HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

最強のCクラス ”Mercedes-AMG C 63”

メルセデス・ベンツのCクラスといえば、ミッドレンジで多くの人が愛用しています。そのCクラスで最強のマシンが”Mercedes-AMG C 63”です。圧倒的なパフォーマンスとスタイリッシュなCクラスのボディを身にまとったMercedes-AMG C 63は、世界中の自動車ファンが息を飲むマシンとなっています。

Mercedes-AMG C 63

Mercedes-AMG C 63とは

Mercedes-AMG C 63は、メルセデス・ベンツから販売されている乗用車です。Mercedes-AMG C 63は、メルセデス・ベンツのミッドレンジの乗用車であるCクラスのパフォーマンスモデルで、メルセデス・ベンツのサブブランドであり、スポーツ・レース系のチューンナップを施したハイパフォーマンスカーを手がけているMercedes-AMGからデビューしているマシンです。Mercedes-AMG C 63には、その下位モデルであるMercedes-AMG C 43というモデルも用意されており、こちらには、3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジンと、高性能エンジンのハイパワーを四輪に最適に配分するMercedes-AMGが開発した4WDシステムである4MATICが搭載されています。

Mercedes-AMG C 63には、クーペタイプ、カブリオレタイプ、セダンタイプ、ステーションワゴンタイプが用意されており、高いパフォーマンスを備えるマシンを自分のニーズに合った形で乗ることができます。それぞれ価格が異なります。

クーペタイプは、Mercedes-AMG C 63 Coupeが12,510,000円から、より高いパフォーマンスを発揮するMercedes-AMG C 63 s Coupeが13,630,000円からとなっています。

カブリオレタイプは、Mercedes-AMG C 63 s Cabrioletのみが用意され、税込み14,200,000円からとなっています。

セダンタイプは、Mercedes-AMG C 63が、税込み12,240,000円から、Mercedes-AMG C 63 s が税込み13,570,000円から。

ステーションワゴンタイプも、セダンタイプと同様の価格設定となっています。

Mercedes-AMG C 63のパフォーマンス

Mercedes-AMG C 63は、高出力のエンジンとその他メルセデス・ベンツが歴史の中で、そして積極的なレース参戦で培ってきた技術の組み合わせで非常に高いパフォーマンスを誇っています。クーペ、カブリオレ、セダン、ステーションワゴンの全てのボディタイプに、ノーマルのC63、より高いパフォーマンスを誇るC63 Sの2タイプに同様のエンジンが搭載されており、その他採用されているテクノロジーも共通のものとなっています。

Mercedes-AMG C 63には、次世代のハイパフォーマンスと高効率を実現する4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンが搭載されています。このエンジンは、こだわり抜いた設計のもと、コンパクトなサイズでありながらも、ターボチャージャーへ適切に空気を送り込むことで、莫大なパワーとクイックなレスポンス同時に実現した優れたものとなっています。このMercedes-AMGの培ってきた先進技術をふんだんに取り込んだエンジンは、Mercedes-AMG C 63において、476PSを出力し、650Nmというトルクを発揮、より高いパフォーマンスを誇るMercedes-AMG C 63 Sには510PSという莫大なパワーを発揮し、700Nmという強大なトルクを発生させます。

Mercedes-AMG C 63とC 63 sには共通の走行モードとして、快適性と燃費を優先するモードである「Comfort」、スポーティーで軽快な走りを実現する「Sport」とより機敏に、力強い走りを実現する「Sport+」、そして、自分のニーズに合わせて、様々なパラメーターを個別に設定できる「Individual」モードが用意されています。さらに、より高いパフォーマンスを誇るC 63 sには、専用の「RACE」モードがあり、サーキットでの走行において、マシンの性能を最大限引き出ことでレースカーとしてのC63 s を楽しむことができます。

C63には機械式のリミテッド・スリップ・デフが採用あれ、発進から、コーナリングなどにおいて、力強いトラクションと、高速コーナリングや急ブレーキ時にも高い安定性を実現。C63 sには、電子制御式のリミテッド・スリップ・デフが採用され、マシンの走行状況に応じて左右輪の動きを電子制御します。これにより、一般的な舗装路を走行しているときはもちろんのこと、ウェットコンディションや、雪道など様々な道路環境においても快適で、安定した走行を実現しています。

Mercedes-AMG C 63のエクステリア

Mercedes-AMG C 63のエクステリアは、AMGではないノーマルのメルセデス・ベンツCクラスのものを踏襲しています。クーペタイプは、全体的に空気の流れを妨げないように、流れる様なデザインとなっており、セダンやステーションワゴンに比べて、よりスポーティーでその内に秘めたパフォーマンスを隠しきれないようなエクステリアとなっています。ワイドなボディも特徴的です。カブリオレは、クーペをベースとしつつ、ルーフを開けた状態では、スポーティーで機敏な印象に、ルーフを閉めた状態では、高級感のあるラグジュアリーなマシンとしての印象を見る人に与えます。セダンタイプは、メルセデス・ベンツCクラスよりも、若干大きくなったボディが特徴的で、まさにスポーツセダンといった印象のエクステリアに仕上がっています。ステーションワゴンも、セダン同様に、メルセデス・ベンツCクラスステーションワゴンよりも大きくなったボディを持っており、そのダイナミックなエクステリアは、高いパフォーマンスと力強い走りを体現しています。

Caryさん(@sxty3)がシェアした投稿 -

Mercedes-AMG C 63のインテリア

Mercedes-AMG C 63のインテリアはスポーツ性と高級感を両立したメルセデス・ベンツらしいものに仕上がっています。メルセデス・ベンツのクラフトマンシップをいたるところに感じることのできるインテリアには、数々の厳選した素材が使用されており、走る喜びを感じる理由の一つとなるスポーティーなステアリングホイールには、メルセデス・ベンツの代名詞的なレザーであるナッパレザーを用いています。ホールド性の高いシートは、高級感を持ちつつもスポーティーな印象で、高速走行時にもドライバーを安定して包み込む設計となっています。ステアリングホイールの奥にまとめられた計器類もスポーティーで、まさにスポーツカーといった印象です。

Cクラス史上最強”Mercedes-AMG C 63”

メルセデス・ベンツCクラス史上最強のマシン”Mercedes-AMG C 63”について紹介してきました。Mercedes-AMG C 63は、メルセデス・ベンツのフィロソフィーを体現したその高いパフォーマンスと、高級感あるエクステリア、インテリアを併せ持つ優れたマシンです。ハイパフォーマンスカーでありながらも、クーペ、カブリオレ、セダン、ステーションワゴンから選べる点も嬉しいところです。スポーツ走行も、普段使いにも使えるマシンが”Mercedes-AMG C 63”と言えるでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

メルセデス・ベンツのCクラスといえば、ミッドレンジで多くの人が愛用しています。そのCクラスで最強のマシンが”Mercedes-AMG C 63”です。圧倒的なパフォーマンスとスタイリッシュなCクラスのボディを身にまとったMercedes-AMG C 63は、世界中の自動車ファンが息を飲むマシンとなっています。