HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

海外“モンスター級野外フェス”主要4カ国をPICK UP!

日本でも毎年いくつもの野外ロックフェスや、クラブフェスが開催されている。 もちろん、海外でも特色豊かで趣向を凝らしたフェスが各国で相当数開催されている。 近年、日本からフェスを目的に海外を訪れる人も増えてきた。 今回は、アメリカ、イギリス、ベルギー、オランダの最大級のフェスをピックアップ。 それでは早速ご紹介していきましょう。

COACHELLA Valley Music and Arts Festival/カリフォルニア・アメリカ

世界で最も有名な“砂漠の祭典”

例年4月アメリカ カリフォルニア州のコーチェラバレー(砂漠)で開催。毎年多くの音楽ファンが熱狂する世界屈指の大規模野外音楽フェス。

アーティストのジャンルも様々。近年世界規模で勃興しているジャンル、EDMをはじめ旬なアーティスト、サウンドクリエイターが集結。また、毎年豪華なサプライズゲストを呼びファンを驚かせるのが恒例となっている。

会場内にはいくつもの巨大なアートオブジェが設置され、圧巻の一言に尽きる。

2015年約8400万ドルの売り上げを記録。名実ともに世界No.1の野外音楽フェスといっても過言ではない。

開催期間は金土日の3日間×2週に渡って行われている。

Glastonbury Festival/ピルトン・イギリス

伝統あるロックフェスは“パワースポット”で

イギリス南部サマセット州の小さな農村、グラストンベリーで行われるパワフルな野外フェス。例年、6月の後半から、5日間の開催で延べ100万人以上が訪れる。

1970年から始まった伝統的なこの野外フェスは、現在では音楽だけではなくダンスや演劇、映画やサーカスなど様々な芸術を集めた祭典になっている。

もともとはロックフェスとして始まったが、現在では様々なジャンルのステージを楽しむことができる。開催直前まで発表されないラインナップは良くも悪くもこのフェスの特徴として知られている。

またグラストンベリーは、パワースポットとしての人気も高い。町のシンボル“グラストンベリー・トー”は地元の人も愛する有名なパワースポット。

現地の6月下旬の気候は20℃前後と、比較的過ごしやすい。

数々の有名人の目撃談も多く、一般客同様、普通に楽しんでいる姿も目にすることができるかもしれない!

Tomorrowland/ボーム・ベルギー

Down Memory Lane, 2014: The Key to Happiness...

Tomorrowlandさん(@tomorrowland)がシェアした投稿 -

EDMに特化した世界最大級の野外クラブフェス。
毎年300人以上のDJおよび、サウンドクリエイターが世界各国から集結し、3日間×2週にわたりスピンする。
15にも及ぶステージセットや仕掛け(花火など)は、そのどれも類を見ない豪華さでド派手極まりない。
最新鋭のクラブミュージックとのコントラストで、足を運ぶダンスフリークたち誰もが魅了されるファンタスティックな6日間。

とにかくド派手、チケット争奪戦の“テーマパーク型フェス”

極彩色豊かな世界が広がり、ダンスフリークたちもこの日ばかりは熱狂!

SENSATION/アムステルダム・オランダ

芸術性が極めて高い“純白のフェス”

ドレスコードあり!世界の野外フェスの中でもひと際異彩を放っているのが、オランダはアムステルダムで行われる“SENSATION”
全身白に身を包んだオーディエンスが、最新鋭のクラブミュージックに熱狂する。
ステージ及び舞台美術、演出、そのどれをとっても芸術性が高い。
かつて体験したことのない空間が待っていること間違いなし!

2015年より“SENSATION JAPAN”として日本上陸(幕張メッセ)
その圧倒的な世界観が日本のクラバーたちを魅了した。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、アメリカ、イギリス、ベルギー、オランダの最大級のフェスをピックアップしました。
友人を引き連れて、熱狂的な一夜を楽しんでみては?

INTRODUCTION of THE WRITER

NUCLEYA
name. NUCLEYA

RELATED

日本でも毎年いくつもの野外ロックフェスや、クラブフェスが開催されている。 もちろん、海外でも特色豊かで趣向を凝らしたフェスが各国で相当数開催されている。 近年、日本からフェスを目的に海外を訪れる人も増えてきた。 今回は、アメリカ、イギリス、ベルギー、オランダの最大級のフェスをピックアップ。 それでは早速ご紹介していきましょう。