HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞:Volvo XC60

北欧スウェーデンの自動車メーカー”Volvo”から販売されているSUVが”XC60”です。2017ー2018年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したモデルで、Volvoらしい優れた感性で作り上げられた類まれなるマシンとなっています。

Volvo XC60

Simon Hameliusさん(@smhft)がシェアした投稿 -

日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞:XC60とは?

"XC60"は、スウェーデンの自動車メーカーである”Volvo”によって製造販売されているクロスオーバーSUVです。”XC60”は、Volvoらしい優れた感性が生かされたエクステリアやインテリア、そして優れた技術が結集されたパワートレインなど数多くの魅力を秘めたマシンです。また、その証拠として2017-2018年の日本カーオブザイヤーを受賞していることが挙げられます。そんな”XC60”の価格は599万円からとなっています。

Volvoらしい完成されたスタイル

”XC60”のエクステリアは美しくエレガントで、極めて完成されています。その落ち着いたエクステリアは、エンジンを止め路肩に停車しているときでも、静かにその存在感や躍動感を見る人に感じさせ、フロントからリアまで非常に整ったプロポーションは、力強さと美しさを見事に調和させています。フロントグリル

高い環境性能と抜群のパワーを両立するPHEVとしてのXC60

”XC60”のパワートレインには、3種類が用意されていますが、その中でも特筆すべきはPHEVシステムを搭載した”XC60 T8 Twin Engine AWD inscription"です。段階的に内燃エンジンのみを搭載した車両を減らしていくと発表しているVolvoらしく、環境性能の高いモデルへの開発も熱心で、このPHEV搭載モデルもその一端を担っています。318ps/400Nmを発揮するパワフルな直列4気筒インタークーラー付きツインターボエンジンと136ps/400Nmを発揮する電気モーターを組み合わせるこのPHEVシステムは、Hybrid走行で15km/L、電気モーターのみで45km走行可能という高い燃費性能を備えています。電気の力だけではなく、内燃エンジンの良さも併せ持つPHEVは現段階で最も優れたパワートレインの一つであるといえます。

先進の安全性

”XC60”にはVolvoが誇る先進の安全性も数多く搭載されています。"XC60"には、4つの世界初を含む16種類以上の先進安全技術が搭載されています。衝突回避の自動ブレーキや自動ステアリングや車線逸脱警報、クルーズ・コントロールやオートパーキングなどはもちろん搭載されています。また、世界初の技術として、北欧生まれのVolvoらしい”大型動物検知機能”や、交差点内で右折する際に対向車の動向を監視し、衝突の危険を検知するとオートブレーキを作動させて衝突を回避する”インターセクション・サポート”、カメラセンサーにより道路から逸脱する危険を検知すると、ステアリング操作およびブレーキ動作をアシストし、道路逸脱回避をサポートする”ランオフロード・ミティゲーション”、そして道路逸脱を回避できないと判断された場合、衝撃に備えてシートベルトを締めつけて安全な着座姿勢を確保するとともに、エアバッグや衝突時ブレーキペダルリリース機能などと連携し、乗員が負傷するリスクを低減する”ランオフロード・プロテクション”などの乗員を完全に守るための装備が非常に充実しています。

最高レベルのSUV:Volvo XC60

北欧スウェーデン生まれのSUVである”Volvo XC60”について紹介してきました。”XC90”はその洗練され研ぎ澄まされたスタイルと、パワフルで環境性能も高いパワートレインを持つ優れたSUVです。また、世界トップクラスの先進の安全性も備えており、万が一事故にあってしまったときやあいそうなときにも、そのリスクを低減できるはずです。まさに最高レベルのSUVが”Volvo XC60”であるといえます。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

北欧スウェーデンの自動車メーカー”Volvo”から販売されているSUVが”XC60”です。2017ー2018年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したモデルで、Volvoらしい優れた感性で作り上げられた類まれなるマシンとなっています。