HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

海鮮好きなら一度は食べてみたい!絶品の「赤ウニ丼」とは?

「赤ウニ丼」を知っていますか?北海道でしかとれないウニを使用した、とても贅沢などんぶり。例年6月頃の解禁まであと少しとなり、今年こそはと考えている人もいるのでは。今回は、そんな「赤ウニ丼」をご紹介します。

@kimyukiがシェアした投稿 -

赤ウニって?

北海道でいう「赤ウニ」とは、エゾバフンウニのことで、一般的に北海道で出回るキタムラサキウニと比べて、実が赤いことから「赤ウニ」と呼ばれるようになりました。

外側の見た目の特徴は、殻のとげが短く、栗のイガのような形をしていて、名前の通り、馬ふんの形に似ています。漁期が6~8月と限定されている上、白ウニよりも収穫量が少ないため、市場に出回る場合はかなりの高値が付きます。
中身は濃いオレンジ色をしており、味は白ウニに比べて強い甘みを持っているのが特徴です。

積丹半島のウニが美味しい理由は?

北海道の西側にある積丹半島は、「積丹ブルー」と呼ばれる青く美しい海に囲まれています。

積丹でとれるウニが絶品なの、その美しい海のほかに、もう一つ理由があります。それはウニのエサとなる「細目昆布」です。

ウニは単純な構造をしているので、 食べているエサがそのままウニの味として私たちを楽しませてくれます。細目昆布は、とろろ昆布やおぼろ昆布の原料となる昆布で、癖が無いと言われています。

きれいな海水と、たっぷりの細目昆布を食べた積丹のウニは、癖のない中に濃厚な甘みとさわやかな海の香りがし、まさに絶品なのです。

「赤ウニ丼」を食べられるおススメのお店3選

お食事処みさき

#積丹町 #みさき #うに丼

Koki Nakashimaさん(@koog_ray)がシェアした投稿 -

「赤ばふん生うに丼」は1日15食限定です。6月中旬から8月ころまでの期間限定で、ピーク時には開店2時間前に行っても、食べられないことがあるそうです。

なぎさ食堂

#積丹#ウニ丼#渚#なぎさ食堂

Daisuke Hatakeyamaさん(@vwftsptz)がシェアした投稿 -

ウニのメニューだけのお店です。こちらも早くいかなければ、赤ウニ丼は売り切れてしまいます。

田村岩太郎商店

行列!! #田村岩太郎商店 #ぶっかけウニ丼 #積丹 #美国 #暑い!

1983さん(@a.y_belief)がシェアした投稿 -

こちらの名物は、「朝うにぶっかけ丼」。
大きなボウルに入った塩水ウニを、自分で網じゃくしですくい、ご飯の上に豪快に「ぶっかける」というどんぶりです。1日に50~80食限定で、天候により収穫量が左右されるため、食べられないこともあります。予約もできないため、食べられるか食べられないかは行ってみないと分かりません。
もちろん時期には赤ウニ丼も提供しています。

この夏はウニを食べに北海道へ!

いかがでしたでしょうか。

東京ではなかなかエゾバフンウニをどんぶりで食べられません。
飛行機代を払ってでも、一生に一度は食べたいものですね。

積丹はウニだけでなく、その他の海鮮も有名です。ウニが苦手な人と言っても、美味しい海鮮丼が食べられるので、みんなが満足できます。

ぜひ旅の候補にいれてみてくださいね。

INTRODUCTION of THE WRITER

FOOD & HEALTH
name. FOOD & HEALTH
管理栄養士として保健指導業務をこなす傍ら、
日々健康とは何かと模索しています。

RELATED

「赤ウニ丼」を知っていますか?北海道でしかとれないウニを使用した、とても贅沢などんぶり。例年6月頃の解禁まであと少しとなり、今年こそはと考えている人もいるのでは。今回は、そんな「赤ウニ丼」をご紹介します。