HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

熟練の職人によって生み出された美しい世界観! HERMES "カレ" の魅力

HERMESのスカーフ、"カレ"。首に巻いたり頭を覆ったりとコーディネートのアクセントとして使われることの多いスカーフですが、HERMESのスカーフは1枚で主役級! 美しく魅力溢れる"カレ"をご紹介します。

HERMESの定番"カレ"とは??

HERMESの"カレ"は、独特のデザインを誇るHERMESの定番アイテムのひとつ。
もともと"カレ"はフランス語で正方形を表す言葉ですが、HERMESの場合"カレ"=スカーフと呼ばれています。
滑らかでしなやかなシルク素材を使用し、多様な色彩に独創的なデザインが魅力的です。

"カレ"の多くのサイズは90cm四方とされていますが、これは、最初の"カレ"が発表された時に決められたサイズだそうです。
HERMES"カレ"のおよそ70%がこのサイズとなっており、この正方形という限られた四角形の中に美しく鮮やかな物語がバリエーション豊かに表情を変えて描かれています。

1937年に誕生したHERMESの"カレ"。
75年という長い年月を経ても、なお多くの人々を魅了し愛され続けています。

HERMESの"カレ"が出来るまで

HERMESの"カレ"はシルク産業の中心地であるリヨンのアトリエから始まります。
カラーリストが原画を元に、それに合った配色を決定します。
配色が決定したら、"カレ"のデザインのために染料の調合を始めていきます。

HERMESの"カレ"は印刷されて描かれているプリントではありません!

シルク布の1枚1枚を染めていき、シルクによく馴染み、理想通りの発色ができるように職人の手によって試行錯誤が繰り返されます。
そのため、"カレ"1枚に使われているカラーが40色であれば40枚の製版が必要になり、繊細で丁寧な作業をいくつもの段階を経て作られていることから、1枚の"カレ"を完成させるまでに数百時間を要することも有ると言われています。

こうして出来上がった"カレ"は、1枚1枚にHERMESの"カレ"が持つ物語のような世界観や美しさが生み出されます。

また、四方の縁を縫うのも熟練の職人さんの手作業によるものです。
1枚の縁を縫うにも30分程度の時間を要するそうです。
このように、様々な工程と熟練の職人の丁寧な仕事によって、HERMESの"カレ"が世に送り出され、人々から愛されているのです。

熟練の職人による手作業の賜物、鮮やかで美しい世界観が魅力のHERMES"カレ"を何枚かご紹介します。

La Marche du Zambèze

2016年春夏コレクション、《ザンベジ川の行進》。
アードモアのアーティストたちとHERMESの初めてのコラボレーションの"カレ"。
中央に堂々と歩を進める一頭の象は、家族と力強さを象徴します。
その周りをキリンやワニなどの動物が囲み、植物のさらに外側には、ニシキヘビとワニの斑ふのモチーフが描かれています。

■商品詳細はこちら

La Marche du Zambèze

Flânerie à Versailles

2016年秋冬コレクション、《ヴェルサイユのそぞろ歩き》。
ルイ14世により造られた偉大な建造物、ヴェルサイユ宮殿。
中央にはルイ14世(太陽王)が描かれています。
この"カレ"は、フランス式庭園の歴史が集約された、この庭園の小道の道筋にヒントを得てデザインされています。
王の居室に鏡の間、ラトナの泉水、アンドレ・ル・ノートルの才能の極みである一大パースペクティブなど繊細に丁寧に描かれた1枚となっています。

■商品詳細はこちら

Flânerie à Versailles

Springs

2016年秋冬コレクション、《スプリング》。
マルメゾン城で保管されている版画に着想を得て作られた美しい"カレ"。
《スプリング》はHERMESの歴史に残るデザイナーによる作品は、ナポレオン1世の息子の屋根なしの馬車(パエトン)が中心に描かれています。
コバルトやフューシャなど、鮮やかで美しいカラーのデザインとなっています。

■商品詳細はこちら

Springs

Dans l'atelier de Robert Dallet

2016年秋冬コレクション、《ロベール・ダレのアトリエ》。
ロベール・ダレ によるデザインによる"カレ"は、独学で博物学者となったダレの動物界への情熱にオマージュを込めた作品となっています。
あらゆる動きを繰り返しスケッチし、細部に至るまで動物を研究していたダレの目と手、そして鉛筆を通じてその世界観を美しくデザインした"カレ"となっています。
科学的な正確さと描線の美しさを兼ね備えた1枚ですよ。

■商品詳細はこちら

Dans l'atelier de Robert Dallet

Sangles en Zigzag

2017年春夏コレクション、《ジグザグのサングル》。
サングルとは、鞍を馬に固定する帯のことを表します。
向き合ったり、交差したり、絡まったりと自由に解き放たれたサングルが、エレガントで魅力的なダンスを披露しているデザインとなっています。
カラフルなラインやチェック模様、編み目が調和のとれたハーモニーが奏でられた1枚となっています。

■商品詳細はこちら

Sangles en Zigzag

Au coin du feu

2016年秋冬コレクション、《暖炉のそばで》。
デッサンの魔法によって、シルクツイルがジャージーの編み目へと一新されたデザイン。
ニットを飾るかのように山、雪の結晶や塊、フリーズといったジャカード織りのモチーフで囲まれている美しい"カレ"。
すっかり冬になり、編み針の規則的な音が暖炉のそばで過ごす夜の時を刻む1枚となっています。

■商品詳細はこちら

Au coin du feu

Parcours sans Faute

2016年春夏コレクション、《完璧なコース》。
轡(くつわ)、鞭、轡鎖が細心の精確さで組み合わされ、始まりも終わりも判別できないサーキットのデザインは、HERMESならではの馬術の世界と自由に戯れています。
ブレーキとアクセルのリズムが直線とカーブと組み合わされ、無限に繰り返される無数の模様が浮かび上がり美しいコースが描かれています。

■商品詳細はこちら

Parcours sans Faute

Chemins de Corail

2016年秋冬コレクション、《珊瑚の小道》。
《珊瑚の小道》では、アニー・フェーヴルがアフリカでの幼少期の記憶を回想してデザインされています。
珊瑚の色は、"天使の肌"や"血の花"、"血の泡"などと表現されますが、壊れやすいこの海の生命体を象徴するかのように謎めいた独特の世界観となっています。

■商品詳細はこちら

Chemins de Corail

HERMES"カレ"のアレンジ

スカーフの巻き方や使い方は様々。
簡単なアレンジから少し難しいアレンジまで、"カレ"を使ったオシャレで華やかなアレンジをご紹介します。

バッグのアレンジに

"カレ"を巻くだけでいつものバッグがドレスアップ。
緩めに結んだりハンドルにグルグルと巻き付けてみたりとアレンジの仕方は沢山ありますよ。
簡単にエレガントで華やかな印象を与えてくれます。
スカーフ1枚でいつもと違った雰囲気を作ることができるのでおすすめです。

ヘアアレンジや首元のスカーフアレンジ

話題の真知子巻きなどのヘアアレンジや、ウエスタン巻きの首元アレンジなど、巻き方や巻く場所を変えれば何通りものコーディネートを楽しむことが出来ます。
カジュアルスタイルからパーティーシーンなどの華やかな場所にも最適です。

インテリアにも

その美しく繊細な世界観から、スカーフとして重宝するのはもちろん、額縁に入れて絵画として、インテリアや美術品としても人気があります。
個性的なデザインに目を引く艶やかなカラーリングは、お部屋や玄関をHERMESの物語の世界へ導いてくれそうな華やかな雰囲気を醸し出してくれますよ。

HERMES"カレ"の美しい世界観を堪能してみてはいかがでしょうか

HIROBさん(@hirob.jp)がシェアした投稿 -

1枚1枚、熟練の職人によって作られた繊細で美しい"カレ"。
HERMESだからこそ出せる無限の可能性を秘めた物語は、世界中の人々から愛され続けています。
エレガントなシルクの布を1枚プラスするだけで、いつものコーディネートが確実にアップしますよ。
自分へのご褒美や大切な方へのプレゼントなど、HERMESの"カレ"を手に取ってみてはいかがでしょうか。
きっと、HERMESの美しい世界観を堪能できることでしょう。

■HERMES(エルメス)

http://japan.hermes.com/la-maison-des-carres.html

INTRODUCTION of THE WRITER

Megumi
name. Megumi
コスメや美容が大好きな主婦です。
お役にたてるような記事を書いていきたいと思います。
よろしくお願いします☆

RELATED

HERMESのスカーフ、"カレ"。首に巻いたり頭を覆ったりとコーディネートのアクセントとして使われることの多いスカーフですが、HERMESのスカーフは1枚で主役級! 美しく魅力溢れる"カレ"をご紹介します。