはもったいない、と悩みながら食べることで特別感が生まれます。

③ 値段

マカロンは決して安いお菓子ではありません。女性にとって「ちょっとしたご褒美」という位置付けのお菓子です。手軽に買えるようにはなってきましたが、それでも破格の安さというところまではいきません。普段のお菓子ではなく「特別なお菓子」という位置付けにいると、手にした時の幸福感がアップします。

マカロンが高級菓子の理由は?

見た目は可愛いマカロンですが、可愛くないのがお値段です。1つ200円から300円は当たり前、高いものだと1つ500円ほどするものも存在し、洋菓子の中では高級品です。小さいのになぜ値段が高いのでしょうか。

マカロンの材料をおさらいしてみると、卵白、砂糖、アーモンドプードル、着色料、挟んであるクリームです。小麦粉に比べるとアーモンドプードルは若干お値段が高めです。中のクリームも種類によってはコストのかかるものもありますが、大量に入っているわけではありません。

マカロンの値段が高い理由は材料ではなく商品管理にあります。マカロンは持った時に少し力を入れすぎるとすぐにヒビが入ってしまうほど繊細なお菓子です。ただ袋に詰めるだけではちょっとした衝撃ですぐに崩れてしまいます。そのため、包装代にコストがかかっています。

もう一つは職人さんの技術料です。自宅でお菓子作りを楽しんでいる人も、マカロンはなかなか作ることに手を出せません。技術も難しいのですが、気温や湿度によって仕上がりが大きく左右されてしまう食べ物です。

マカロンが高い理由はこの2つにあります。

外れなし!おすすめマカロン5選

たくさんの洋菓子店からマカロンが出ていますが、プレゼントにも最適なお店を5つご紹介させていただきます。

① ラデュレ

Minaさん(@aoi_mina)がシェアした投稿 -

マカロンといえばやっぱりラデュレ、という人も多いでしょう。マカロン以外にグッズも数多く販売されているのが特徴です。箱も宝石箱のような高級感があります。

公式通販サイト:http://www.laduree.jp/

② ピエール・エルメ・パリ

濃厚なクリームが人気のピエール・エルメ・パリです。マカロン以外の洋菓子も高級なものが多く、もらっただけで嬉しくなってしまいます。

公式通販サイト:https://www.pierreherme.co.jp/

③ パティスリー・サダハルアオキ・パリ

michikoさん(@life_is_eating)がシェアした投稿 -

有名なサダハルアオキのマカロンはパステルカラーよりもビビットカラーが特徴のマカロンです。大人の女性に贈るのにおすすめです。

公式通販サイト:http://www.sadaharuaoki.co.jp/

④ ザ・ペニンシュラホテル・ブティック&カフェ

高級ホテルのペニンシュラホテルのマカロンは、少し大きめのサイズが特徴です。クリームもたっっぷり入っているのでお得感があります。

公式サイト:http://tokyo.peninsula.com/ja/fine-dining/the-peninsula-boutique-cafe

⑤ ラ・メゾン・ドゥ・ショコラ

ななこさん(@111nanako)がシェアした投稿 -

チョコレート菓子はマカロンと同じぐらい繊細なお菓子です。そんなチョコレート職人が作ったマカロンは口コミでも大人気です。特にショコラティエの作るチョコレートマカロンは最高です。

公式サイト:http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/ja_jp/

贈り物の参考にぜひご参考ください。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

コロっとした可愛いフォルム、口に入れるとふわっと溶けて甘いフレーバーが広がるマカロンが日本でも随分主流になってきました。見た目の可愛さからも贈り物にする方も多いです。今回はそんなマカロンについてお話しさせていただきます。