HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

梅雨だからこそ見に行きたい、日本の絶景5選

ジメジメとした梅雨、降り注ぐ雨に気持ちもしょんぼり。折角どこか出かけたいと思っていても、雨だから…と諦めていませんか? 今回は梅雨だからこそ楽しめる日本の絶景をご紹介します。

埼玉県、秩父の秩父雲海

東京から車で一時間弱、最初の絶景ポイントは埼玉県秩父。雲海で有名なのは富士山や兵庫県の竹田城後ですが、実は都内からとても近いところに雲海を望めるところがあります。

そんなに近いなら梅雨の時期じゃなくても、と思う方もいると思いますが雲海には発生条件があります。雲海が発生しやすい湿度の目安が98%以上。前日に雨が降った風の少ない晴れの日が一番発生がしやすいのです。秩父は盆地なので放射冷却が起きやすく、風も少ないので雲海が発生しやすい条件がそろっています。時期は梅雨から夏にかけては未明~朝日が昇る6:30頃まで、秋から冬にかけては未明から空気が温まるまでの8時半頃まで。その日の気温によっても見える時間の長さがあるので湿度、気温には注意してください。

ご注意:梅雨時期ですので空気が冷たい上に、放射冷却からくる雲海を見るので”とても寒い”です。また、地面は湿っているのでこけたり、滑ったりしやすくなっていますのでご注意ください。
ご覧になりに行く際には、歩きなれた”きちんと踏ん張りのできる靴”と”暖かい飲み物”、”暖かい上着”をお忘れずに。
でなければ私のようにその後、風邪をひきます。

美の山公園

こちらのTwitter写真は美の山公園という場所で撮影されたものです。梅雨の時期は紫陽花が咲き乱れており、紫陽花の中に沈む雲海を眺める事が出来ます。

美の山公園の特徴は、ほかのスポットよりも広範囲に雲海を眺める事が出来るところです。展望台が三か所あり、朝焼けを眺めながらや夜景と雲海のコラボレーションも楽しめるスポットなどがあります。

三峰神社

こちらは紅葉のスポットとして知られる三峰神社です。パワースポットとしても名高く、主に恋愛成就の祈願などに訪れる人が多いそうです。そんな三峰神社ですが、梅雨から夏にかけては雲海に沈む秩父の街を一望する事が出来ます。

雲海は本殿より手前の奥宮遥拝殿から見る事が出来ます。拝殿への道は階段がありますのでご注意ください。標高が1100mとかなり高い位置から眺める事が出来るため、ほかの雲海スポットも上から見下ろす事が出来ます。

星空と雲海のコラボレーションが望めるのもこちらのスポット。標高が高い事と雨上がりで雲が上に無いことが条件なので、ここでしか見られない絶景が楽しめます。

8月21日午前1時 星空と雲海と秩父の夜景 #三峯神社 #三峰神社 #雲海 #秩父 #秩父雲海 #seaofclouds #japan

三峯神社さん(@mitsuminejinja)がシェアした投稿 -

京都府 苔と蓮華の大原三千院

こちらはもう言わずと知れた梅雨の時期と紅葉の時期に大人気のスポット、京都府大原にある三千院です。優し気な地蔵と見事に苔むした庭が人気の梅雨の時期の三千院、拝観の際には是非カメラをお手元にお持ちください。

もう一つの見どころは院内にある蓮華。五月の梅雨の時期に最盛期を迎える蓮華は花言葉は「心が和らぐ」「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」など、三千院に置かれている地蔵とおなじような優しげな花言葉ですね。

ご注意:苔は生えるのに数十年の月日を要します。拝観、撮影の際は決して踏み荒らしたりお手を触れたりなさないようにお願いします。

鳥取県 ユリの花回廊

鳥取県の西部、とっとり花回廊は東京ドーム11個分の土地を有する国内でも有数のフラワーランドです。五月の中旬から夏にかけて、日本原産のユリや国内外の原種のユリが盛大に咲き誇っています。その数なんと9万球。中々それだけの量のユリを目にする機会はないので、是非お勧めです。

雨が降っていても散策が出来る屋根付きの遠望回廊やフラワードームもあり、梅雨の時期に天気を気にせずに訪問する事が出来ます。夜にはムーンライトフラワーガーデンといって月あかりをイメージした柔らかい照明でライトアップされ、幻想的な風景を浮かび上がらせています。

ご注意:雨の日に赴くなら、場外のユリ園は足元の土がぬかるみ非常に滑りやすくなっておりますので”汚れてもいい靴”や”滑りにくい靴”を持って行ってください。

千葉県 濃溝の滝

こちらは千葉県君津市にある濃溝の滝です。一年を通して見る事が出来ますが、一番見頃の時期は梅雨の時期で、他の時期だとどうしても降雨量に左右される為、池の水の量が少ない時があります。なので訪れるのは梅雨の季節がおすすめです。

朝の早い時間に行けば、洞穴から入る光の具合で差し込む光と、水面に移る光が合わさってハートの様にも見える事があります。赴かれる場合は是非シャッターチャンスを狙ってみる事をお勧めします。

ご注意:透明度の高い池の水嵩は浅いところだと膝まで行かないので、水の中に入って撮影する人もいるそう。水中に入る際には滑らないようにお気を付けください。

北海道 東藻琴の芝桜祭り

梅雨の時期の北海道、東藻琴公園では日本最大級の芝桜が見頃です。世界でも有数の芝桜のお祭りで、毎年国内外からも多くの人が訪れ、更には熊本からはくまもんが訪れたこともあるそうです。

開花状況は西向き斜面と南向き斜面ではややずれがあり、どちらの斜面も満開という状況に行くには東藻琴芝桜公園のHPで開花状況を確認してから訪れるのがいいでしょう。

GW期間中や日曜日には様々なイベントが行われているので、家族連れ、お子様連れで訪れる方も多く、賑わいを避けたい方は園が行っている園内遊覧車や空中遊覧ヘリコプターのご利用もお勧めです。

ご注意:降雨量が少ないとはいえ5月、6月の北海道ですから、非常に冷える時期があります。赴かれる際は”暖かい服装”を用意して下さい。
食堂はありますが規模があまり大きくないため、食材を持ち寄りキャンプ施設側のドリームハウスを使用するのもお勧めです。(要予約)

まだまだ沢山ある梅雨の名所

梅雨の時期だからこそ美しい日本の名所を5つ紹介させていただきました。如何でしたでしょうか?
今回ご紹介させていただいた5か所以外にも、まだまだ梅雨ならではの名所が日本には沢山あります。

雨の時期だから気分が落ち込んでしまう、何処かに出かけたいけど雨だから、と思われる方はぜひ梅雨だからこその絶景スポットを探してみてはいかがでしょうか?行楽シーズンとはまた違った味わいを出すこの時期だけの旅行はきっとあなたを元気にしてくれるでしょう。

(最後の写真は新宿御苑です。新海誠監督作品の「言の葉の庭」の舞台になったところですね。再限度がすごいと話題のこの作品、梅雨の時期の絶景という事でこちらも都内に住まれている方は映画をご覧になった後行かれてみてはいかがでしょうか)

INTRODUCTION of THE WRITER

S,SUZUKA
name. S,SUZUKA
三児の母で、映画が大好きです。子供がまだ小さいため在宅でクラウドワークス内にてライターとロゴデザイナーを仕事として行っています。こちらHSB以外では(株)wakutetkuや、他個人サイトにてコラム枠を頂き記事を書かせていただいています。

RELATED

ジメジメとした梅雨、降り注ぐ雨に気持ちもしょんぼり。折角どこか出かけたいと思っていても、雨だから…と諦めていませんか? 今回は梅雨だからこそ楽しめる日本の絶景をご紹介します。