HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

手軽に始められる一台:Caterham Seven 160

”Caterham Seven 160”は、イギリスの少数生産メーカーである”Caterham”が販売しているSevenシリーズのエントリーモデルです。最も手軽に楽しめる一台となっており、上位モデルを購入する前のお試しにぴったりのマシンです。

Caterham Seven 160

PassioneMotoriさん(@passionemotori)がシェアした投稿 -

Caterham Seven 160とは?

Evo Middle Eastさん(@evomiddleeast)がシェアした投稿 -

"Caterham Seven 160(ケータハム・セブン・160)はイギリスの自動車メーカーである”Caterham”が販売している2シーターのライトウエイトスポーツカーです。一般的なスポーツカーとは異なり、オープンエアーでフォーミュラーカーのような印象を持つ軽量ボディを持つマシンを開発している”Caterham”のラインナップの中でも、最も手軽に始められる一台が”Caterham Seven 160”です。長年変わらないボディデザインに軽量スポーツカーとしてのケータハムの真髄に触れられる一台となっており、価格も約400万円からと抑えられた設定となっています。

これぞケータハムといえるオープンエアーのデザイン

antonyingramさん(@antonyingram)がシェアした投稿 -

"Caterham Seven 160"は、これぞ”ケータハム”といえる伝統的なデザインが施されています。オープンエアーの2シーターというケータハムのボディは、1960年台の創業期から変わらないデザインとなっており、ケータハムのマシンのアイデンティティーのひとつとなっています。レトロながらもスポーティーで印象的なスタイルに仕上がっています。

Auto Traderさん(@autotraderuk)がシェアした投稿 -

ケータハムの真髄に触れられるパフォーマンス

@tosomedayがシェアした投稿 -

"Caterham Seven 160"に搭載されているエンジンはスズキ製660cc直列3気筒ターボチャージャーエンジンです。わずか80ps/107Nmしか発揮しないこの軽自動車用エンジンは、乾燥重量わずか490kgのボディに搭載することで排気量からは相応もできないパフォーマンスを発揮します。加速性能は0−100km/hを6.9秒とスポーツカーと遜色ないパフォーマンスです。エンジン排気量ともに日本の軽自動車規格を満たすよう設計されていながらも、ケータハムの初期セブンのパイオニア精神を楽しめる一台となっています。

まずはこのマシンから:Caterham Seven 160

Geared_Wheelsさん(@geared_wheels)がシェアした投稿 -

イギリスの少数生産自動車メーカーである”Caterham”から販売されているライトウエイトスポーツである”Caterham Seven 160”について紹介してきました。”Caterham Seven 160”は、一般的な車とは異なるジャンルの一台であり、実際に購入するには一考を要することでしょう。そのような場合にぴったりなモデルが”Caterham Seven 160”であり、ケータハムの真髄をまず感じられる一台となっています。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

”Caterham Seven 160”は、イギリスの少数生産メーカーである”Caterham”が販売しているSevenシリーズのエントリーモデルです。最も手軽に楽しめる一台となっており、上位モデルを購入する前のお試しにぴったりのマシンです。