HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

新感覚! 液体金属が時を刻む”LM Watch”とは?

腕時計といえば、針、またはデジタル表示が時を刻むのが一般的でしょう。今回紹介する腕時計は、そのどちらでもありません。LM Watchは、液体金属が時を刻む時計です。

LM Watch

LM Watchとは?

LM Watchは、液体金属が時を刻む時計です。時計といえば本来は針、またはデジタル数字で表示されるのが一般的でしょう。しかし、このLM Watchはその常識を覆し、金属で時間を表そうというコンセプトのもと誕生しました。このLM Watchは、液体金属が動くことによって現在時刻を表示します。Waikeru Design Studioが開発したこのLM Watchは、まさに映画ターミネータのような時計です。

現在LM Watchには、ガンメタルのボディ+レザーベルト、シルバーのボディ+レザーベルト、ガンメタルボディ+メタルバンド、シルバーのボディ+メタルバンドのモデルに、液体金属がブルー、レッド、グリーンのモデルがあります。

LM Watchの仕組み

LM Watchの仕組みは非常にシンプルで、時間の見方も非常に簡単です。まず、外周にある液体金属の玉が「時間」を表しています。そして、内周のある液体金属の玉が「分」を表します。LM Watchにはさらに、時間を関係のない液体金属の余っている部分が浮遊しています。LM Watchの弱点は、針が時を刻む時計や、デジタル数字が時を刻む時計より、時間の正確性に欠けるという点があります。正確な時間を認識するのが難しいということです。しかし、LM Watchはもとより、ファッションとして身につける側面の強い時計であるため、そこは割り切る必要があるでしょう。

LM Watchに使われている金属は水銀ではなく、ある科学メーカーの協力のもと常温で液体として存在できるある液体にシルバーの色をつけているものとのことです。

LM Watchを買うには?

現在このLM Watchを手に入れるには、ECサイトであるMachi-ya、または、ECサイトのSEAHOPEで入手することができます。非常に高い人気のため、在庫に限りがあるようです。Machi-yaには、waikeru-designが直接出店しています。オンライン時計ECサイトであるSEAHOPEには、数多くのLM Watchのモデルが販売されており、自分の好みにあったLM Watchを手に入れることができるでしょう。Matchi-yaにおいては、waikeru-designが直接出店しているため、2万5千円程度で購入することができるようですが、SEAHOPEは3万7千円程度からとなっており、Machi-yaの方が価格的には安いようです。

Machi-ya:http://waikeru-design.machi-ya.jp/l-m-watch-シルバーメタルベルト
SEAHOPE:http://seahope.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1968239&csid=0

風変わりでかっこいいLM Watch

液体金属が時を刻むLM Watchを紹介してきました。LM Watchは非常にイノベーティブでクールな腕時計です。さらに、かなりSFチックで、男のロマンをくすぐる時計となっています。Machi-yaには、waikeru-designが販売している他の個性的な腕時計もあります。例えば、心拍数をモチーフにした腕時計や中央線の電光掲示板をモチーフにした腕時計など、他ではお目にかかれない腕時計が販売されています。一見の価値ありです!

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

腕時計といえば、針、またはデジタル表示が時を刻むのが一般的でしょう。今回紹介する腕時計は、そのどちらでもありません。LM Watchは、液体金属が時を刻む時計です。