HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

最強オフローダーの新型:Mercedes-AMG G63

最強のオフローダーとして知られている”Mercedes-Benz Gクラス”。そのGクラスの頂点に位置するハイパフォーマンスモデルが”Mercedes-AMG G63”です。2018年2月に新型が発表され、ジュネーブ・モーターショーでお披露目されました。

Mercedes-AMG G63

@m_luxury_mがシェアした投稿 -

新型AMG G63とは?

”Mercedes-AMG G63”はドイツの自動車メーカーである”Mercedes-Benz”のパフォーマンス・ディビジョンである”Mercedes-AMG”によって開発された本格SUVです。”Mercedes-Benz Gクラス”は、1979年に軍用ジープの民生用モデルとして登場して以来、その無骨でタフなスタイルや極めて優れた走行性能から全世界で人気を集めている歴史あるマシンです。そんなGクラスが今年2018年に初めて本格的な全面刷新が行われ、さらにAMGから発表されたモデルがこの”Mercedes-AMG G63”です。このモデルは通常のGクラスの魅力に加えて、AMGによって施されたより高いパフォーマンスが魅力の一台となっています。

強力なエンジンを搭載し、圧倒的なパワーを発揮

”AMG”というバッジがつけられたモデルには、常にパワフルなエンジンが搭載されてきました。”AMG G63”においても例外ではなく、”Mercedes-AMG GT R”にも搭載されている4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンのバリエーションで、最高出力585ps/6,000rpmと最大トルク850Nm/2,500-3,500rpmを出力する極めてパワフルなエンジンが搭載されています。パワーは9速オートマチック・トランスミッションを介して4輪すべてに送られ、40:60のトルク配分でよりオンロードでの走行性能を高めているという特徴があります。そのため、0-100km/hまで4.5秒で加速し、最高速度はリミッター制限で220km/h、ドライバーズ・パッケージ装着で240km/hまで引き上げることができます。もちろんオフロード性能にも妥協はなく、4輪駆動のロー・レンジと3つのディファレンシャルロックが搭載されており、いかなるテレインでもしっかりとした走行性能を確立しています。また、固定式だったフロントサスペンションがダブルウイッシュボーン式になったことで、これまでの弱点であったハンドリングも克服しています。

初代から変わらないGワゴンのスタイル

”AMG G63”のエクステリアは、ひと目で”Gクラス”とわかるスタイルとなっています。1979年からの販売という非常に長い歴史を持つオフローダーが”Gクラス”であり、その力強いイメージはもちろんこの”AMG G63”にも引き継がれています。これまでのモデルとの違いとしては、Mercedes-AMGのスーパーカーである”Mercedes-AMG GT R”からインスパイアされたフロントグリルが挙げられます。また、フロントバンパーもよりタフでアグレッシブなデザインとなっています。それ以外は、高い車高とワイドなフェンダー、ボックススタイルのボディなどこれまでのGクラスとほぼ同様のデザインとなっています。

磨き上げられた最強のGワゴン:Mercedes-AMG G63

@dohacarzがシェアした投稿 -

ドイツの自動車メーカーである”Mercedes-Benz”のパフォーマンス・ディビジョンである”Mercedes-AMG”から販売されているラグジュアリー本格SUV”Mercedes-AMG G63”について紹介してきました。Gワゴンは、1979年の登場以降、その姿をほとんど変えずに今まで販売されてきた歴史あるマシンとして知られています。そのモデルが今年2018年初めて全面的な刷新がなされ、その中で”Mercedes-AMG G63”は頂点に位置する最もハイパフォーマンスなモデルとなっています。歴史とともに磨き上げられた最強のSUVがこの”Mercedes-AMG G63”と言えるでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

最強のオフローダーとして知られている”Mercedes-Benz Gクラス”。そのGクラスの頂点に位置するハイパフォーマンスモデルが”Mercedes-AMG G63”です。2018年2月に新型が発表され、ジュネーブ・モーターショーでお披露目されました。