HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

東南アジアの富豪国〝ブルネイ〟豊かである所以とは?

地理の授業でASEAN諸国について触れたときに国名が出てくるブルネイ…、他のASEAN諸国と比較すると知名度と旅行者の数が少ないのは否めませんが、実は世界有数の富豪国で一部のセレブがバカンスでよく訪れる国なのです。 東南アジアの小国でありながらなぜそんなに豊かなのか、国民の暮らしは、観光名所はあるのか気になることを調べました。

ブルネイ概要 場所は?経済は?

@nico_nico78がシェアした投稿 -

ブルネイ(正式国名:ブルネイ・ダルサラーム国)は、ボルネオ島にある東南アジアの国の一つです。ASEANにも加盟しています。
面積は日本の三重県と同じくらい、人口は約40万人という小さな国です。
産業は石油と天然ガスの採掘で、この資源が国全体の輸出額をほぼ100%シェアしています。
一人当たりのGDP(2013年の場合)は、日本が世界で22位なのに対し、ブルネイは5位という結果です。
所得税・消費税などの税金も無く、教育費や医療費も国が負担するので無料です。
物価は東南アジア諸国と比較すると高めですが、それでも日本の2/3程度です。
潤沢なオイルマネーをもとに、国王が国民にも恩恵が行き渡るような政策を取っているため国全体が豊かと言っても過言ではありません。
公用語はマレー語ですが、英語教育も充実しているため英語を話せる国民が多いです。

ブルネイと日本の関係は?

ブルネイが世界有数の石油・天然ガスの輸出国であることは先述しましたが、日本にも天然ガスを輸出しています。日本が消費する天然ガスの約6%を占めています。
そしてブルネイ側から見ると、日本は天然ガスの最大の輸出相手国で90%を占めています。
貿易面では浅からぬ縁を感じますね。

ブルネイ国王 ハサナル・ボルキア氏

国王はハサナル・ボルキア氏で第29代の国王です。国王であるとともに世界有数の資産家でもあります。個人資産は200億ドルと見積もられ、国家元首としては世界第四位にランクインしました。
50歳の誕生日に東南アジア最大のテーマパークを個人資産でつくり、国民を大いに湧かせました。
5,000台以上の車を所持しており、ギネスブックに載るほどの豪華で大きな宮殿を邸宅として構えています。
経済的に裕福なだけでなく、国民に対する懐の大きさにより、国民からは大きな支持を受けています。

ブルネイの観光名所

イスタナ・ヌルル・イマン(Istana Nurul Iman)

先述の王宮です。遠くからでも、見るからに荘厳な宮殿というのが分かります。ギネスに認定された建物の床面積は約200,000㎡です。
見た目も豪華ですが、建物の中も驚くほど豪華です。収容可能人数が5,000人のパーティールームがある他、バスルームは250室以上、部屋は1,700室以上と国王と言えど個人の宮殿としては想像ができないぐらいスケールが大きいのです。
普段は中に入れませんが、遠くから眺めるだけでも一見の価値があると言えます。

ブルネイ博物館

ブルネイを訪れたからには、その国の歴史や文化について知ると旅がより有意義になるかもしれません。ブルネイ博物館は中心街から車で15分ほど離れた公園の中にあります。
入館料は無料で、ブルネイで育つ植物、王族の歴史、現在の石油産業に関連する展示が充実しており、ブルネイに対する理解がより深まるでしょう。
公園内は散策道が整備されているため、時間があれば散歩も楽しめます。

宿泊したいホテルはここ!THE EMPIRE 

ブルネイの七つ星ホテルです。ちなみに世界で七つ星ホテルは2つしか存在しないそうです。見た目もゴージャスなリゾートホテルという雰囲気ですが、建物内も大理石の柱が何本も立っていたり、お手洗いの電気のスイッチまで金色だったりと豪華です。
こんな豪華なホテルですが、部屋によっては一泊2万5千円前後で、想像よりはリーズナブルに宿泊できます。

週末だけで旅行可能 一度は行ってみたいブルネイ

ブルネイについて経済的な裕福さと背景に触れながら、名所もピックアップしました。いかがでしたでしょうか?直行便は無く、マレーシア経由が一般的なルートですが、距離的に近いので週末プラス有給1-2日で行けそうです。マレーシア旅行のついでに寄るのも良いでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

housekeeper
name. housekeeper

RELATED

地理の授業でASEAN諸国について触れたときに国名が出てくるブルネイ…、他のASEAN諸国と比較すると知名度と旅行者の数が少ないのは否めませんが、実は世界有数の富豪国で一部のセレブがバカンスでよく訪れる国なのです。 東南アジアの小国でありながらなぜそんなに豊かなのか、国民の暮らしは、観光名所はあるのか気になることを調べました。