HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

投資信託の基本 “パッシブ運用” と ”アクティブ運用”

近年はためたポイントで投資信託を始められるサービスなどが登場し、投資信託がかなり一般的なものとなってきました。投資信託には二つの運用方法があります。それは”パッシブ運用”と”アクティブ運用”です。

パッシブ運用とアクティブ運用

パッシブ運用

パッシブ運用とは?

パッシブ運用とは、投資信託などにおける運用手法の一つです。パッシブ運用とは180度異なる運用手法がアクティブ運用であり、アクティブ運用についてはパッシブ運用を紹介した後に、紹介していきます。パッシブ運用においては、投資信託会社、機関投資家が顧客から預かった資金を運用する上で、あるベンチマークを設定します。ベンチマークとは本来は測量における用語で”水準点”を表します。金融においては、何かを比較するための指標、基準などに対して利用される言葉です。投資信託などにおいて用いられるベンチマークは、主に日経平均株価すなわち日経225や、東証株価指数つまりTOPIXなどです。パッシブ運用では、これら設定したベンチマークに連動する運用を行い、これらベンチマークを超える運用成果を目指して資金が運用されます。

パッシブ運用のメリット

パッシブ運用・アクティブ運用どちらが良いかという比べ方はできません。どちらにもメリットとデメリット、リスクが存在しています。パッシブ運用のメリットとしては、基本的に販売手数料、信託報酬などが低いということがまず挙げられます。パッシブ運用は、日経225やTOPIXなどの設定したベンチマークに連動して運用するため、コンピューターに任せて機械的に運用する場合が多く、詳しい投資ストラテジーの作成や検討、投資対象の銘柄選択などにかかるコストがアクティブ運用に比べて低くなります。また、パッシブ運用はアクティブ運用に比べて、売買回転率が低くなるため、取引コストが下がるということも挙げられます。

パッシブ運用のデメリット

パッシブ運用のデメリットは、アクティブ運用に比べて、大きなリターンを期待できにくいという点があります。これは、あくまで期待値としての話ですが、パッシブ運用はベンチマークに沿った運用を行うため、そのベンチマークの値下がり、値下がり以上の価格変動が起きにくいということがあるからです。また、パッシブ運用はその企業の業績や経営体制などを運用の判断に用いません。あくまでベンチマークをフォローできるかという点に焦点が当たっているため、バブルなどに対応しにくいということも挙げられます。2000年のITバブル期のパッシブ運用がいい例です。

アクティブ運用

アクティブ運用とは

アクティブ運用は、投資信託などにおける運用手法の一つで、パッシブ運用とは対極に位置する運用手法です。パッシブ運用が設定したベンチマークに連動した運用を行う手法であるのに対し、アクティブ運用は、その設定したTOPIXやS&P500などのベンチマークを上回る運用成績を目指す手法です。パッシブ運用では、コンピューターが設定したベンチマークに連動するように機械的に運用を行っていましたが、アクティブ運用では、運用のプロフェッショナルたちが市場状況、企業の経営状態・経営体制、そして個別銘柄の分析などを行い、それらをベースに投資対象を決定し、資金を運用します。パッシブ運用が機械によって運用されるのに対し、アクティブ運用はファンドマネージャーという人間によって運用されると表現することもできるでしょう。

アクティブ運用のメリット

アクティブ運用のメリットとしては、市場平均、インデックスを超える運用益を期待することができるという点がまず挙げられます。もちろん全てのアクティブファンドが毎回市場平均を超えるパフォーマンスを発揮しているわけではありません。ベンチマークを越えようとしたけれども、インデックスに負けてしまったということは少なくありません。あくまでより能動的に運用を行っているということです。またアクティブ運用は、運用を機械的に処理するのではなく、割高株、割安株、市場の状況などを客観的に判断して運用を行うため、バブルなどの市場のリスクに対する対応が速いという点も挙げられます。

アクティブ運用のデメリット

アクティブ運用のデメリットは、購入手数料と信託報酬がパッシブ運用に比べて高いということが挙げられます。運用においてパッシブ運用に比べて多くの手間がかかるためです。また、アクティブ運用は、資産を運用するファンドマネージャーの能力に依存するということが挙げられます。これは極端な話ですが、優秀なファンドマネージャーであれば、インデックスを超えるパフォーマンスを出せる可能性が高いということで、あまり成績の良くないファンドマネージャーが運用するとパフォーマンスが低下するということです。

パッシブ運用かアクティブ運用、自分にあった運用方法を選ぼう

パッシブ運用とアクティブ運用について紹介してきました。パッシブ運用とアクティブ運用にはそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらが優れているかということは一概には言えません。あくまで自分にあった運用手法を選ぶということが大切です。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

近年はためたポイントで投資信託を始められるサービスなどが登場し、投資信託がかなり一般的なものとなってきました。投資信託には二つの運用方法があります。それは”パッシブ運用”と”アクティブ運用”です。