HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

日本でトレジャーハンティング! レアで高額なレトロなゲーム 5 選

日本のビデオゲームは日本国内のオタク文化のみならず、海外でもサブカルチャーとして注目を集め続けています。約50年前から海外でも放送されている日本のアニメに影響された外国人も年々増えており、日本の映画、ファッションなどにも注目されています。 海外での日本サブカルチャー文化が売上高約200億円にも登っており、ただの娯楽だけではない日本のサブカルチャーに歴史と文化が融合した魅力が高まっています。

コレクター

日本国内の所謂、オタクやコレクターはその価値や貴重性をいち早く、見出しビンテージなどで廃盤や製造停止になっている商品を大事に保管しています。海外ではオリジナルが手に入らない場合や日本でしか販売されていないものも多く、一つ一つの希少性が高まり、海外からもそれらを求めて探しに来る人もいます。その中でも取引の値段にも厭わないほどレアとなってしまったお宝を紹介します。

1.バイオハザード コレクション

海外ではResident Evilと題しているゲームシリーズで、アメリカで映画化にもなったので爆発的に人気を集めているゲームです。ソニーのプレーステーションや任天堂から数々のゲームシリーズも出しているので、テレビゲーム好きの海外男子は集めている人も多くいるそうです。

・イーカプコン限定版 BSAA Watch Premium set ¥42,000
・6’s Preminum Edition ¥145,000

限定品かつ販売個数も少ないので、交渉次第で金額が上がる可能性もあるそうです。

2.鉄拳 ハイブリッド エクストリーム エディション

プレイステーション3専用のプレオーダー専用バンドルには、サウンドトラックCD、アートブック、Tekken Hybridなどが含まれています.Tekken Hybridには、Tekken Tag Tournament、デモ(「プロローグ」と呼ばれています) Tekken Tag Tournament 2、コンピュータアニメーションTekken:Blood Vengeance 3Dのためのものです。 開発元のNamcoはバンドルで操作可能なゲームを作製し、数少ない大きめのバンドルを用意しています。これが欲しいコレクターは約3万円前後で購入できますが、保存状態などによって金額は上下する場合があります。

3.アトランティスII 初回盤

セガから発売されたゲームソフトで、現在では定価7,800円で購入できます。PCやオンラインでのゲームが盛んで、海外からのプレーヤーも多いそうです。1982年に発売された初回盤は一時は生産停止になっており、大量生産されていなかったため、初回盤は60万円前後の価値があると言われています。

4.任天堂パワーフェスト 1994

ゲーマーの世界大会でも使用されていた(スーパーマリオブラザーズ)スーパーマリオカート、スーパーマリオカート、ケングリフィー、Jr.の3つの異なるゲームでアメリカ国内でも最高ポイントを獲得できることは表彰されるほど、当時は熱中する人が多かったそうです。特別に設計された33台余のカートリッジは、手に入りにくく、状態が良好であるものはほんのわずかであるため、プレーヤーの間では100万円ほどで売り買いされるそうです。

5.ダライアス(DARIUS ALPHA)

1986年にタイトーから発売されたシューティングゲームで、NECが専用PCエンジン(TurboGrafx)のゲーマーに配布されたDarius Alphaの1,000部以下のコピーワイドゲームです。カートリッジ版とCD-ROMがなければ作動しないので、約10万円くらいで取引されるそうです。
キャンペーン用の非売品「ダライアスプラス」はファンにとっては幻の超レアな付属品で話題になりました。今ではPC用にダライアスアルファやスーパーダライアスなども流通しています。

日本が誇るゲーム技術

ゲーム好きやマニアックな日本人や外国人が殺到するようなレアで愛着のあるゲームソフトは、年を経ても愛され続けています。もし手元に使っていないゲームソフトがあったら、もしかしたら今では高価な価値を生む「お宝」かもしれません。
これからも進化し続ける日本のゲーム業界、すでに世界屈指の技術やゲームデザインはサブカルチャーとして定着しているのではないでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Richess
name. Richess
高級なもの、価値のあるもの。本物を探し求めて旅をしています。

RELATED

日本のビデオゲームは日本国内のオタク文化のみならず、海外でもサブカルチャーとして注目を集め続けています。約50年前から海外でも放送されている日本のアニメに影響された外国人も年々増えており、日本の映画、ファッションなどにも注目されています。 海外での日本サブカルチャー文化が売上高約200億円にも登っており、ただの娯楽だけではない日本のサブカルチャーに歴史と文化が融合した魅力が高まっています。