HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

新緑の季節に乗りたい京都の路面電車、嵐電

新緑の綺麗な季節になりました。気温も上がり、こんな季節にはおでかけしたくなりますよね。車でドライブもいいですが、車窓からの景色を楽しめる電車でのおでかけもおすすめです。 今回は大人も子どもも楽しめる京都の唯一の路面電車である嵐電の魅力をご紹介します!!

京都の人に親しまれる嵐電とその歴史

@lemiel__がシェアした投稿 -

京都の人たちに親しみを込めて呼ばれる「嵐電(らんでん)」。京都の市街地から観光地の嵐山の間で運行されている、京都で唯一の路面電車です。路線の正式名称は京福電気鉄道嵐山本線・北野線ですが、この名で呼ぶ方はまずいません。

「嵐電」の歴史は古く、まず嵐山本線が1910年(明治43年)に開業しました。線路を敷いたのは嵐山電車軌道で、その後会社は京都電燈という電力会社に吸収合併されます。京都電燈が1926年(大正15年)に北野線を全通させ、現在の嵐電の2路線が完成しました。

その後戦時中に他の電力会社への施設を譲渡、解散を経て、1942年(昭和17年)にできたのが京福電気鉄道です。以降、京福電気鉄道嵐山本線・北野線という路線名で現在に至ります。

写真を撮りたくなる様々な嵐電の車両

嵐電の電車は全部で8形式あります。1971年(昭和46年)に生まれたモボ301形から2001年(平成13年)に生まれたモボ2001形まで新旧様々です。そして車体のカラーもグリーンベージュと呼ばれる嵐電の昔ながらのカラーや紫色、レトロなブラウンカラー、ラッピング車などがあります。

これらすべての車両の前後に運転席があり、1両での運転が可能です。ただ観光客も多いこちらの路線はほとんどの列車が2両連結して走っているそうです。ですがすべての電車に貫通扉がない為、連結しても車両間を行き来することはできません。そのため各車両にそれぞれの車掌が乗り込み業務が行われています。

車掌さんの中には巧みな英語を話す方が乗車することもあり、英語による車内放送は国際都市・京都ならではと感心されているそうです。さすがですよね。

魅力的な観光スポットがいっぱいの嵐電沿線

AKARIさん(@_akarin.com_)がシェアした投稿 -

嵐電沿線には嵐山をはじめ、映画村でも有名な太秦(うずまさ)といった観光地や世界遺産に登録された仁和寺(にんなじ)など京都に来たらかかせない観光スポットが数多くあります。

観光シーズンともなると嵐山や太秦へ向かう車が嵐電も走る府道に集中し、渋滞が起きることも珍しくないほどですが、嵐電を利用すると観光シーズンでも渋滞にはまることなく目的地に向かうことができます。

また太秦広隆寺駅は駅の目の前に広隆寺の山門があり、この山門前の併用軌道区間は嵐電の名撮影地としても有名で、訪れる鉄道ファンも多いそうです。電車に乗りながら京都の美しい街並みを楽しめるのはいいですよね。

Nobuhiro Kondouさん(@nobuhirokondo)がシェアした投稿 -

【路線名】京福電気鉄道嵐山本線・北野線

【運行事業体】京福電気鉄道

【営業距離】11km

【料金】210円(全線均一)

新緑の季節に乗りたくなる京都唯一の路面電車であり、歴史がある嵐電、いかがだったでしょうか。
2013年に嵐山駅の駅舎がリニューアルされ、駅の敷地を自由に出入りでき、駅ホームの足湯などを楽しむことができます。見どころも多く、500円で購入できるお得な「嵐電1日フリーきっぷ」もあるので一度嵐電で京都を巡ってみてはいかがでしょうか?

INTRODUCTION of THE WRITER

mamecoco
name. mamecoco
海が見える街に住む1児のこどもをもつ主婦です。
旅行、お菓子作り、うつわ巡りが趣味です。
こちらで興味をもっていただけるような情報を記事にできたらと思っています。
よろしくお願いします(^-^)

RELATED

新緑の綺麗な季節になりました。気温も上がり、こんな季節にはおでかけしたくなりますよね。車でドライブもいいですが、車窓からの景色を楽しめる電車でのおでかけもおすすめです。 今回は大人も子どもも楽しめる京都の唯一の路面電車である嵐電の魅力をご紹介します!!