HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

日本を代表するマシン ”日産・スカイライン”

日本を代表するマシンである”スカイライン”。かつては”日産・スカイライン・GTR”と呼ばれるスポーツカーでもあったこのマシンは、スカイラインとGTRの分裂後、ラグジュアリーで洗練されたセダンとして新たな歴史を刻み始めました。そんな日産・スカイラインについて紹介していきます。

日産・スカイライン

日産・スカイラインとは?

日産・スカイラインは、日本の自動車メーカーである”日産”が販売しているプレミアムスポーツサルーンです。日産・スカイラインというと、かつてのスポーツカーである”日産・スカイラインGT-R”を思い浮かべる人が多いと思いますが、現在は”日産・スカイライン”と”日産・GT-R”と二つの独立したモデルとして販売されています。日産・スカイラインは、ラグジュアリーでエレガントなボディスタイルを持ちながらも、スポーティーで攻撃的な印象も持っているのが特徴のモデルとなっています。日産・スカイラインの価格は4164,480円からとなっています。

洗練されたラグジュアリーなスタイル

日産・スカイラインのスタイルは、スポーティーでありながらも、エレガントでラグジュアリーさを持ち合わせていることが特徴です。日産・スカイラインはフロントからリアまで全体として流れるようなスポーティーなラインを描いていながらも、日産の高級ブランドである”INFINITI”のロゴが中央に輝くグリルが重厚感とエレガンスを象徴しています。また、リアのテールランプもスポーティーな印象に仕上がっています。日産・スカイラインは、ボディーカラーを9色から選択することができ、そのボディカラーによって印象が変わります。例えば、レッドやブルーのカラーを選択すれば、スポーティーな印象が強くなり、ブラウンやブラックなどの落ち着いた色を選択すれば、エレガンスやラグジュアリーが引き立ちます。

力強い加速性能と環境性能を両立させた優れた走り

日産・スカイラインには、走行性能と環境性能を高い次元で融合したハイブリッドシステムか、日産の歴代のターボ技術が活きるダウンサイジングターボエンジンが搭載されます。ハイブリッドモデルには、306ps/350Nmのパワーを発揮する3.5リッターV型6気筒DOHCエンジンと、68ps/290Nmのパワーを生み出す電気モーターが組み合わされています。システム合計374ps/640Nmを発揮するパワートレインにより17.8㎞/Lという高い燃費と640Nmものトルクによる抜群の加速など、安定したスポーティーな走りが魅力となっています。また、きめ細かなチューンが施されたサスペンションや優れた走破性を誇る4WDシステムなど、日産・スカイラインはかつてのモデルのDNAを確実に継承しています。

ガソリンエンジンモデルには、211ps/350Nmのパワーを発揮する2リッター直列4気筒ターボチャージドエンジンが搭載され、2.0リッターという小型エンジンながら3.5リッターレベルのトルクを発揮します。

上質でスポーツマインドあふれるインテリア

日産・スカイラインのインテリアは、歴代のスカイラインのようにスポーティーさも持ち合わせつつ、エレガントで快適な印象となっています。日産らしいスポーティなドライビングへの興奮と、日本のクラフトマンシップにより巧みに作り込まれた洗練された心地よいコックピットは、ラグジュアリースポーツカーのような印象さえ持っており、ステアリングに施されたステッチは日産・スカイラインのエレガンスを印象づけています。本皮のシートやウッドを活かしたインテリアは、見事に日産・スカイラインのイメージを作り上げています。

最高のスポーツサルーン:日産スカイライン

日産が販売しているスポーツサルーンである”日産・スカイライン”について紹介してきました。日産・スカイラインは、スポーツ性とエレガンスを持ち合わせる優れたマシンです。まさに、日本が誇る最高のスポーツサルーンであるといえるでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

日本を代表するマシンである”スカイライン”。かつては”日産・スカイライン・GTR”と呼ばれるスポーツカーでもあったこのマシンは、スカイラインとGTRの分裂後、ラグジュアリーで洗練されたセダンとして新たな歴史を刻み始めました。そんな日産・スカイラインについて紹介していきます。